ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

夢の一台

こんにちは、田村です。

おかげさまで、拙著『自転車で一日500km走る技術』が
店頭に並びはじめました。
見かけましたら、ぜひお手に取ってみてくださいませ。

本書でもさんざん強調しているのですが、
サイクリングは自転車ありき、の趣味であり、
スポーツだと思います。
自転車の性能と機能が、乗り手の可能性を
広げてくれるわけです。特に、自分のように
体力も根性も乏しいオタク中年ですと、
頼りになるのは自転車と装備だけです。

そんなわけで、分不相応にたくさんの自転車を
所有してきました。用途ごとに適した車種がほしいですし、
オーダー車だと、希望どおりの自転車が
カタチになるので、要求性能に加えて、
物欲も満たされます。

しかし、我が家の自転車連合艦隊にも
欠けているモノがあります。まあ、いろいろ欠けてるのですが、
興味がありつつも手に入れることができなったのが、
ふたつ。それは……。

近代的なカーボンロードと、
デュラエースorレコードといった
最上級のコンポーネントです。

雑誌の仕事などしていると、そんな仕様の
自転車に乗る機会にも恵まれたものですが、
一時的に借りるだけでは真価が分かりませんし、
「試乗車」だと思い入れみたいなのが
生まれませんから、どうもシンクロ率が
上がらないんですよね。

さりとて、「欲しい」から何でも買えるほど
懐に余裕がないのは言うまでもないですし、
バリバリの最上級フレームやコンポを
自分風情が手に入れるのは、
なんだかおこがましくも感じてました。
オーダーフレームやミドルクラスのコンポのほうが
コストパフォーマンスは格段に
高いですしね。
また、走行性能面でも、
スチールのマキノ号と電動アルテグラで
十分すぎるほど満足しておりました。
もちろん、ツーリングならツーリング車がいいですしね。

そんなわけで、近代的なカーボンロードや
デュラ&レコードには無縁な人生を
送ってきました。

しかし、ひょんなことから、
高嶺の花的なカーボンフレームを
格安で譲っていただくことになったのです。
サイズも自分にぴったり。
もちろん、フレームだけでは走れませんので、
ふさわしいコンポやホイールを買わねばなりません。

そんなわけで……
d0211129_14565964.jpg
ルック595+9000系デュラが
我がフリートに加わりました!

「ええ!? お前がルック?」という声が
聞こえてきそうですね(汗)。

自分でも、恥ずかし恥ずかし恥ずかし恥ずかしと
転び回りたいくらいなのですが、
やはり一度は最上級というものを体験したいですから、
思い切ってフンパツしました。
前述のとおり、フレームは棚ぼたでしたが、
9000系デュラ+C24ホイールに30万前後を
費やしました。
最近はパテとか瞬間接着剤しか買ってませんでしたから(照)、
それに比べると、自転車趣味はお金がかかるなあと実感。
d0211129_1552567.jpg
しかし、いいものはイイ!
見た目が一部で不評の4アームクランクの
9000系デュラですが、
変速性能は素晴らしいの一言。
絶品です。自分が使ってきた電動アルテ(6700系)より
変速はスムーズで快適です。
スポルティーフで使ってるカンパのアテナも11速ですが、
はっきり言って雲泥の差。
人生初のデュラは、やっぱりすごかったです。
ちなみに、チェーンリングは52×36T。
ちょっと見栄はりましたが、
スプロケットも28Tと大きいです(笑)。
あの三船さん曰く、前後とも大きいギヤを組合わせたほうが
抵抗が少ないとか。その言葉をちゃっかり覚えていて
実践したのです。
その見た目から、食わず嫌いの人も多いらしい
9000系デュラですが、やっぱりいいものはいいです。
もちろん、ツーリング車に似合うとは思いませんが……。
d0211129_15102543.jpg
2、3年前まで、ルックの旗艦を
ながく務めた595。ほぼ新車状態です。
ラグでつないだカーボンフレーム。
エアロっぽい異形フレーム全盛の現代では、
トラディショナルといえるカタチではないでしょうか。
d0211129_15131141.jpg
それでいて、上下異径のフォークコラムや
エラストマー内蔵のEシートポストなど、いま見ても
先進的な仕様もいっぱい。
d0211129_15145958.jpg
黒×シルバーのメカも、
このフレームカラーなら似合う……と思います。
d0211129_1515316.jpg
組んでいただいたのは、
本誌や本ブログではおなじみのスペシャリスト、
ベロクラフトの大槻さんです。ありがとうございました。
d0211129_15161956.jpg
完成車状態の重量は、
あっさりと7kgちょうど。
加速や登坂はもちろん、輪行も
楽になることは間違いありません。
10kg超のツーリング車に慣れた自分にとっては、
思わず笑みがこぼれる軽さです。

