ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

北海道1200前日です

こんにちは、田村です。

まさか自分が痛風とは……と、
いまだに信じられないのですが、
激しい痛みはないので
日常生活に支障はございません。

問題は……明日からの
北海道1200kmブルベなのです。
昨日あたりから現地入りしている仲間も多く、
参加者は総勢150名ほどなのですが、
ツイッターなどを見ると、まるで
民族大移動が起きているかのようです。
自分は、明日の午後に現地入り予定。
スタートは21時、なんと夜なのです。

しかし、台風が近づきつつあります。
現在は沖縄で猛威を振るっている台風、
彼の地には知り合いもいますので、
心配です……。

さて、距離が長いサイクリングほど、
装備のよしあしがモノを言います。
ましてや、悪天候が予想される1200kmもの
ブルベでは、これまでの経験と記憶を総動員して
万全を期したいものです。

というわけで、本日は準備に追われ、
瞬く間に時間が過ぎていきました。

それでは、自らの忘れ物チェックを兼ねて、
北海道1200装備を紹介いたします。
d0211129_18223497.jpg
初日、身につけるモノです。
・ヘルメット(尾灯装着済み)
・アイウェア(調光タイプ)
・反射アンクルベルト
・指切りグローブ
・ソックス
・反射ベスト
・心拍計
・ヘルメット用ライト(夜だけ付ける)
・レッグカバー
・パンツ(ショート)
・ジャージ(夏用で長袖)
d0211129_18255296.jpg
「ドロップバッグ」です。
ドロップバッグとは、事前に預けた荷物を、
行程途中のPCで受け取れるサービスです。
これは非常にありがたいので、活用させていただきます。
往路と復路で、二回利用できる予定です。
中身は着替えを中心とした補給物資。
・半袖ジャージ、パンツ、ソックス各2
・USBモバイル電源
 (コンセントが使えない時に備えて)
・充電器(携帯、カメラ、スマホ用)
・予備のカメラ
・コンビニ袋
・予備チューブ、予備タイヤ
・エネループ単三×4および充電器
・タオル、はみがき、ひげそり
・予備ライト
といったところ。他に入れるべきものある?
d0211129_18301979.jpg
サドルバッグの中身です。
当然、行動中に必要と思われるものを
詰め込んでおります。
容量は5〜6リットルのバッグですが、
けっこう入るものです。
・輪行袋一式(置いてく勇気はありません)
・レインパンツ
・レインシューズカバー
・長袖ジャージ(秋冬用。夜は寒そうだから)
・防水スタッフバッグ(上記を入れる)
・レイングローブ(すぐ浸水するけど)
・エマージェンシーシート(使いたくない!)
・ポンプ
・タイヤレバー
・チェーンオイル
・アンダーグローブ
・予備パーツ類
 (ビス、クリート、シュー、ストラップ、ミッシングリンク)
・パッチ類
(イージーパッチ、タイヤブート、ガムテープ少々など)
・予備チューブ×2
d0211129_18341222.jpg
こちらはフロントバッグ。
これの使い勝手が魅力なので、
スポルティーフの出番となるわけです。
自転車にまたがったまま取り出せますので、
比較的、使用頻度が高そうなものを入れます。
・キューシート
・カードケース(お財布の代用)
・レインジャケット
・取材用アンケートシート(汗)
・後半のキューシートや参加ガイド、
 デジカメの予備バッテリーやメモリカード
・てぬぐい、ティッシュ
・アームカバー
・サコッシュ
・薬、サプリ系
 (アミノバイタル、サロメチール、痛風の痛み止め……)
・スパナ(8mmと10mm)
・携帯工具
・チェーン切り
・カギ
・メンソレータム、クリーム
・日焼け止め
・ブラック×ブラックガム(先のブルベの残り)
・予備電池(単三×5。GPSとヘルメットライト用)
・お守り各種
以上でございます。
600kmくらいのブルベになると、
このくらい荷物を持って走る方が多いと
思うのですが、どうなのでしょうね?
もっと少ない快走派の人や、
予備タイヤやシュラフ的な物まで
持つ人もいると思います。
いろんな方の装備を拝見させていただいたおかげで、
自分の装備は比較的スタンダードに
近いと思われるのですが、どうでしょうか?
もっと減らしたいところですが、
雨や夜間の冷え込みを考えると、
削るのは怖いですよね。
d0211129_18414324.jpg
フロントバッグの容量は、
半分ほどしか使ってません。
現地で調達した、補給食を入れるためです。
また、脱いだレインジャケットなどを
グシャッと取り急ぎ突っ込むためにも、
バッグには余裕を残しておきたいのです。
d0211129_1843385.jpg
出撃準備、完了です。
まさに勇壮な装いと言えましょう!
気になる全備重量は……の前に、
バッグなしで計ってみます。
d0211129_18442465.jpg
10.8kgです。
GPSや二灯目のライトを付けた状態とはいえ、
かなり重いですね。
新造時の公称重量は9.6kgだったのですが、
ハブダイナモ化やもろもろで、だいぶ肥えました(汗)。
d0211129_18453194.jpg
全備重量は……
14.9kgになりました。
重いと言えば重いし、まあほどほどに
収まったとも言えましょう……どっちなんだ(笑)。
もはや俊敏な加速や登坂は望めませんが、
どのみちロングライドでアグレッシブな走りは
自分にできるわけありませんので、
このフル装備スポルティーフと一緒に、
淡々と北海道の雄大な道のりを
楽しんでこようと思います。
コースは札幌〜根室の「往復」ですからね。
退屈しのぎのアニソン熱唱用に、
歌詞カードでも用意していこうかな(笑)。

