ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

伊豆サイクリング

こんにちは、田村です。

この週末は、実に一ヶ月ぶりのサイクリングを
楽しんできました。
d0211129_1917135.jpg
輪行で向かったのは、伊豆の修善寺です。
ご一緒させていただいたのは、
常日頃からお世話になっているベテランサイクリスト、
IさんとNさんです。
ちょっと早起きして、修善寺駅到着は9時少し前。
d0211129_19192462.jpg
駅工事中で景観がまったく
変っているのには驚きましたが、
それぞれの自転車を組み立てます。
今回は久々にランドナーの出番です。
自分にサイクルツーリングの楽しさを
再確認させてくれた、かけがえのない相棒です。
Iさんはスポルティーフ、Nさんはランドナー。
奇しくも三台ぜんぶトーエイです!

当初、戸田峠を越えて、稜線伝いに
西伊豆から南伊豆の宿へ抜けようというプランでしたが、
当日の冴えない天候や残雪の影響を考えて
「天城越え」に変更、出発です。
d0211129_2075994.png
こんなルートです。
d0211129_2013330.jpg
国道から離れ、まずは
国士峠をめざします。
d0211129_2052948.jpg
伊豆の名産、わさびの田んぼが
見えてきました。
d0211129_2073036.jpg
わさび田を背景に
三台のトーエイ。こうした風景には、
こうした伝統的なスタイルのツーリング車が似合いますね、
やっぱり。
d0211129_204538100.jpg
標高510mの国士峠。
ピークが近くなるほど、道の左右に
残雪が目立つようになりましたが、路面は
もんだいなし。雪解けで濡れた箇所が多く
マッドガードが役立ちました。
d0211129_20484198.jpg
一気に下ると湯ヶ島です。
ちょうどお昼前でもあり、
ここで、Iさんお勧めの「サイクリスト御用達」な、
おソバ屋さんへ。
d0211129_2051151.jpg
温かい「ししなんばん」でお腹いっぱい。
並盛りでも十分なボリュームでした。

湯ヶ島からは、伊豆を縦貫する国道414号を南下。
気温は13度以上になり、ゆるやかな登りでも
汗をかくほど温かになりました。
d0211129_20521069.jpg
石造りの旧天城トンネルをめざします。
d0211129_20554770.jpg
トンネルまで2kmほど、未舗装の道が続きます。
雪は多いものの、フラットで走りやすい道です。
ランドナーにお似合いのシーン。
先日から装備していたブルックスのサドル「カンビウム」は、
こうしたダートでの座り心地が非常によいことを実感。
適度にしなり、その反発が穏やかなので、
腰がしっくり落ち着きます。他の自転車も
カンビウムを採用したくなりました。
ランドナーというと、
革サドルが欠かせないアイテムではありますが、
自分のようにSTIを装備している現代的な(?)仕様だと、
カンビウムのような非革サドルも似合うなあと思います。
d0211129_2104588.jpg
非常に風格のある天城トンネル。
やはり一見の価値はありますね。
d0211129_2135565.jpg
峠を越えたら、
七滝ループ橋で一気に標高を下げていきます。
眼が回りそうで、下りが苦手な
自分はびびりまくりで走っていきます。
d0211129_2155694.jpg
ループ橋の先では、
鮮やかな河津桜が登場。
七分咲ほどでしょうか、実に見事です。
花にも団子にも無頓着な僕ですが、
さすがに見とれます。

河津の街へは行かず、下田経由で下賀茂へ。
d0211129_2184088.jpg
青野川に沿った桜並木。
見事、としかいいようがありません。
眺めているだけで幸せな気分になります。
ソメイヨシノより濃いピンク色です。
来週あたりまで見頃だと思いますので、
ぜひ多くの方に見ていただきたいです。
d0211129_21114511.jpg
たっぷりお花見を堪能したら、
宿がある妻良へ。
下田からはけっこうなアップダウンがあり、
フィギュア作りで退廃的な生活を送っていた
自分には、なかなか厳しい道のりでした(汗)。
d0211129_21141720.jpg
民宿「太郎衛門」さんへ。
本日の走行距離は85kmほど。
獲得標高は2000mもあり、走りゴタエあり。
さあ、これからがお楽しみです。

