ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

舞鶴ポタリング

こんにちは、田村です。

昨日今日の東京は、晴れたと思っても
どかっと雨が降ったりして、落ち着かない天気です。
あわててルックで走り出したりしないで
よかったです……。

さて、先の土曜日は京都駅前に宿泊しました。
そして翌朝……
d0211129_17214677.jpg
朝から思いっきり雨。
それでも予定決行。本日もTさんとご一緒させていただき、
輪行スタートです。
d0211129_17223754.jpg
またまた古めの国鉄型車両で向かった先は、
京都北部の港町、舞鶴です。
舞鶴といえば、明治時代からの軍港としても
有名ですね。アニメ趣味以上に軍艦大好きな自分としては、
せっかく京都に来たなら、ぜひとも足を伸ばしたいところです。
しかし、京都から舞鶴へは、所要3時間。
ちょうどよい時刻の特急がなく、普通列車を利用したのですが、
なかなかの長旅です。

東舞鶴駅に着いたのは9時半すぎ。
ちなみに、この駅は三度目の訪問です。
街外れにあって、近代的だけど情緒はない
駅だなあという印象だったのですが……。
d0211129_17334748.jpg
やはりというか、まさかというか、
艦娘たちがお出迎え。
「艦これ」の陽炎と天津風ですね。
d0211129_173625.jpg
響と島風も。
舞鶴は、旧海軍で駆逐艦の聖地だった鎮守府なのです。
この艦娘パネルは、ほんの二週間前に、
地元の観光協会によって設置されたそうです。
なにはともあれ、
輪行袋をほどく前に、旅人のテンションは急上昇。
d0211129_17382716.jpg
小雨ですが、自転車を組み立てて
走り出します。Tさんも自分もレインウェアを
フル装備ですし、ガードもあるツーリング車ですので、
少々の雨はへっちゃらです。
d0211129_17403631.jpg
廃線跡のサイクリングロードです。
レンガ作りの北吸トンネルが素敵。
以前、『シクロツーリスト』でも紹介したことが
ありました。
d0211129_17415768.jpg
東舞鶴の街は、碁盤目に道がとおり、
京都みたい……って、舞鶴も京都です。
各通りには戦艦の名前がついてます。
日露戦争時の戦艦です。勝った時の艦船は
しあわせですね。
d0211129_17453451.jpg
お目当ての自衛隊桟橋です。
舞鶴はいまも艦船の一大根拠地で、
日本海全域を担当しているそうです。
そして、週末は桟橋の見学が可能……なのですが、
この日は「業務上の理由により」、見学は
中止になっちゃってました(泣)。
いたしかたありません。それでも、間近に見る
護衛艦は大迫力です。写真は最新鋭の「ふゆづき」。
d0211129_17485814.jpg
気を取り直して、すぐ近くの
海軍記念館へ。こちらは見学OKでした。
展示内容は、舞鶴鎮守府の長官だった
東郷元帥に関したものが多かったですね。
舞鶴ゆかりの艦船を再現した模型もたくさん。
ただ、残念ながら展示物は撮影禁止でした。
d0211129_1751611.jpg
配布されていたPR誌。
クールジャパンで国防もばっちり?
護衛艦に女の子が描かれる日も近いかも……。
記念館を見ている間に、雨が上がりました。
d0211129_17524060.jpg
赤レンガ倉庫へ。
食事処やお土産屋さん、
資料室などいろいろ活用されてます。
d0211129_17532662.jpg
ご当地グルメは、肉じゃがです。
こちらはコロッケ。
d0211129_17542015.jpg
早めのお昼ご飯は、
肉じゃが丼をセレクト。
牛丼より食べやすい素朴な味わいでした。
定番のカレーやこうした肉じゃがなど、
海軍は食文化も作り出してるんですね。
陸軍や空軍と違うところではないでしょうか。
d0211129_175952.jpg
舞鶴のゆるキャラ、「チョキまる」。
けっこうかわいい。
d0211129_180158.jpg
赤レンガ前から発着する
舞鶴湾クルーズを体験します。30分1000円です。
ぜんぜん自転車に乗ってないじゃん! という
突っ込みはなしで(笑)。
d0211129_1825235.jpg
自衛隊桟橋の対岸で
入渠中のイージス艦「あたご」です。
遊覧船には元自衛官のガイドさんが乗ってらっしゃり、
見えるものを詳しく説明してくれます。
舞鶴湾を小さく一周しつつ、いよいよ自衛隊桟橋に
向かいます。
d0211129_185409.jpg
ミサイル艇です。
北朝鮮の高速不審船に対抗するために
建造されたタイプですね。
d0211129_18762.jpg
今年に入って就役したばかりの
最新鋭艦「ふゆづき」です。
ミニイージスと言われている防空艦。
d0211129_1881415.jpg
艦橋上部のレーダーが
はちまきみたいですね。
d0211129_1884613.jpg
舞鶴鎮守府……じゃなくて舞鶴地方隊の
主力ともいえるイージス艦「みょうこう」です。
弾道ミサイルを撃ち落とす能力を備えており、
某国の脅威に備えている……と、ガイドさんが説明。
d0211129_18105322.jpg
補給艦「ましゅう」です。
さすがに大きく、レンズにうまく収まりません。
「ましゅう」はインド洋になんども出向いてる働き者。
それでも塗装がキレイですね。
横須賀などにいる米海軍の艦船と比べても、
自衛艦はいつもキレイな気がします。
d0211129_18141377.jpg
この小さなクルーズ船の
定員は80名ですが、ほとんど満席でした。
人気コンテンツなんですね。
ちなみに、「艦これ」ファンとお見受けしたのは、
一人だけでした(携帯ストラップ付けてた)。

