ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

【フィギュア作り】丹生谷さん

こんにちは、田村です。
d0211129_0351487.jpg
楽しかった聖地巡礼。
アニメ『中二病でも恋がしたい!』は、
リアルと中二病的妄想の混沌がテーマですが、
サイクリングやいろんな趣味も、現実を忘れて
のめり込む……という側面がありますよね。

「つまらないリアル」が始まった月曜日も、
舞台訪問サイクリングの余韻に浸っていると……
d0211129_0401118.jpg
なかば無意識のうちに(?)
「中二病」のフィギュアを作り出してました(汗)。
丹生谷森夏(にぶたにしんか)さんです。
ラブコメ系アニメに一人はいる美人キャラなのですが、
作中の立ち回りが面白くて、
いっぺんにファンになってしまいました。
で、作ります。

ここのところ作ってきたフィギュアは、
すべて「艦これ」です。そこにはどこかしら、
「これは艦船模型なのだ」という、誰にも分らない
言い訳と、照れ隠しがあったりしました。

しかし、丹生谷さんは正真正銘の女子高校生です。
作中でも大半は制服です。
ある意味、最近のフィギュアのメインストリームなのですが、
ちょっと前の自分では照れくさくて作れなかったでしょう。
そんな心の壁を、先のサイクリングで壊しましたので、
月曜日から勢いにのって作り出しました。
娘に遅れること一週間。負けませんよ!
ということで、アルミの針金で芯を作り出します。
これからフィギュアを作ろうという勇者のために、
ここ三日間の進捗を時系列で紹介いたします。
そんな勇者がいるかどうかとか、
自分の技量は、おいといて……。
d0211129_0495183.jpg
作りたいサイズで
プリントしたイラストに合わせ、
針金を曲げていきます。
現地で買ったイラスト本や設定資料集があるので、
モチーフはそこから選びました。
娘からは「モリサマーにしなよ」と言われましたが……。
(モリサマーは丹生谷さんの別形態。衣装が難しい……)
d0211129_0515526.jpg
アニメのキャラは、資料が豊富ですね。
前後左右のイラストも参考にしつつ、
アルミ線を曲げていきます。
肩を後ろに引いて、胸郭〜お腹が出てるのがポイント?
d0211129_0544561.jpg
で、再現したいイラストに合わせて
ポーズをつけます。
少ない経験ながら、この段階でのよしあしが
後々まで影響します。ここで試行錯誤するのは簡単ですが、
後の行程で直すのは、何十倍も時間がかかるのです……。
d0211129_0563123.jpg
と言いつつ、早くカタチにしたい
気持ちを抑えきれず、エポキシパテを練り出します。
d0211129_0575219.jpg
とりあえず、このくらいまで
パテを盛ります。
もちろん、一発の盛りで、もっとイラストに
近づけることができれば言うことはないのですが、
自分にそんな技術はなく、何回かにわけて盛ります。
いったん硬化を待ったほうが、カタチが
くずれないのです。
d0211129_102337.jpg
徐々に盛りたして、
イラストに近づけていく……つもり。
まあ初心者が趣味でやってることですから、
プロのモデラーさんが見たら噴飯ものでしょうが……。
もっとも、自分の場合、本職たる編集のほうも
ショボイのが残念なのですが(泣)。
d0211129_124073.jpg
体の硬化を待つ間に、
顔を作り出します。
パテを丸めたブツに、まずは額のボリュームを加え、
次に鼻から口〜アゴに至る凸部にパテを盛ります。
d0211129_133476.jpg
パテが固まったら、
ひたすらイラストとにらめっこ。
輪郭を削ったり、眼のあたりを凹ましたり。
少なすぎる経験からいうと、はっきり言って、
自分でカタチを考えたらダメです。
イラスト(プロが描いた素晴らしいものですから)を
見て見て見て、そのラインや暗示している立体感を
理解するのが大切です……と思います。
手元だけ見てると、なかば想像と手癖で
カタチを作ってしまい、結果的にショボクなるのです。
むろん、こう書いたところで、
自分が作るカタチはショボイのですが(泣)。
d0211129_19341.jpg
こうした作り方やウンチクは、
ほとんど『フィギュアの教科書』(新紀元社)の
受け売りです(汗)。ほんとうに、すばらしいバイブルです。
五体目のフィギュアになっても手放せません。
d0211129_1111347.jpg
顔は、あんまり集中して作ると、
似てるか似てないかが自分では
分らなくなってきます。髪がないですし。
d0211129_1122727.jpg
で、髪を作るために、頭の
後ろ半分をパージします。
切断面を整形して、ダボを付けて……。
d0211129_113505.jpg
あらためて、パテを盛って
後頭部とします。
リップクリームを塗っておき、外せるように。
d0211129_1144130.jpg
体のほうも、パテが
硬化したら、随時、盛り足します。
一体のフィギュアでも、作業は常に並行的です。
自分には本職もありますし(汗)。その合間にね。
d0211129_116518.jpg
硬化待ちの部分は、
パソコンのうえに置くと、硬化が早まります。
自分のノートPCは、やたら熱くなるんですよね……。
d0211129_1175444.jpg
前髪の基部を盛ります。
こうした作り方は、すべて
前掲のバイブルをなぞってます。
d0211129_1195573.jpg
で、その基部が固まる間に
スカートなどを作り出します。
当初、薄く伸ばしたパテを曲げつつ巻いて
一発でヒダを再現しようと思いましたが、
うまくいかず断念。どかっと厚いパテを巻き、
削るコトにします。
こんなことをしてるうちに、1日2日は経つもんです。
d0211129_1215853.jpg
前髪を作ります。
房ごとに丸めたパテを置いていきます。
しかし、どの房がどの房に合流して……とか、
再現が難しいです。また、どこまでを「盛る」か、
どこから「削る」かが悩ましく……。
せっかく手捻りしやすいエポパテを使ってるのに、
試行錯誤の連続です。
思わず「キーッ!」となることもあるのですが、
そんな時は仕事したり(逆だろ……)。
d0211129_127115.jpg
顔から離れてスカートに手を出します。
鉛筆で凹凸の目安を書きます。
d0211129_1274046.jpg
ざくざく切ります。
しかし、今回はプリーツスカートでは
ないようで、滑らかな逆Rでつながってるようです。
ナイフでの再現は難しい……。
d0211129_1293318.jpg
鋭角的な凹部に
パテをすり込んで、逆Rにならします。
もちろん、あとでヤスリをかけます。
d0211129_131548.jpg
ロングヘアを作るため、
後頭部にアルミ線を差し込みます。
丹生谷さんのロングヘア+横ポニーテール(?)を
見た時に、「作りたい!」と思ってしまいました。
最近、アニメやゲームで女の子キャラを見るたびに、
「ああ、この髪型はどう作ろうか?」と
考えてしまう自分がいます(照)。
d0211129_1352878.jpg
どんどん盛ります。
パテを使う工程は楽しいのです。
で、後の修正が大変なのです(汗)。
d0211129_1355975.jpg
後ろ髪の硬化を待つ間に、
大胆に胴体をカット。
こうして、スカートが上に抜けるようにしつつ、
ジャケットも作りやすいように分割します。
d0211129_137213.jpg
とりあえず、スカートに
かぶさるジャケットのすそを
盛りつけました。
元の胴体のウェストを思いっきり細くしておいたのですが、
それでも太めに見えがちですね……。
でも、「中二」のキャラは、よくもわるくも
あんまりスマートじゃないですね。そこが魅力?
d0211129_1385475.jpg
後ろ髪のベースが固まったら、
あるていどヤスリがけをします。
そして、待望の(?)横ポニーテールの
芯を差し込みます。
d0211129_1395283.jpg
d0211129_1412865.jpg
d0211129_1414439.jpg
現状でございます。
三日間の成果です。
まだヒジョーに微妙な段階ですが、
なんとなく丹生谷さん的になってきた……と
思い込みつつ、今後の改善に賭けます。
寸法的にはイラストに近いのですが、
もっと足を伸ばしたほうが、
フィギュア的には見栄えしそうですね。

