ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

信州へ!

こんにちは、田村です。

ここ数日の暑さは、いったいどうしたことでしょうか。
梅雨を飛び越して、真夏になったみたいですね。

そんな暑い東京を抜け出すために……
というわけでもないのですが、思い立って
信州まで走ってきました。
池袋から上田まで、220kmちょっとです。

昨年、ブルベの練習的な走行会として、
池袋から長野県の小諸まで走ったりしたのですが、
そのルートを見直しつつ、膝の不調の回復具合を
計るのが目的です。
d0211129_11403569.jpg
スタートしたのは土曜日の午前6時。
自転車で3分、池袋西口の芸術劇場を通過。
すぐに新青梅街道に出て、一路西へ。
朝の空気は爽やか、そして日暮れまでには
上田に着くかなと思っていたのですが……。

たった10km走っただけで、引き返してしまいました(汗)。
なんだか気分が優れず、まったく気分が
乗らないのです。理由は……二日酔いですね。
走ってれば直ると思ったのですが、だめっぽいので
とっとと帰り、お昼まで二度寝しました。
d0211129_11473018.jpg
夕方、自宅の前で子供と遊んでいると、
なんとブルーインパルスが頭上を通過!
国立競技場の解体記念で飛ぶらしいとは知ってましたが、
まさか自宅の直上を飛ぶとは驚きです。
娘もすごい、すごいと感動気味。
一方、左がかってる妻は「危ないじゃない」と。
危なくないよ。

さて、失敗というか未遂に終わった信州詣でですが、
人生と違って、サイクリングのやり直しは簡単です。
私はなんどでも繰り返す、のです。
d0211129_11521057.jpg
翌日の日曜日、再び芸術劇場です(笑)。
懲りずに、同じ6時にスタート。
d0211129_11525274.jpg
今日は好調。40kmほども走ると、
名栗渓谷あたりの素敵な道に入ります。
日曜日だけあって、サイクリストが多いですね。
d0211129_11544139.jpg
山伏峠を越えて、秩父盆地へ。
快晴ですが、シンボルの武甲山はちょっと霞んでます。
あの削り取られた山肌には、無数の作業道がありそう。
MTBで走ったりしたいけど、ダメでしょうね。
d0211129_11551481.jpg
秩父到着は10時半過ぎ。
この2ショットも何度目でしょうか。
d0211129_11565652.jpg
秩父橋です。
「あの花」の舞台としての人気は定着したようで、
この日も同好の士(?)がちらほら。
快くシャッターを押してくれました。
d0211129_11595249.jpg
ちょっと足を伸ばして長瀞へ。
このあたりは母の故郷なので、
皆野の街とか長瀞の渓谷にはなんとなく
懐かしさを感じます。
d0211129_11595145.jpg
長瀞からは、国道を離れます。
信州へは、志賀坂峠を越えて西上州に入るのが定番ですが、
こんかいは県道71号づたいで、少し西の土坂峠を越えて
西上州に入る予定です。
d0211129_1212744.jpg
県道とはいえ道は抜群にきれいで、
のどかな里山を抜けていきます。

しかし、この日はやけに暑いのです。
お昼前には気温30℃を超え、真夏の陽気。
吉田の道の駅あたりを過ぎると、コンビニなどは
いっさいなくなります。
ちらほらと自販機はありますので、暑さにたまらず
立ち寄ったところ……

