ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

閑話休題・「大鳳」建造その8

こんにちは、田村です。

徐々にアクセス数が減っている
当ブログですが(泣)、懲りずに
更新したいと思います。

土曜日は、ブルベのスタッフをしてまいりました。
d0211129_23585948.jpg
スタート直前、6時前のようすです。
だいぶ明るい時間が長くなりましたが、
6時を過ぎないと「夜」です。
今回はスタートとゴール受付の双方を
手伝わせていただきました。
200kmブルベでした。
最後に受付に来られた方は、
わずかに2分、制限時間をオーバー。
両膝を傷めたようで、歩くの話すのも辛い様子。
痛みと悔しさが混ざった表情でした。
とてもがんばり屋さんなのだと思います。
それでも制限時間オーバーですから、
認定にはなりません。ブルベの
厳しさを目の当たりにしました。
自分はここまで頑張れない、頑張ったことがないことを
思い返して、後ろめたいほどでした。

だからというわけではないですが、
引き続き、大鳳づくりに励んでおります。
d0211129_08428.jpg
腰回りの高角砲台座は、
プラモデルの部品が使えると思っていたのですが、
微妙に大きすぎるようです。
d0211129_085151.jpg
そこで、プラ板を刻んで
ひとまわり小さな台座を作りました。
ディティールを作るのは
楽しいものです。
d0211129_09337.jpg
並行して、お腹の
装甲板(?)を作ります。
当初、スジ彫りだけでいいかと思っていたのですが、
スジ掘りだけでは立体感がなく、
「装甲空母」たる大鳳の特徴であるとも思うので、
薄く延ばしたパテを貼って再現することにしました。
丸い凹みは、パテがやわらかいうちに
細い丸棒を押し込んで再現。
d0211129_0121952.jpg
前回のブログ更新時の
仮組み写真をプリントし、
さらに赤字を入れました。それを参照して
全体のバランスに気をつけつつ、
各部を作り込んでいきます。
d0211129_012650.jpg
くつを整形していきます。
以前のブログでは「クツは簡単」みたいなことを
ほざいてしまいましたが、ちゃんと整形しはじめると、
けっこう大変です(汗)。
イラストとにらめっこしながら
それらしい形に近づけていきます。
しかし、見れば見るほどイラストの完成度が高く、
クツひとつとっても、矛盾の少ないデザインだなと
あらためて驚きました。
d0211129_0141642.jpg
玄関から妻のブーツを拝借し、
参考にしたりもしました。
d0211129_017122.jpg
なんとなく
それっぽくなってきた気がします。
イラストはもうちょっと爪先立ちのような
感じですが……。
d0211129_017298.jpg
お腹の装甲板を
紙ヤスリで滑らかにしました。
d0211129_0182788.jpg
作業は幅80cmセンチもない
しょぼい机で行っております。
参考にしているイラストやフィギュアなどで、
絵に描いたような典型的オタク空間になりました。
『シクロツーリスト』も『ランドヌール』も大鳳も、
ここで作られているのです(汗)。
一日に一回は掃除しないと、
収拾がつかなくなります。
d0211129_0211981.jpg
プリーツスカートの
向かって左側のドレープを修正します。
イラストに近づけるよう、外側に広げました。
躍動感がでますね。
d0211129_0231827.jpg
装甲板を留めている
バックルの彫り込みを
ナイフで再現してみます。
小さすぎて削ったところがわかりにくいので、
色を着けてからナイフを入れて行きました。
d0211129_024225.jpg
あんまりキレイに彫りこめませんでした……。
見えないし、手が震えるし……。
d0211129_025869.jpg
腰の高角砲台座の支えを
付けてみました。
台座が矛盾せずに付くよう、角度を
合わせるのが難しいです。

し・か・し!
こんなディティールに手を出している
段階じゃなかったのです。
d0211129_0271886.jpg
再び全体を仮組みしてみました。
前回のブログに載せた状態とあんまり変って
ないように見えるかもしれませんが、
およそ10時間の作業が反映されている……のですが!