さて、ここからはサイクリング開始。
半島の裏側に向かいます。
d0211129_182434.jpg
自衛隊エリアを少し離れると、
のどかな漁村風景が広がります。
水路と一体化したような風情ある路地裏を
たどってみます。
d0211129_18265838.png
こんな感じで、小さな半島を
くるっと一周。
d0211129_18272526.jpg
路側帯には、サイクリングをうながすような
青いラインが引かれています。
数年前に訪れた時はなかったですから、
新しい取り組みなんでしょうね。
丹後半島まで走れば、距離的にも充実した
コースが組めますから、このあたりが
もっとサイクリストに注目される
ようになるといいですね。
d0211129_1834022.jpg
人里から少し離れた半島の突端には、
航空隊の基地があります。
護衛艦に積むヘリコプターの根拠地です。
14時から15時の間だけ見学が可能という
隠れた人気スポットです。クルーズの
ガイドさんに教えていただきました。
d0211129_183536.jpg
自転車を基地内に駐輪。
なんかカッコイイ。
盗難の心配も皆無で安心です。
d0211129_18354718.jpg
かまぼこ型のハンガーのなかには……
d0211129_18421539.jpg
最新の哨戒ヘリコプター、
SH-60Kが待機中。
こうした艦載ヘリコプターは、
母艦が停泊中は陸上基地に移動し、
整備や訓練をしているのですね。
d0211129_18572333.jpg
近くで見ると、思いのほか
無骨な造りです。
d0211129_1846148.jpg
d0211129_18462191.jpg
従来のSH-60Jに比べて
パワーは上がったものの、
ローターヒンジの強度は同じなので
運動性能は低下した……なんて赤裸々な
解説をしてくれました。
兵装の交換といった利便性や
通信能力は大きく向上したとのことです。
でもインターネットはできないそうです(笑)。
自衛官さんて強面のイメージもありますが、
実際にお話しすると、紳士かつ親近感のある方が
多いですね。

東舞鶴に戻って、
今度は特急を捕まえて京都に戻ります。
けっきょく、この日は30kmくらいしか走ってません(汗)。
d0211129_18512642.jpg
またもや国鉄型。
JR西日本は物持ちがいいですね。

こんな感じで、関西遠征の二日目は
自衛隊がテーマなのでした。

初日のテーマはアニメでした。

アニメと自衛隊の共通点は……
人によって、好悪がはっきりわかれるところでしょうか。
自分はどちらも大好きですが、
そうでない方も多いでしょうからね。
でも、たまにはこんなサイクリングもいいなあと
再確認した次第です。
距離を求めるでもなく、峠を越えるわけでもない。
それでもサイクリングは楽しめるし、
いろんな趣味と組み合わせることで
楽しさの相乗効果が生まれるのです。

二日間に渡ってご案内していただいた
Tさんには本当に感謝です。
あらためてお礼申し上げます。

ぜひ、今度は関東にもお越し下さい。
アニメも自衛隊もご案内いたしますよ!

なにはともあれ、梅雨だろうが
蒸し暑かろうが、自転車はやっぱり
最高なのデス!
by cyclotourist | 2014-06-24 19:06 | おしらせ | Comments(5)
Commented by ミウラSV at 2014-06-24 20:42 x
あぁ、こちらも魅力的なサイクリングですね~。
ただ走るだけではなく、こういう見学があるのも楽しみ方の一つとして成り立つものなのだなと思います。
その時々の気持ちの在り方として、テーマや走り方を選択して、楽しめればいいですね。
Commented by ZENON at 2014-06-25 00:00 x
同じ京都でも今度は舞鶴ですか、良いですね~。
ちなみに一昨年の暮に、自分の会社の人間が仕事で舞鶴の自衛隊に行った所、カレンダーが送られて来たので、その部署の人間を拝み倒して、貰って帰りました。

ちなみに包装紙も凝ってます。
ttp://zenon2007.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_d15/zenon2007/E6B5B7E887AA04-cfd93.jpg?c=a3
Commented by はじ~ at 2014-06-25 07:26 x
このジャンルも良いですね!
朝霞の陸上自衛隊広報センターへいつ行こうか企んでます(^^)
Commented by まりきち at 2014-06-25 12:55 x
もうひとつの聖地ってそういう事だったのですね。
またもや濃い記事で楽しかったです。
ぼくも舞鶴には常々いきたい…というか、行かなければならない所ではあります。
私、まりきち提督は舞鶴鎮守府所属ですからね。
Commented by cyclotourist at 2014-06-26 00:24
ミウラSV様
コメントありがとうございます。
自転車を降りる時間が長いサイクリングは、
あんまり好まない時も多いのですが、
ネタがタイプの時は楽しいものですね。

ZENON様
コメントありがとうございます。
こちら系もお好きなのですね。よかったです。

はじ~様
コメントありがとうございます。
朝霞の広報センターは家から比較的近いので
なんどか行きました。戦車いっぱいですよ!

まりきち様
コメントありがとうございます。
自分は佐世保鎮守府です。
遠い〜。
<< 【フィギュア作り】丹生谷さん 夢の「中二病」的サイクリング >>