ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

閑話休題・「大鳳」建造その6

こんにちは、田村です。

今日は娘と病院に行ってきました。
インフルエンザが治っていれば、
「治癒証明書」をいただけるのです。
これがないと、学校へ行けません。

結果、先生曰く「土曜日かな」と、
治癒証明書はおあずけ……。
明日も娘は学校を休まざるをません。
あ〜こまった、出かける用事はたくさんあるのに。
しかたない、本当にしかたないから……
すいません、いつもフィギュア作りの言い訳ばかりで。
昨晩から本日にかけても、
全力で大鳳を建造中です。
もはや「艦これ」もあまりせずに、せっせと
手を動かしております。
ある意味、本末転倒というか……。
d0211129_2091870.jpg
ドラえもん状態の手を、
削り込んでいきます。
なんか、中学の美術で習ったような
気がします。なかなか思い描く手にならず
もどかしいものです。
d0211129_20113860.jpg
ある程度、手が形になったところで、
ボウガンとの整合性を確認します。
結果、現状では体に当たって
持てないことが判明(涙)。
d0211129_20124025.jpg
手首の角度を変え、
なんとか対応します。
d0211129_20131518.jpg
ボウガンを持たせた状態で、
あらためてイラストと比べてみます。

違う! 違いすぎる!
なんかダサすぎる。こんなの大鳳ちゃんじゃない!
ダメだこりゃ、ということは分るのですが、
どうしたらいいのやら……。

ここで自分の仕事を思いだました。
自分の本業である(のか怪しくなってきましたが)
編集者と言うのは、修正などを「赤字」にまとめて
デザイナーさんとやりとりします。
修正内容を、口頭で五月雨式に伝えたり、
「なんとなくカッコよくないね」とか言うのは
御法度です。仕事が進まなくなりますし、
トラブルのもとです。

この「赤字」システムを、フィギュア作りにも
応用すれば良いのではないかと考えた次第。
d0211129_20165080.jpg
さっきの写真をプリントし、
あらためてイラストと比較し、
直すべきところを整理します。
髪、頭、体、足……ほとんど全部(涙)。
ちょっと心が折れそうになりましたが、
直すべきところが分れば、
あとは手を動かすだけです。
d0211129_2019762.jpg
頭頂部を中心にざくざく削りつつ、
髪を強引に内側に折り曲げます。
d0211129_20193531.jpg
ウエストをニッパーでカット。
ひねりや角度を見直します。
大改修のつもりでしたが、意外と時間はかからず、
30分ほどで目処はつきました。
d0211129_20212140.jpg
修正中の写真をプリントし、
赤字入りの修正前と比較。
まずまず改善が見られるのではないでしょうか。
イラストに近づけようと手を加えるほど、
カッコよくなりますね。
やっぱり大鳳ちゃんのデザイナーはすごいです。
d0211129_20302844.jpg
ここで、恐ろしいほど
粗い番手の紙ヤスリが登場です。
d0211129_2031183.jpg
度重なる改修でつぎはぎだらけになった
全身を強引に滑らかにしてきます。
適当な当て木をつかい、ケチらずに紙ヤスリを
ばんばん替えるのがポイントですね。
d0211129_20325731.jpg
なんとなく本体が形になりました。
なったことにします。
先に進んで行かないと心が折れるのは、
ブルベと同じかも知れません。
適当なところで他を進めます。
d0211129_20333932.jpg
腕に服を着せました。
暫定的な盛り具合ですが、
だいぶエポパテの使い方に
慣れてきた気がします。
この腕だけが、服らしい服を着た部分ですね……。
d0211129_20343195.jpg
体の服を再現することにします。
水着などのように体にフィットする服は、
体に切り込みを入れて再現する……と、
『フィギュアの教科書』にありました。
d0211129_20371481.jpg
ナイフの刃を替え、
気合いを入れます。失敗すると面倒なので……。
d0211129_20375110.jpg
太ももにレーパン(?)を
再現しました。
この後、肌側の段差を滑らかにすれば、
薄いウェアが食い込んでるように見える、らしいです。
d0211129_2038789.jpg
同じ方法で、上半身の服を
再現していきます。
かなりビビったラインになってしまいましたが、
致命的な失敗はない、と思い込んで、次。
d0211129_20401843.jpg
スカートを作ることにします。
d0211129_20423852.jpg
とりあえず、
平たくしたエポパテを巻きます。
今どきの女子キャラ必須アイテムの
プリーツスカートですが、その段々は削り込みで
再現するつもり。できるといいのですが……。
体には、離型材がわりのリップクリームを塗っているので、
あとで外せるはず……です。
d0211129_20442755.jpg
腕およびボウガンとの
クリアランスを確認。