で、さきほどベロクラフトさんから帰宅。
お店から自宅まで16kmほど走っただけですが、
やっぱり加速がきびきびしてますね。
そして、思ったより乗り心地もマイルドで好印象です。
バリバリのカーボンロードのなかには、
自分が乗った範囲だけでも、妙にカンカン乗り味が硬かったり、
突き上げが鋭い感じのモデルも多かったですが、
この595は快適性も高いですね。
その一方で、スチールのマキノ号と格段に違う、
というほどの性能差は感じなかったり……。
峠や長距離を早く走ってみたいです。

しかし、自分はこの自転車で何をするのでしょう?(笑)

レースに出るわけではないですし、やっぱりブルベ?
「大阪〜東京」のリベンジもしたいですね。
でも雨の日は乗りたくないし、コレに荷物を積んだら
台無しでしょうし……。

間違いなく「豚に真珠」的な一台ではありますが、
新しい経験をもたらしてくれるものと
期待しております。

家族のみんなには内緒ですよ(汗)。


【今日のひびき出版】
オタク趣味と健康的なサイクリングが
共存しております。ひきつづき、
「飛鷹」の改装を継続中です。
d0211129_15455135.jpg
ジャケットからのぞく、シャツ(?)の
袖を別パーツ化。
d0211129_15462050.jpg
立体感が増しますし、
これで塗り分けもバッチリですが、
もうちょっとシャープに仕上げねば。

明日は、関西方面へ輪行の予定です。
お天気が心配だなあ……。
by cyclotourist | 2014-06-20 15:50 | 製作中 | Comments(11)
Commented by 輪太郎 at 2014-06-20 18:42 x
すごいですね。でも、パーツにしてもフレームにしても、1度は最上級の経験は良いと思います。オイラも今の時代ではないけど、80年代に、当時最高とも言えたチタンフレーム、スーパーレコード、シュパーブプロなどを投入しました。今は、オイラのようなタイプはロードはティアグラの9段で十分とわかりました。高級品に憧れはありますが、使い勝手なら、ティアグラ9段で良いです。田村さんは、最高級レベルを堪能し、読者に還元してくださいね。待っていますよ。
Commented by スノーレオパード at 2014-06-20 21:15 x
最上級、いいヒビキですね。羨ましいかぎりです。
でも、キャリアのないロードじゃ、お土産買えないし…。

500km、先ほどAmazonの大きな箱で届きました。ビールを飲みななら読み始めてます。
Commented by 竜胆急行 at 2014-06-20 21:54 x
おぉっ!!夢のLOOKぢゃないですかっ!!
元々丸断面のラグドフレームは乗り心地がソフトなのが特徴だそうです。
そういえばGDRやCOLNAGOも同じ傾向ですね。
ということは、平地主体の長距離ブルベに向いてると思いますよ