お金がない!
正確には、電子マネーと万札しかなったのです。
これはうかつ……。
2本のボトルには、秩父で炭酸飲料と水を入れていたのですが、
土坂峠のはるか手前で枯渇寸前。
特に水のほうは、頭からかけたりしていたので
あっという間になくなりました。
土坂峠(トンネル)の標高は700mほど。
登り区間は5、6km、標高差350mくらいなので、
そんなに険しいルートではないのですが、
なんだか体に力が入りません。ぼーっとした頭で
メーターを見ると、気温37℃。
d0211129_12115259.jpg
峠手前の集落でトイレ発見!
ボトルに水を入れて、頭にジャブジャブかけ、
日陰でひとやすみ。
空冷より水冷ですね。おかげさまでちょっと元気に。
このトイレには本当に助かりました。
あんまり意識しませんでしたが、
ちょっと熱中症気味だったのかもしれません。
d0211129_12145238.jpg
道が本格的な登りになると、
木陰も増えました。ほっとしますね。
d0211129_12152323.jpg
13時すぎに、ようやく土坂トンネルへ。
トンネルの手前で西秩父林道と交差しており、
矢久峠へ向かうこともできますが、
今日はこのままトンネルを下って十石街道へ降ります。
d0211129_12171923.jpg
十石街道の宿場町、万場です。
今はどの駅からも遠い小集落ですが、
街道の歴史を感じさせる街並が現れます。
d0211129_12185886.jpg
万場から佐久まで、コンビニは皆無ですが、
道の駅がふたつあります。
写真は、道の駅「万葉(まんば)の里」で買ったソフトクリーム。
「すいません、万札で」と買いました。
ふだん、あんまりこうしたものは食べないのですが、
こんな暑い日はうれしいものです。
そういえば、この日は朝から食欲がわかず、
ここまで、おにぎりふたつ食べただけでした……。
そんな補給不足も、熱中症っぽくなった原因かも知れませんね。
d0211129_12221229.jpg
神流川沿いの十石街道を
淡々と西へ向かいます。
道沿いの気温表示は34℃でした。
35℃を超えたら撤退すべし、と先輩ツーリストに
教えられていたのですが、ぎりぎりです。
d0211129_1225097.jpg
十石峠は、矢弓沢林道で越えます。
いまは国道299号が通行可ですが、
この国道はよく通行止めになるんですよね。
また、矢弓沢林道のほうが旧道に近いそうで、
なんとなく風情があります。
d0211129_12265967.jpg
7kmちょっとの林道ですが、
最初の2kmが勾配10%越えの連続でキツい。
逆に言えば、マジでキツいのは2kmだけ、と知っているので
走り続けることができるというものです。
d0211129_1227487.jpg
林道が終わりに近づくと、
石仏が現れます。
一礼して、旅の安全をお祈りします。
d0211129_12295030.jpg
十石峠に着いたのは16時40分。
もう日が傾き出し、気温は27℃くらいまで下がりました。
あとは佐久まで急降下。小諸まで下り基調です。
ここまで160km走ってヘロヘロですが、あとは
惰性でも上田まで行けるはずです。
1300mを越える十国峠は寒いかなと思ってましたが、
そんな心配はいらない夏日になりました。
d0211129_1233250.jpg
西日がまぶしい佐久。
群馬側は街道の両脇に山が迫りますが、
長野側へしばらく下ると、水田風景が広がります。
d0211129_12335732.jpg
県道139号に入ると、目の前に
浅間山が現れます。
「なつまち」でお馴染み(?)の光景ですね。
さて、もうすぐ小諸の街だなと思って走っていると……。
d0211129_1236171.jpg
一部で大人気の古物商店主、
N掘さんと出会いました。
なんでも買い物の帰りとか。そういえば、
浅麓堂さんのすぐ近くでした。
お互いにびっくりしつつ、近況を伝え合いました。
d0211129_12414732.jpg
小諸に到着したのは19時ちょっと前。
ここまで200km少々なので、
ブルベだったらほぼ制限時間いっぱいですね。
d0211129_12422254.jpg
駅横の観光案内所。
もう閉まってましたが、「なつまち」の看板と
一年ぶりに再開です。

