ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

400km走ってきました

こんにちは、田村です。

走ってきましたよ、400km。
今年いちばん最初に開催されたブルベ、
オダックス近畿さん主催の
「BRM102 近畿400km 高松 夜明」です。

2日のお昼過ぎに自宅を出発し、
鉄路で高松に着いたのは19時前です。
d0211129_8373756.jpg
スイッチバック式の高松駅は、
いかにも「着いた〜」という気がして大好きです。
そして、ホーム端のうどん屋さんが有名ですね。
d0211129_8401575.jpg
さっそくいただきます。やっぱりおいしいですね。
そして改札を出ると……
d0211129_840668.jpg
讃岐の兄貴、ジェームス吉田さん
見送りにきてくださりました。
ブルベほっぽりだして飲みにいきたくなりますね(笑)。
吉田さんは、『シクロツーリスト』でも健筆を
ふるってくださっているベテランサイクリストです。
d0211129_8445816.jpg
「ネタだから、持ってって」と、
讃岐の国一宮「田村神社」の
お守りを頂戴しました。感謝です!
うれしいですね〜。持つべきものはサイクリング仲間です。
d0211129_8452123.jpg
高松駅前に70人近くの
ランドヌールが集合。
壮観というか、異様というか……。

・真冬
・夜スタート
・400km

という三重苦(?)をものともしない
猛者たちです。
d0211129_8475370.jpg
東京からの参加者もちらほら。
ひときわ目立つのがY氏(ばっきーさん)。
『ランドヌールVol.4』の記事で、メタボの
ブルベにおける有効性を大胆に解き明かしてくれた方です。
一緒にブルベを走るのは初めてなので、
その走りに期待が高まります。

20時スタートですが、思いのほか温かく(7℃くらい)、
よかったね〜と皆で言い合いながら走り出しました。
d0211129_852169.jpg
コースはこんな感じ。
高松から徳島市を経て、海岸沿いに
室戸岬までを往復します。
シンプルかつ、400kmとしては獲得標高が
ぐんと少ない(獲得標高2400mほど)ルート。
問題は、寒さと眠気です。
d0211129_857413.jpg
みなさん速い!
約75km地点のPC1、徳島市のローソンに
到着したのは23時すぎ。感覚的にはあっという間で、
序盤は時間が経つのが早いですね。
「田村さ〜ん」と呼ばれ、ふりかえると……
d0211129_93665.jpg
なんと、徳島在住のベテランサイクリスト、
あ〜るさんが迎えてくれました。
「甘いから補給食にどうぞ〜」と、
お菓子をいただきました。
いくら地元とはいえ、深夜にわざわざ足を運んでくださった
お心遣いがうれしいです。

四国といえば、八十八ヵ所めぐりの「お遍路さん」が有名ですね。
二十歳過ぎの頃、自転車でめぐったことがあるのですが、
(たしか25日かかりました。ヒマだったな……)
その時も行く先々で地元の方にやさしくしてもらいました。
四国ほど、旅人にやさしい地域は他にないかも知れません。
d0211129_9135677.jpg
PC1のローソンは、
スタッフのご尽力によって、
イートインスペースが解放されておりました。
寒いこの時期、助かりますね。
d0211129_9144843.jpg
四国だというのに、
顔なじみの東京勢が……。
みんな好きだね〜と、自分のことは
棚に上げて呆れてしまいます。
d0211129_918166.jpg
シューズカバーをめくり、シューズにカイロを貼って
再スタート。これは吉田さんからのいただきものです。
d0211129_9181623.jpg
次のPCは室戸岬の先までありませんが、
そんな長距離を無補給で走ることはできませんので、
点々とコンビニに立ち寄っていきます。
日和佐、牟岐、宍喰と、徳島県内の
港町にはコンビニがあるので助かります。
そして、夜が更けるにつれて、しんしんと寒さが
身に染みてきます。レインジャケットを着込み、
とぼとぼと走ります。
冷たい夜風のせいか、
目と鼻の奥が痛くなり、いつも以上に肩が凝ります。
ストレッチがわりに上を向くと、満点の星空。
オリオン座がくっきり見えました。