今回のランは、ミクシィのコミュニティ「FCYCLE」の仲間で集う
「グルメOFF」だったりするのです。
宿の到着は自分たちが最後だったようで、もう17時。
駆けつけ三杯のビールとお風呂のあとは……
d0211129_21181379.jpg
待ちに待った夕食です。
ど〜んとお頭付きのお刺身で至福のとき。
もうたまりません……。
d0211129_21203862.jpg
伊勢エビまで登場してびっくり。
ぜんぶ、目の前の妻良の海で
獲れたものだそうです。
ビールがすすむこと、すすむこと……。
これだから宿泊サイクリングは楽しいのです。

結果……
d0211129_21212868.jpg
轟沈。
デジカメを再生したら、あられもない自分の姿が……。
だれが写真を撮ったのでしょう?
翌朝、二度寝を決め込む様子です。
幸か不幸か、外はシトシトと雨模様。
自走で(!)家まで向かうという強者お一人を除き、
路線バス輪行決定。
けっきょく、二日目は1mmも走らないで帰宅しました(汗)。

でもやっぱり、サイクリングは楽しいですね!
by cyclotourist | 2014-03-02 21:32 | おしらせ | Comments(7)
Commented by 竜胆急行 at 2014-03-02 21:41 x
よーやく、本業(?)のブログですね(笑
にしても、ランドナーでのゆるポタ、うらやましいです

今度は私のALPSも仲間に入れてください♪
(ほとんどパスハンター仕様なので、平地でついていけないかもしれませんが…)
Commented by 北山広 at 2014-03-02 22:05 x
久々の泊りがけツーリング、楽しまれたようでなによりです。
天城峠への林道とトンネルはとても良い雰囲気ですね。
走り終えた後のビールとお刺身は、
さぞ美味しかった事でしょう。

>轟沈。

お約束のパターンですね(笑)

ちょっと早い春を感じられる伊豆半島、
私もいつかは行ってみたいエリアです。
Commented by 閑話休題 at 2014-03-03 07:52 x
やっと話題が自転車に戻って来たか…
ブルックスのカンビュウム、興味津々!
持っと詳しく取り上げて欲しいな。
紙面上でも構いませんので。
Commented by じゅびり at 2014-03-03 14:27 x
お疲れさまでしたー。
夜間戦では全艦砲を開いて盛大に撃ちまくってたけど、最後に「超重砲」にやられ、シュンとしちゃったタカオみたいなものかな…
いや、「撃沈」でなく、「自滅」だったなww
Commented by ミウラSV at 2014-03-03 20:09 x
このコースは河津へ抜けるパターンで自分も検討していました。(しかも日帰りで) 一度は河津桜と菜の花のコラボを見てみたいものです。(丁度JR東のポスターになってますね)
それにしても泊まりだと海の幸も堪能できるし、轟沈も出来るしいいですね!
お疲れ様でした。
>戸田峠
峠手前の展望台から相模湾越しに見える富士山、戸田へ降りる際のコーナーから覗き見える戸田湾とか景色が良いですよ。
Commented by cyclotourist at 2014-03-03 21:57
竜胆急行様
コメントありがとうございます。
ぜひ、アルプス号を活躍させましょう。

北山広様
コメントありがとうございます。
お約束、と認識されてしまいましたね(汗)。
以後、気をつけます……と何十回も
誓っているのですが……。
伊豆はなかなかにダイナミックで
よいエリアですよ。関東にお越しの際は是非。

閑話休題様
カンビウムは、革サドル派の
みなさんにも好評みたいです。
もっと使い込んでみます。

じゅびり様
微妙なコメントありがとうございます。
夜戦で力尽きましたが、愛は沈みませんよ!
次はラムちゃんについて語りあいたいです。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
伊豆は絶景の宝庫ですよね。
交通の便がいまいちなので
信州より移動時間がかかるほどですが、
この季節にはありがたい温暖なエリアですね。
今度ご一緒してください。
Commented by 輪太郎 at 2014-03-04 21:46 x
やっぱり、こういうサイクリング、ニューサイクリング誌のようなにおいがするのが、日本のサイクリングの王道ですよね。今、ガード付きの自転車すら持っていないオイラは邪道なので、逆に憧れます。
<< スポルティーフ改二 閑話休題・「大鳳」建造その10 >>