さて、この日は上田まで走るつもりでしたが、
特に宿はとってません。自分の膝や体調に不安があり、
やばそうだったら途中で切り上げる気まんまんでしたので。
小諸から上田までは距離20kmほど。
もう日が暮れてきたし、別に無理に上田まで
走ることもないな……と思って、小諸で知ってるホテルに
電話したのですが、なにか集まりがあるらしく、あいにく満室。
しょうがないので上田のホテルを予約しました。
上田にはビジネスホテルがたくさんあるのです。
d0211129_12461649.jpg
すっかり暗くなった海野宿を抜け、
上田へ向かいます。
追い風だったので、疲れた身でも
1時間ほどで上田に到着。
d0211129_12465777.jpg
上田駅前に建つ真田幸村像。
d0211129_12473068.jpg
今度の大河は幸村が主役なんですね。
以前は「サマーウォーズ」だった
タペストリーが、大河ドラマと北陸新幹線に変ってました。
で、駅前のホテルにチェックイン。
ふつー、ツーリストは民宿などを好むものですが、
自分はホテルでOK。というか、気楽なホテルが好きです。
d0211129_12494777.jpg
コインランドリーでウェア一式を洗濯。
だから着替えいらずなのです。
乾燥機を使わなくても、ホテルの室内は
湿度が低いので乾きます。
d0211129_12515452.jpg
唐揚げにビール、そしてアニメ鑑賞。
我ながらお恥ずかしいほど、家と同じです。
スマホってやっぱり便利ですね(笑)。
d0211129_12535632.jpg
月曜日も快晴。
千曲川を渡って、上田を後にします。
せっかく信州に来たのですから、越えたいと思っていた峠を
いくつか走ってみる予定です。
d0211129_125515.jpg
標高700mほどの室賀峠です。
さっき渡った千曲川を眼下に見おろします。
d0211129_12554985.jpg
千曲市側への下りは、
凸凹舗装が多くて、ちょっと怖い。
d0211129_12562158.jpg
いったん下ってから、今度は
四十八曲峠をめざします。名前がいい峠ですね。
標高は1000mほど。麓からの標高差は500mくらいでしょうか。
d0211129_12583167.jpg
トンネルの手前から旧道に入ろうと思っていましたが、
ゲートが閉まってます。残念……。
d0211129_131172.jpg
しかたなく、1.5kmもある
坂上トンネルを抜けて、聖高原方面に出ます。
ゴールデンウィークに先輩方と計画してて未遂に終わった
ツーリングプランがあり、
その一部を走ろうと思ったのですが……。
d0211129_1324861.jpg
トンネルを抜けて下っていくと、
雪をいただいた山々が遠望できました。
しかし、この日も30℃越えの暑さ。昨日の疲れも
ちょっと残っているようで、欲張ったコースは
しんどそうな予感……。
d0211129_1345158.jpg
で、修那羅峠を越え、青木村を経由して上田へ戻ることに。
先日、参加したブルベでは、修那羅峠を越えるはずが、
早々にDNFしてしまいました。その心残りを、
少しでも晴らしておこうという狙い。以前からあこがれていた
峠でもあり、訪ねるのが楽しみ。
d0211129_138483.jpg
県道の峠の手前から、遊歩道のような道に入り、
修那羅峠のシンボルである安宮神社に向かいます。
とても自転車には乗れない道なので、800mほど押し……。
とてもブルベ中に寄れるような場所ではないですね。
3kmくらい下の集落から、ふつうにクルマが通れる道も
通じているようです。
d0211129_13322591.jpg
修那羅山安宮神社。
社殿脇をくぐって裏手に回ると……
d0211129_13331472.jpg
そこにはおびただしい数の石神、石仏様が。
d0211129_133477.jpg
d0211129_13343132.jpg
素朴な造りが多く、江戸時代末に
作られ、奉納されたとか。
社殿にある木の像とあわせ、1000体以上があるそうです。
d0211129_13375391.jpg
かわいい犬が掘られたものも。
子犬を口にくわえてます。

『日本百名峠』という名著のなかで、修那羅峠は
「峠だらけの中のローカルな峠」
「奇妙な峠」「黒いユーモア」などと詩的に(?)紹介されており、
ずっと気になっていました。なんとなくその意味が分かるような
初訪問でした。
d0211129_13455892.jpg
さて、車道の峠は切り通しで、
下ればあっさりと青木村に到着します。
d0211129_13464392.jpg
青木村の道の駅で、
ご当地産のソバをいただきます。
写真は大盛り。風味がさわやかで口当たりもよく、
気持ちよくお腹いっぱいになりました。

さて、青木村から上田までは、国道143号を突っ走れば
すぐなのですが、ダンプなんかも多い道なので脇道へ。
小さな峠を越えて、上田電鉄別所線沿いの塩田平に入ります。
d0211129_13503178.jpg
八木沢駅です。
終点の別所温泉駅のひとつ手前。
可愛らしい駅舎と素朴な沿線風景がみごと。
ローカル駅舎のお手本のような存在だと思います。
二、三年前に、分不相応に別所温泉へ家族旅行した際、
「いい駅だなあ!」と目を付けていたのです。
こうして自転車で訪ねることができ、うれしいです。
もっとも、こんな運賃を払わない楽しみ方は、
鉄道会社からすると役立たずですね(汗)。
d0211129_13542082.jpg
すてきです。以前から空色の駅舎でしたが、
最近に塗り直したのでしょうか? とても鮮やかです。
ちなみに、この八木沢駅の次は舞田駅。
ふたつ合わせて「八木沢舞」という“鉄道むすめ”がいましたね(笑)。
d0211129_1356231.jpg
上田電鉄の駅舎のなかで白眉であろう、中塩田駅。
こちらもすっきりと塗り直されたようです。
d0211129_13572366.jpg
こんな鉄道ジオラマを作りたいものです。
d0211129_13581287.jpg
車両基地がある下之郷駅。
生島足島神社の参拝駅なので、そんな感じのデザインです。
全国のローカル線は、温泉か神社仏閣詣でのために
造られたものが多いですね。

さて、こんなことをしていると、あっとういう間に時間が過ぎます。
しかも、さわやか信州のつもりが、この日も暑いです。
峠と駅舎めぐりもほどほどにして、16時前には
上田発の新幹線に乗りました。
d0211129_1431790.jpg
すると、17時過ぎには東京です。
新幹線は、利用するたび早さに驚きますね。