いちばん寒く感じたところでの気温表示は
マイナス三度。この気温が続いたらとても走り続けられませんが、
高知県に入って道が海岸沿いになると、
寒さがやわらぎました。
どど〜、どど〜と海鳴りが聞こえるものの、
真っ暗で何も見えない国道55号をひたすら南下します。

6時近くになって、ようやく東の空が
白みはじめました。国道55号を南下中だと
日の出を拝めるのですが、ほどなくして室戸岬に到着。
d0211129_9273078.jpg
室戸岬です。
へんな色でライトアップされてます。
弘法大師は室戸岬で悟りを開きましたが、
こちらはコンビニで何を食べるかくらいしか
考えておりません(汗)。
d0211129_940631.jpg
左に立っているのが、
かの中岡慎太郎の像です。
二十年ぶりの再会ですが、寒いので
明るくなるまで待つなんてできません……。
d0211129_9414619.jpg
くじらの像の前で、
通過証明の写真を撮ります。
本コース主催の今野さんとHさんが待機中。
400kmになるとスタッフも徹夜状態。
速い人とそうでない人の到着時間の差も大きいですから、
たいへんです。頭が下がります……
「田村サン、GOKISOなのに遅いね〜」と、今野氏。
うう……。その毒舌も、走る気力を与えるための愛なのだと
思い込んで先をめざします。

7時くらいに、室戸の街中にあるPC2のコンビニ着。
走行距離206kmです。
d0211129_9481859.jpg
ご当地カップ麺の朝食。
あっさりした味わいでした。
日が出て来るとさすがに気温も上がりはじめ、
腰を下ろしてカップ麺などすすれる状況になります。
d0211129_949551.jpg
ばっきー氏とぜっと氏の
迫力ある2ショット。
相撲部屋の朝稽古みたい……というのは、
ばっきー氏ご本人の弁です。

こうして写真を撮ってるくらいなので、
お二人とも僕と同じペースでここまで走っているわけです。
ばっきー氏の重量は僕の倍近い(!)のですが、
重量の違いが走力の決定的な差では
ないことを教えてくれます。
バッキー氏は僕と同じマキノ号に乗ってらっしゃるのですが、
フレームの頼もしさも身を以て示していると
いえるのではないでしょうか。
d0211129_9592675.jpg
折り返して、国道55号を北上していきます。
夜は見えなかった景色が新鮮です。
平地が苦手な僕は、ばっきー氏の後ろで
だいぶラクをさせていただきました。
d0211129_1022119.jpg
温かくなると、
今度は眠気が参加者を苦しめます。
ドリンクとガムで眠気を追い払いながら
なんとか走り続けましたが、
仮眠する方もちらほら……。眠くなったら寝る、
これが安全のためには欠かせませんね。
d0211129_104444.jpg
復路では南阿波サンラインを通ります。
断崖絶壁を乗り越える豪快な道です。
眺望は抜群ですが、勾配10%の坂道で
汗だくだく。気温も体感では15℃くらいにまで
上がり、夜の寒さがうそのように暑いのです。
d0211129_108286.jpg
展望台からは180度の
眺望が広がります。ぐるっと顔を回すと、
水平線の丸みが感じられるような光景でした。
d0211129_1010284.jpg
深夜の往路では無人だった街たちも、
日中は賑わってます。写真は日和佐の薬王寺。
いまはお正月なんだなと現実を思い出させます。
d0211129_1012054.jpg
コンビニでの休憩を重ねながら、
だましだまし進んで行きます。
写真はGOKISOホイールの2ショット。
ありえないほど高価で、ありえないほど高性能な
GOKISOですが、ブルベの現場で見る機会が増えました。
今回のような、平地やゆるやかなアップダウンが多いルートでは、
その性能がいっそう発揮されると思いました。
d0211129_10171342.jpg
すでに300km以上走り、徳島から国道11号へ。
鳴門の海岸沿いで夕暮れ。
ほんの一瞬だけ、夕陽を見ることができました。
あの日が沈む前にゴールしたいと思ったものですが……。
d0211129_10202979.jpg
あっさり陽は落ち、
ライト類の電池を交換して二度目の夜戦突入です。
d0211129_10213042.jpg
今シーズン卸し立ての
インナーグローブが、
気がつけばボロボロ。なんかしゃべりだしそうでこわい?