やはり、イマイチだと認めざるを得ません。
なんでしょうね? あちこち気になるのですが、
じゃあ具体的にどうすればいいのかとなると、
なかなか判断がつきません。

そんなときは、やはりプリントアウトで
比べるのがよいと思います。
d0211129_0302448.jpg
イラストと、現状の撮影画像を並べてプリントしました。
現物(中央)とほぼ原寸大です。
こうすることで、イラストと客観的に
比較しやすくなります。
d0211129_0312780.jpg
プリントしたものに補助線を引き、
イラストと現状の各部を計測。すると、
残酷なまでに違いが明らかになってきます(泣)。

気になっていた頭部は、意外にもほとんど同寸。
しかし、アゴ〜肩、すなわち首が
4mmも長いことが判明!
足はまだ短く、太ももとすねがそれぞれ2mm短いようです。
まあ、このあたりは修正もしやすいのですが、
問題は胸とお腹のバランスです。
胸が3mmほど長すぎ、お腹は逆に3mm短いのです。
先走って細部を作り込んでしまったことを
悔やむばかり(泣)。だんどりが悪いのです……。

まずは首回りを直し、足を伸ばしてみて、
それで印象が改善されれば
胸とお腹は眼をつぶっちゃおうかな……。

そんなことを考えていると、
ブルベのゴール受付で出会った
最終走者の方が思い出されます。
やっぱり最後まで全力を尽くすべきだ、と……。

がんばる方向性が
間違ってる気もしますが(汗)。

d0211129_2433692.jpg
販売部長のステゴサウルスは
すでに完成しました。
次が作りたいと言ってます。
自転車より向いてるのかも?
by cyclotourist | 2014-02-24 00:43 | ひまつぶし | Comments(5)
Commented by ばっきー at 2014-02-24 02:18 x
そうです、慣れてくると、ついつい力をセーブしてしまうものですが、全力を尽くしてこそ趣味は楽しいと考えるともう後には引けないですよねぇ。

それにしてもここまでディテールを仕上げてからの大修正は勇気が要りますね。ミスコースの疑いのあるときは、面倒くさがらずに早めに止まって確認するようにしたいものです(泣)
Commented by ミウラSV at 2014-02-24 21:03 x
ブルベスタッフお疲れ様でした。
フィギュアのほうも佳境のようですが、検証の仕方が本格的ですよね!
さて、徐々にスキルアップ(十分に凄いと思いますが)もありではないかと。
あせりは禁物ともいうし。
Commented by 竜胆急行 at 2014-02-25 00:46 x
色々おつかれさまですw
まぁ読者層が違いますからねー^^;;

ちょっと勝手な計算をしてみました。
多分、プロのデザイナーも田村さんと同じくらいの工数はかけてると
思うので、それをもとにすると、
50hour×10000円/h で、ここまで人件費50万円、
材料費云々で1万円 まぁ概算でデザイン料50万円と仮定。
これを元に型を作ると1個5万円くらい?(ちょーテキトー)
諸々含めて80万円くらいの元手を見込んでみる。
で、これで1万個作るとすると、材料費込みの制作費が1個500円くらい?(色つけ含む)
これを1個1500円で売ると1個あたり1000円 なので、利益が1000万円!
10日の工数と初期コストなんか、あっという間に吹っ飛びますね^^*

なるほど、数が売れればビジネスになるなー と、
最近経済の勉強中なので、ちょっと納得した次第。

まぁ、購買層が1万人 ってのが、なかなかの商売なんですが(汗

こちらは仕事がテンパってるので、現実逃避してみました(ダメじゃん
Commented by cyclotourist at 2014-02-25 12:38
ばっきー様
コメントありがとうございます。
時には戻る勇気も必要ですよね。
人生を巻き戻したいところですが(汗)。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
あせらずがんばります。

竜胆急行様
経済の勉強ですか! たいへんですね。
趣味を仕事に換算すると
えらいことになるのですね。
しかし、時給1万円はありえないと思いますよ(笑)。
大昔、プラモデルの完成見本をつくるような
バイトをしたことがあるのですが、時給換算したら
あっさりと法定最低時給を下回りました(汗)。
Commented by mad at 2014-02-28 22:04 x
スタッフお疲れ様です。
おそらくその1時間くらい前に同じ場所からスタートした300のブルベに参加した者です。
自分は無事完走できました。
ランドヌールを毎号楽しみに読ませて頂いています。
大鳳作りを見ていて手先の器用さに驚きました。
次号も楽しみにしていますので、取材頑張ってください。
<< 閑話休題・「大鳳」建造その9 閑話休題・「大鳳」建造その7 >>