しかし、痛風だから、イクラとかカニは
食べないほうがいいんでしょうね(泣)。
by cyclotourist | 2014-07-08 19:01 | おしらせ | Comments(9)
Commented by NOM at 2014-07-08 20:30 x
田村さん。もしかして書いてあるかもですがしいて加えるなら・・・「シャワーCAP」「雨用オイル」「キッチンペーパー数枚」「シャモワクリーム」あたりでしょうか。台風に気を付けて頑張って下さい!!
Commented by 輪太郎 at 2014-07-08 20:55 x
これだけ長距離になると、さすがに装備で重量がかなりオーバーしてきますね。でも、仕方がないですね。オイラもこれを参考に、極度にウェイトを気にせず、サイクリングを楽しみたいと思います。田村さん、頑張ってください。でも、無理をしないでくださいね。
Commented by 奇特男子 at 2014-07-08 21:13 x
今回はルックに変更するのでは…と予想していたのですが、やはりスポルティーフなんですね♪
アンケート用紙…!!最近、生きがいを感じられないので(汗)、次号RNもぜひお手伝いさせてください!
Commented by はじ~ at 2014-07-08 21:35 x
装備ではないですが、アイウェアには水滴止めのようなものを塗っています。視力が悪いので、雨の日もアイウェアが必須で、そういった物を塗っておくと驚くくらい水滴が無くなって雨の日も視界が快適です。
バイク用品店で売っているヘルメットシールド用はポリカーボネードに使えるのでサングラスも大丈夫と思って使っています。
Commented by 北山広 at 2014-07-09 00:41 x
あれだけ沢山の装備をコンパクトにまとめられましたね、さすがです。
昨年秋の東北1000キロの時もそうでしたが、
今回の1200キロもお天気が非常に心配ですね。
無理せず、無事に完走なさることを祈っております。
Commented by cyclotourist at 2014-07-09 10:34
NOM様
コメント&アドバイス、ありがとうございます。
キッチンペーパーはあると便利かも知れませんね。
クリームはたっぷり持っていきます。必須ですね。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
そうですね、無理せずのんびり
楽しんでこようと思います。

奇特男子様
コメントありがとうございます。
ルックに荷物をたくさん積んだら、
なんか意味のない自転車になっちゃうので、
こんな時はやっぱりツーリング車です。
生き甲斐は自分で見つけてくださいね(笑)。

はじ~様
コメントありがとうございます。
そんな便利なケミカルがあるんですね。
こんど探してみます。

北山広様
コメントありがとうございます。
天候も心配ですし、自分自身も心配です(笑)。
絶景の美幌峠が、往復とも夜間通過に
なりそうなのが悲しいですが、アニソンでも歌いながら
安全第一で楽しんできます。
Commented by ナイナイチー at 2014-07-12 00:03 x
なにやら悪天候で競技中止の様子?安全な撤退を祈ります。というか北海道は天気崩れると夏でもかなりタフなのでお気をつけて。
Commented by cyclotourist at 2014-07-12 14:58
ナイナイチー様
コメントありがとうございます。
無事に撤退完了しております。
あと、ブルベは「競技」ではありません(汗)。
念のため。
Commented by ナイナイチー at 2014-07-13 12:18 x
そうなんですよね。競技ではないんですよね。ともあれ皆さんご無事でなによりでした。
<< 幻の1200km 軽さの意味は? >>