既に24時間で500km走行をこなしている田村さんには
決して贅沢な買い物じゃないと思います
私も、値段こそ安いものの、Dedacciaiのハイエンド機にフルDURA(8000系ですが)を
山岳・長距離系を中心に投入してます。(スッピン重量7.3kg)
チャンスあれば、カーボン2台で山岳を走りに行きたいですね♪
Commented by 北山広 at 2014-06-20 22:27 x
最高級は一度は味わいたいですよね。
私も以前フルXTRのMTBをオーダーしましたが、
踏めば踏むだけ前に出る、私には勿体ないほどのマシンでした。
でも結局一番出番が多いのは、DeoreとかせいぜいXTの
クロモリのマシンだったりするんですよね(笑)
Commented by ミウラSV at 2014-06-21 07:11 x
LOOK595いいですね。ラグドフレームならカーボンパイプの精度も安定しているでしょうし、定評あるフレームですよね。
>最上級
やはり一度は味わってみたい。よーくわかります。自分も友人もこそこそ?いつの間にかパーツが変わっていたり。(笑
自分も7800系ですがデュラ使ってます。一味違います。
やはり自分で楽しんで使うものですから、自分で納得したものを使うのがいいんだと思います。レースに出るとか出ないとかは二の次でいいではないですか。
Commented by 不眠小僧 at 2014-06-21 11:19 x
これはまたよい物を買いましたね。一度でいいから最上級グレードを味わってみたいです。まあ私は自分自身を軽量化して、ブルベのタイムが早くなりました。(笑)
Commented by すどう at 2014-06-21 16:23 x
くれぐれも盗難には、気をつけてください。
Commented by はじ~ at 2014-06-21 20:53 x
最上級コンポは電動でなくても、気持ちよく変速が決まるのでは、と想像します。また耐久性も高そうなので、長距離を走るブルベに最適ではと思います。下りや雨の日に安定して止まりたいので、ブレーキだけは上のグレードに変えたい今日この頃です。
Commented by ZENON at 2014-06-21 20:53 x
これってシートポストをカットするんで他人に譲りづらい筈ですが、運が良かったですね。
カーボンは成形精度にバラつきが出やすくて、左右で何ミリも厚みが違うのも有るという話ですが、ラグ式ならパイプの段階で精度の確認が出来るんですが、今でも残っているのはコルナゴのトップグレード位ですね・・・。

>輪行も・・・
自分も軽量カーボン車が欲しい理由の一つにそれが有りますけど、どうしても運搬時の破損の不安が・・・。
でも、キャノンデールのEVOが欲しい昨今・・・(笑)
Commented by TABOO at 2014-06-22 10:37 x
ハイエンドロードバイク羨ましいですね。
私も最近チタンロードばかり乗っています。シャマルのホイールとのベストマッチで、軽くて適度にしなってくれて身体に優しいので、クロモリには戻れません。コンポはポリッシュにこだわりがあるのでアテナ止りです。レコードのポリッシュがあればいいなあと思っています。
Commented by cyclotourist at 2014-06-23 12:40
輪太郎様
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、得られた経験を
活かしていきたいと思います。

スノーレオパード様
コメント&ご購読、ありがとうございます。
ロードはお土産なし限定ですね。

竜胆急行様
コメントありがとうございます。
ブルベでもルックはよく見かけますよね。
いずれはブルベも走ってみたいと思います。

北山広様
コメントありがとうございます。
XTR、いいなあ。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
そうですね、自分が納得できることが
いちばん大切ですね。

不眠小僧様
コメントありがとうございます。
ご自身の軽量化、それが最良ですね!

すどう様
はい、気をつけます……。

はじ~様
コメントありがとうございます。
自分比的には、もう電動にはあこがれません。

ZENON様
コメントありがとうございます。
最新のはカーボンの肉厚がいっそう薄いみたいなので、
輪行は不安かも……ですね。

TABOO様
コメントありがとうございます。
銀色のコンポは全滅状態ですね。
<< 夢の「中二病」的サイクリング 【フィギュア作りとか】「飛鷹」... >>