ブルベって、終盤が長く感じられます。
あと100km、あと70km、あと50km……なかなか
距離が減らず、時間ばかりが経っていきます。
要は、疲れてスピードが上がらないんですね。
往路は気にならなかったアップダウンが、
なんとも憎々しいほど足に応えます。
今回、めずらしく心拍計を付けていきました。
前半は、140〜150くらいまで楽に上がった心拍が、
後半は120くらいです。上がるほど頑張れないのです。
そして、根気が続かず、コンビニ休憩ばかりが増えます。

もう早く終わんないかな……ブルベ終盤の僕は、
いつも後ろ向きな気持ちです。
しかし、市街地に入ると交通量がふえ、
なかには右から急に出てきたり、
左折しようとするクルマもいるので、
注意力を切らさないのが肝心。おかげで、
眠気を感じずに済んだとも言えますが……。
d0211129_1030412.jpg
ゴールは18時59分でした。
ほぼ23時間で完走。ジョイフルで受付してもらいます。
d0211129_1031726.jpg
今野さんとHさん。
さすがに今野さんも眠そうです。
主催、おつかれさまでした。
d0211129_10312765.jpg
東京組も続々とゴール。
「いやあ、徳島ラーメン食べてきましたよ〜」
その余裕が見事です。

あわよくば明るいうちにゴールして、
当日中に東京に帰りたいな〜なんて思っていたのですが、
さすがに無理。寝台特急サンライズ瀬戸のきっぷが取れるわけもなく
(直前だと、キャンセルが出て意外と取れるんですが)
高松で一泊してから帰京いたしました。
岡山始発の「ひかり」を狙ったので、
自由席でもなんとか座れました。
d0211129_10393189.jpg
500系も愛されているようです。

なにはともあれ、苦手な400kmを
年初に走り切ることができて、ほっとしました。
もう400kmは絶対に走らないぞ……そう思い続けながら
走っていたのですが、ゴールすると次のブルベを
考え出すから不思議なものですね。

寒さ対策は前回のブログで紹介させていただきましたが、
ほぼ満足いく機能を発揮してくれました。
まだまだ寒い時期が続きます。ブルベもたくさん開催されますが、
どうかみなさん万全の装備で挑んでください。
by cyclotourist | 2014-01-05 10:51 | おしらせ | Comments(13)
Commented by 竜胆急行 at 2014-01-05 19:18 x
おつかれさまでした!
年初に400kmを走れる という、その状況自体がうらやましいです^^;;
田村さんのことですから、走り出せば完走は間違いないと思ってますw

来年は私も正月ブルベ走りたいです!今から準備が必要になりそうですね
Commented by ばっきー at 2014-01-05 19:57 x
どうもお疲れ様でございました~。

