ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

三船さんとロングライド!

こんにちは、田村です。

寒い日が続きますね。
みなさんお変わりありませんでしょうか。
こちらは『ランドヌールVol.5』の製作が佳境を迎えつつあり、
それなりに毎日まじめに仕事しております。

そんな中、夢のような時間を過ごしてきましたので
ご報告いたします。

なんと、あの三船雅彦さんと一緒に走ってきました!
2008年まで、国内外のロードレースで
活躍してきた元トップ選手です。
レース界にはとんと疎い僕ですが、そんな僕でも
三船さんという名前を聞くだけで
背筋が伸びてしまうようなお方です。

いまはチーム監督やレース解説など多方面で
活躍されている三船さんですが、恐れ多くも
『ランドヌール』にて連載を担当していただいております。
三船さんはブルベを超積極的に走ってらっしゃるのです。

そこで、僕のような軟弱な一般人と一緒に走っていただき、
その経験を誌面に載せるのも意義あることでは……と、
わかったようなよくわからないような理由をつけて、
三船さんに「一緒に走って」とお願いしたのです。
本当に編集者は厚かましいですね。
でも、三船さんは「おもしろそうですね」と
言ってくださったのです!

そして、先週の火曜日に夢を実現させてまいりました。
d0211129_1722544.jpg
当日は、京都府田辺市の三山木駅に集合。
ベンチが霜にうっすら覆われるほど寒い日でしたが、
僕の心はドキドキしてホットです。
d0211129_17252599.jpg
じゃ〜ん、三船さん登場!
いいのか、こんな2ショットをお願いして!?
はにかんだ僕の笑顔が
我ながら気色悪いです(汗)。
d0211129_17263086.jpg
まずは駅近くのコンビニで
飲みものや補給食を買い出し。
三船さんの一挙手一投足が
気になります。だって、三船さんと同じ時間を
過ごせるなんて、ブルベの現場ではスタート地点だけ。
ぜったいに普通ではご一緒できない方ですから。
d0211129_17293279.jpg
予想外の飲み物を買い、
手際よくボトルに入れ替える三船さん。
d0211129_17301558.jpg
アイウェアをアウターケーブルに
ひっかける三船さん。
d0211129_17305610.jpg
真似してみました(汗)。
走りを真似することはできなくても、
こうした仕草だけでも参考になることでいっぱい。

いよいよ出発です。
田辺から信楽に向かい、茶畑や山深い林道を抜けて
戻って来る90km弱のコースです。
現役時代、毎朝のように練習で走っていたそうです。
毎日この距離を、午前中に走り終わっていたそうです…。
d0211129_1734412.jpg
流して走っているだけで、
なにかが違います。
はだけたウインドブレーカーにも、
実は意味があったりします。
d0211129_17344624.jpg
まとまった登りに差しかかると、
ご覧のようにウインドブレーカーを脱いでしまいます。
もちろん、真似できませんので、僕は
ジッパーを降ろすだけ。冬場は汗冷えが大敵。
登りが続くと分っていたら、早めにウェアを調節し、
汗をかかないようにするのです。
おっと、あまりココに貴重なノウハウを書いてしまっては、
『ランドヌール』を読んでいただく読者に
申し訳ないですね(汗)。
d0211129_17371060.jpg
けっこう本格的な峠越えあり。
すでに僕の心拍数はレッドゾーンですが、
三船さんは汗ひとつかかず、心拍数も
驚くほど低いのです。
むろん、三船さんと自分を比べること自体が
おそろしく厚かましく浅ましいことなのですが、
一緒に走らせていただくと「すべてが違う」のです。
戦艦大和と手漕ぎボートくらい違います。

「登りはマイペースで。できない? それは……」
おっと、またしても貴重なノウハウを書いてしまうところでした。
『ランドヌール』にとっておかなくちゃ(笑)。
選手経験がある人には当たり前のことでも、
僕なんかには役に立つことばかりです。
d0211129_17391963.jpg
常に視界には三船さんが。
こんなチャンス、そうはありません。
読者のみなさんの替わりに(という大義名分で)
この奇跡的に幸運なプチ・ロングライドを
満喫してまいりました。
d0211129_17413984.jpg
信楽駅前の大ダヌキ。
陶器の町として有名です。
ここでコンビニ休憩。40kmほどの一気走りは、
僕にはけっこうきついのでした。
d0211129_17412522.jpg
グローブは……なるほど。
d0211129_17414316.jpg
こうした振る舞いを真似るだけでも、
速くなったような気がします。
実際、こうした乗車中以外の行動が、
ブルベではグロス時間の短縮や効率化に
効果的だったりすると思います。
もちろん、ふだんのツーリングにも応用できます。
d0211129_1744439.jpg
後半のワタクシはこんな状態ですが、
大義名分どおり、数々のノウハウを死中から(?)
持ち帰ったと思います。
三船さん、おつきあいありがとうございました。

2月上旬発売予定の『ランドヌールVol.5』の誌上では、
今回の三船さんとのプチロングライドを
なるべく忠実に、そのままに再現する予定です。
どうぞご期待ください……と、思っていたら、
三船さんのブログでいち早くリポートされてますね!
さすが、自転車が速い人はブログも速い!?

だいぶ好意的に書いていただいてますが、
実態は……お恥ずかしい限りです。
by cyclotourist | 2014-01-12 17:55 | 製作中 | Comments(4)
Commented by 北山広 at 2014-01-12 19:20 x
こんばんわです。
割合に近くまで来られていたのですね。
和束から信楽方面へって感じでしょうか。
この時期この辺りはめちゃくちゃ寒いですよ。
あの三船さんについて行けるとはさすがです。
信楽駅前のサンタヌキ(笑)。
クリスマス時期以外もコスプレしてるんですね。
寒いけど行ってみたくなりました。
Commented by 輪太郎 at 2014-01-12 21:15 x
編集長の向きがシクロツーリストより、ランドヌールにどんどん傾いています。良いことなんでしょうが、どちらの読者でもあるオイラとしては、やや寂しい気もいたします。これからも、どちらも購読させていただき、自分のサイクリングに役立てたいと思いますが、編集長、シクロツーリストもよろしくお願いします。
Commented by 不眠小僧 at 2014-01-13 00:56 x
1週間に2度西日本に来られたのですか。
これは次号が待ち遠しいです。
Commented by cyclotourist at 2014-01-13 16:37
北山広様
コメントありがとうございます。
いや〜、寒かったですね。
タヌキがサンタ服を脱がないのも
分る気がします。信楽は妙に
女子高生が多い街でした。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
今は『ランドヌール』の校了前なので、
どうしても活動がそっち寄りになりますね。
でも、ツーリングもブルベも、僕の中では
かなり一緒なのです。『シクロツーリスト』の
企画も秘かに進行中でございます。

不眠小僧様
新幹線にも割引ポイントがほしいですね。
国会議員がうらやましいです。
<< 同人誌デビューしました! 400km走ってきました >>