ここまでは早いのですが、細部や仕上げの作業に
果てしなく時間がかかるんですよね。
ま、艦娘みたく、装甲板とかの
ディティールが少ないのが救いです。

もしうまく完成したら、複製&塗装して
TさんとミウラSVさんに進呈しますね!

ある意味、もっとも貰いたくない
お土産みたい(笑)。
by cyclotourist | 2014-06-26 01:57 | ひまつぶし | Comments(4)
Commented by ミウラSV at 2014-06-26 22:36 x
昼休みに須磨穂でちらっと見て、帰宅してからよく見たら・・・
>TさんとミウラSVさんに進呈しますね!
ありがとうございます。
もう十分に出来栄えは判っておりますので、そんなことなくありがたく思います。
自分もプラモデルは数多く作りましたが、やはりスクラッチビルドは自分にはセンスないです。
年のせいか集中力も減退してます。(汗
Commented by cyclotourist at 2014-06-27 22:30
ミウラSV様
コメントありがとうございます。
自分もセンスはありませんが、
時間はあるので(汗)、ぼちぼち
作っていこうと思っております。
Commented by mako10 at 2014-07-01 19:23 x
おお!今度はモリサマちゃんを作られているんですね!
完成が楽しみですぅ。

で、なんという奇遇といいますか、来年になれば私のもとにも1/1のモリサマちゃんがやってくる予定(あくまでも予定w)であります(^_^)v
Commented by cyclotourist at 2014-07-03 06:09
mako10様
それはスゴい!!!
お会いできる日を楽しみにしてます。
<< 重版になりました! 舞鶴ポタリング >>