うーん、私の走っている姿、インパクトありすぎw
まるで走るトドのようでございますな~。
おかげで一発で他の参加者に覚えてもらえるという特典付きです。

年始ブルベは移動も含めて大変楽しかったです~。
徳島ラーメン、美味しかったですよw
Commented by ジェームス吉田 at 2014-01-05 20:46 x
完走おめでとうございます!何はともあれ良かった、良かった。
お守り、お渡しした甲斐がありました。
うーん、なんだか本当に挑戦したくなってきました、ブルベ。
Commented by 不眠小僧 at 2014-01-05 23:05 x
お疲れ様でした。
何だかんだ言ってもさすがは編集長は強いです。
私はPC1から膝ガクでしたが楽しい走り初めでした。
Commented by ケンイチ at 2014-01-05 23:29 x
お疲れ様&完走おめでとうございます!近畿400の事は、いちご200の現場でも結構話題になってましたよ!
正月に400に出る連中はへんた…もとい、勇者だと(笑)
Commented by 輪太郎 at 2014-01-06 21:28 x
すごい、すごいし、素晴らしい。体格も年齢も、脚力や体力も乗り越えて走るランドヌール。とても及びませんが、オイラもGW頃に、2度目の200キロランをやることは決めています。それまで、このブログや本でたくさん、栄養をもらいますよ!
Commented by sisi at 2014-01-07 00:48 x
完走お疲れ様でした!ブルペ前に次回走行会ございましたら参加したいと思います!多分途中でへこたれますけどねっ!
Commented by NOM at 2014-01-07 09:07 x
完走おめでとうございます。400km苦手だったんですね。400kmが一番楽しいと思うのですが・・・自分は105逗子200kmに参加、9:30でゴールしました。今年もよろしくお願いします!
Commented by シン3 at 2014-01-07 12:28 x
お疲れさまでした。寒さが堪えられたら、新年早々に400km認定がもらえることで、SRにむけても大分楽になりますよね。

ボクも105逗子でブルベ始めでした。スタッフ扱いだったので、しんがりを全うしてきました(笑)
Commented by cyclotourist at 2014-01-08 08:57
竜胆急行様
コメントありがとうございます。
来年は、元旦ブルベなんかが企画されるかも
しれませんね。みんな初物が好きですので(笑)。

ばっきー様
コメントありがとうございます。
道中はお世話になりました。
ブルベ界の新たなアイドルめざして
がんばってください。

ジェームス吉田様
お見送り、ありがとうございました。
甲斐性あふれる兄貴のおかげで完走できました。
ぜひ、うららチャンでブルベに出ましょう!
今年は四国内での開催が多いですよ。

不眠小僧様
コメントありがとうございます。
へたれですが、表情から読み取らせないのが
江戸っ子(?)というものです(笑)。

ケンイチ様
コメントありがとうございます。
勇者と変○は紙一重ですね。

輪太郎様
MTBでブルベも一興だと思いますよ。
僕も近日、挑戦してみる予定です(言っちゃった…)。

sisi様
走行会も企画したいですね。実現の暁には
どうぞよろしくお願いします。

NOM様
逗子、おつかれさまでした。
400kmが苦手というか、ぜんぶ苦手です(汗)。

シン3様
しんがりも楽しいですよね。
またよろしくお願いします。
Commented by R at 2014-01-12 18:19 x
完走おめでとうございます&お疲れ様でした。楽しそうで羨ましかったですが、自分には無理だなと思いながら読ませていただきました。今回の四国コースは学生時代に何度か走ったのですが、思い返しても大変でした。本当によく頑張りましたね。重ねてお疲れ様でした。
Commented by cyclotourist at 2014-01-12 18:25
R様
コメントありがとうございます。
徳島では本当にうれしかったです。
元気をいただきました。
ほんの2年ほど前までは、「ブルベは無理」と
思ってました。でもなんとかなるものですね。
ぜひ、Rさんも参加されてはいかがでしょうか。
Commented by ひらまつ at 2014-01-13 22:11 x
遅くなりましたが2014開幕ブルベ400km、遠征&完走お疲れさまでした。
のっけから駅のうどんが赤いうどん入り年明けうどんとは縁起物を押さえていてさすが!
基本往復ルートなのですが夜と昼で全く風景が違うので退屈感が来ない設定だと思いましたがいかがだったでしょう。低温もそこそこで風が穏やかだったので完走率も高く「ラッキーブルベ」でしたね(笑)。

次号ランドヌール、それに次回お会いできる機会をまた楽しみにしております。
<< 三船さんとロングライド! 冬ブルベの防寒対策 >>