こうしてひさしぶりの一人サイクリングは終了。
ロングライドとパスハンティング、
そしてポタリング&オタク趣味と、
いろんな走り方ができて、充実した二日間でした。
by cyclotourist | 2014-06-03 14:14 | おしらせ | Comments(10)
Commented by 輪太郎 at 2014-06-03 16:08 x
なかなかサイクリング関係で更新されないな、と不安な気持ちで毎日、のぞいていましたが、このような大きなスケールで再開。安心しました。あ、編集長、ささやかですが、5月の走行距離は984キロでした。編集長の足元にも及びませんが、多分、オイラにとっての最高記録です。嬉しくなりました。6月は気候的に距離は減ると思うけど、引き続き、自転車を楽しもうと思っています。
Commented by ミウラSV at 2014-06-03 22:40 x
二日酔いにもかかわらず準備して走り出すだけでも立派です。で、その原因はどのような飲み会だったのか気になったり。
それにしても220km走って、その翌日にまだ走れるんですからすごいですね。
自分は日曜日に銚子センチュリーライドを走ってきましたが、まわりの面々について行くのもやっとというか、最後はついても行けずで、筋肉痛で唸ってます。それでも楽しかったです。
これからもツーレポ楽しみにしています。
Commented by 北山広 at 2014-06-03 23:11 x
膝の具合も回復したみたいで、良かったですね。
しかし、ご自宅から信州まで自走というのが編集長らしいです。
素敵な信州の景色を見ますと、こっちまでウズウズして来ます。
私はまだ今シーズンは信州に行けていないので、なお更です。
夏にはマイペースではありますが、
中信・北信エリアの旧街道と考えています。
Commented by 竜胆急行 at 2014-06-04 00:52 x
久々のツーリングレポート!待ってました!
しかもコースが、私の信州ツーリングや安曇野600kmと結構かぶってる^^;;
土坂峠へのアプローチも、GWのアタックフォッサマグナとかぶってました。
私はK37で小鹿野(志賀坂峠)に向かい、
更に上野村からはぶどう峠を通って小海に出ました。
2日間、色々な峠を越えるのは、この時期とても楽しいですね
Commented by GAMI at 2014-06-05 08:41 x
信州の定番コースをうまく繋いでますね。四十八曲峠旧トンネルは何年も前にトンネル自体通れなくなってますよ。最近は新道が出来ると、旧道は維持管理対象から外して、廃道化することも多いですね。
Commented by cyclotourist at 2014-06-05 15:22
輪太郎様
こめんとありがとうございます。
ずいぶんと精力的に走られてますね。
こちらが見習わねばと思います。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
たいして飲んではないのですが、それでも
二日酔いになってしまうのは、歳のせいですかね(汗)。

北山広様
コメントありがとうございます。
ほんとうは、秩父辺りまでは輪行したほうが
賢いと思いますが、たまには自走も……。
もちろん、大阪は輪行で行きますよ(笑)。

竜胆急行様
コメントありがとうございます。
ぶどう峠もすばらしいですよね。
ほんと、あのあたりは峠の宝庫です。

GAMI様
ご無沙汰しております。
四十八曲峠、いちおうトンネルまで
見に行ったのですが(汗)、がっつり施錠されてました。
時々はクルマが通ってると思われる状況でした。
Commented by はじ~ at 2014-06-06 20:17 x
上田には縁があるので、3回ほど栃木~上田ソロツーリングをしたり、早朝に青木峠へ行ってみたりもしてましたが、ポタリングはママチャリで無言館に行ってみたくらいでした。
あとは車での移動が多く、あまり風景を楽しんだことがなかったので、機会を作ってポタリングしたいですね。
信州の鎌倉と呼ばれるだけあって、寺とか文化財が多く、見どころが満載ですし。
Commented by cyclotourist at 2014-06-09 16:45
はじ~様
コメントありがとうございます。
小諸や上田は歴史と自然の双方で
魅力的ですよね。
Commented by こじま at 2014-06-11 19:35 x
GWに一人で訪れた四十八曲峠トンネルは、がっちり金網で閉鎖されてましたが、人一人入れる穴が明けられていました。
N堀さんの横顔別人みたいに変な顔に写ってますね。

20年前に修那羅山安宮神社へ峠からの道を1ボックスカーで家族旅行で下った覚えがあります。去年訪れてこんなに狭かったのか!とびっくりしました。
Commented by cyclotourist at 2014-06-12 07:31
こじま様
コメントありがとうございます。
GWは……すいませんでした。
安宮神社のただずまいは一見の価値がありますね。
<< 【フィギュア作り】「瑞鶴」も改... 【フィギュア作り】「大鳳」改装... >>