さて、次は、大鳳ちゃんのアクセントである、
首に巻いたハリケーンバウを作ります。
ハリケーンバウとは、船首と甲板がつながった形式のことで、
日本の空母では大鳳が唯一でした。
現在の空母は、ぜんぶハリケーンバウです。
d0211129_20452646.jpg
プラモデルの大鳳の
ハリケーンバウにエポパテを巻きます。
d0211129_20475059.jpg
プラモデルのおかげで
あるていど形がそれっぽくなった(なってないか)
エポパテを首に巻きます。
これも外せるようにしてあるので、
あとで削り込んでシャープにします。
そうでないと、ただのネックウォーマーですね(汗)。
d0211129_2049562.jpg
胸に巻いてある防具(?)を
再現するため、テープ状にした
エポパテを巻きます。これベースにして、
後工程でなんとか作り出すつもりです。
なんとかなるのか自信はありませんが、
こうした細部の作り込みは楽しいです。
d0211129_20524695.jpg
レッグウォーマー的な
足回りも、同じようにして作ります。
なんか、あらためて見るとフェチ度が
すこぶる高いデザインですね。
だから作る気になったんでしょうけど(汗)。
d0211129_20544143.jpg
だいぶサマになってきた
ような気がします。
娘には「少し似てる」とか
寂しいコメントをいただきましたが……。
各部が硬化したら、
ざくざく仕上げていきたいと思いますが、
今宵はここまでにしたいと思います。


d0211129_215989.jpg
余ったエポパテで
娘(販売部長)が作ったパンダ。
パンダ?
by cyclotourist | 2014-02-20 21:10 | ひまつぶし | Comments(5)
Commented by 輪太郎 at 2014-02-20 21:43 x
本編とは関係ありませんが、我が師、編集長に報告です。ついに大阪からTIGのMTBフレームが届きました。圧倒的な美しさです。しかもオイラのオーダーによりアルプスローバー号ばりの持ち手パイプ、さらに、何とセンタースタンド台座もあります。センタースタンド台座つきのチタンフレームは世界初じゃないかな。今、ショップにあります。タイヤに迷っていますが、来週には完成しますよ。
Commented by ナイナイチー at 2014-02-20 23:22 x
女子スケートフィギュアなみにハラハラというかどうか成功しますように・・・。
Commented by cyclotourist at 2014-02-21 21:22
輪太郎様
ここ最近はコメントいただきづらい記事で
もうしわけありません。
TIGフレーム完成、おめでとうございます。
持ち手パイプ付きとは、独創的ですね。
よい自転車に仕上がることを祈っております。

ナイナイチー様
女子フィギュア! 座布団を
差し上げたいです。
Commented by 竜胆急行 at 2014-02-21 21:54 x
私の守備範囲外なので、毎度コメントしづらいですが(笑

ここまでかかった工数をコスト換算すると、このフィギュアすごい値段になりそうですねw
Commented by cyclotourist at 2014-02-22 08:52
竜胆急行様
コメントしづらくて申し訳ないです(汗)。
趣味ですから、コスト換算は禁物です。
もっとも、仕事でもコスト換算は
苦手ですが(大汗)。
<< 閑話休題・「大鳳」建造その7 閑話休題・「大鳳」建造その5 >>