ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

大阪〜東京ラン 急

こんにちは、田村です。

大阪〜東京ランから、もう一週間が経ちました。
昨日のことのようでもあり、
遠い昔のことのようでもあり……。
最近めっきり記憶力が怪しくなっているので、
忘れないうちに書いてしまうことにします。

大阪から20時間以上の時を経て、
どうにかこうにか三島に着いたところまで
書きましたね。
座り込みたくなる気持ちをグッとこらえ、
箱根の登り口にあるローソンを後にしたのが
8時40分でした。

いよいよ箱根越え。三島から国道1号で登ると、
およそ距離15kmで標高差800mの上昇です。
d0211129_1231041.jpg
広い二車線の道を
淡々と走っていきます。
はっきり言って、三島側の道は退屈です。
「凍結のおそれ」なんて交通情報も出てましたが、
すでに日は高く、日差しは強く、無風とあいまって
ぽかぽか陽気です。

さほど勾配がきつくないので、
インナーロー(今回は34×25T)であれば
なんとか進んで行けます。
もちろん、悲しいほど遅いです。
すると……眠くなるんですよね。
ドリンクとかガムが効くのは始めだけで、
二度、三度と押し寄せる眠気に
抗うのは難しいものがあります。

男子たるもの峠で足を着いてどうする! という気持ちも
なくはありませんが、道半ばであっさり着地。
GPSの電池を交換したりして、
理由を周囲にアピール。誰も見ちゃいませんが。
幸い、スタート前夜に十分寝たせいか、
しばらくすると眠気が去ってくれました。
d0211129_121443.jpg
箱根峠着、10時ちょうど。
所要1時間20分は当初の予定どおり。
まあ、ここまで遅れると予定もなにも
あったものではないのですが、
心が折れなくてほっとしました。
もうくったくたに疲れましたが、
体のどこにも痛みが感じられないのが救いです。
もっともそれは、頑張ることができてない証かも
知れません……。
気温は7℃と表示されてました。
下りに備えてレインジャケットを再び着込みましたが、
なくても耐えられそうな穏やかな陽気です。
d0211129_12193829.jpg
ザ・観光地、芦ノ湖です。
蒼い湖面と朱の鳥居、そして白い富士山。
わざわざ大阪から見に来た
甲斐があるというものです(笑)。

芦ノ湖からは、国道1号の旧道を下ります。
七曲がりや女殺しなど物騒な名の激坂が待つ
つづら折れの道ですが、距離が短いのが魅力です。
勾配10%の道を、ブレーキ引きっぱなしの
びびり走法で下っていきます。
d0211129_12221877.jpg
リムの加熱が心配になったので、
畑宿で一時停止。
幸い、触れるくらいの熱さでした。
カッコつけてセミディープのカーボンホイールを
使っているのですが、
いろんな環境を走るロングライドでは、
やっぱりロープロファイルの
アルミリムが安心な気がします。

下りきったら小田原です。ここまでの走行距離は435kmほど。
もう東京まで100kmを切りました。
走ってきた道のりを思えば、
鎧袖一触の距離……なわけないでしょ〜。
d0211129_12252466.jpg
小田原のコンビニで
カルビ弁当を食べました。
なぜかお肉が美味しそうに見えたからです。
もうこの期に及んだら、ゼリーやバーで済ますか、
逆に時間を気にせずちゃんとしたお店に入ればいいだろと
思うのですが。すっかりコンビニ依存症です。

大磯からは国道134号へ。しばし1号とお別れです。
サイクリストのメッカといえるシーサイドロードを
何人かのロード乗りに抜かれつつ、淡々と走ります。
やはり追い風は微かでしかなく、
思うようにスピードが出ませんが、
もうあとは時間が解決してくれます。
たいがいの物事はそんなもんですが……。

茅ヶ崎を過ぎ、辻堂のあたりから県道30号に入り、
三浦半島をショートカットして(当たり前か)
横浜方面へ向かいます。
この道が最短距離になるようなのですが、
交通量が多く、意外とアップダウンもあったりして
悩ましい区間でした。
御殿場経由の国道246で東京入りという
選択肢もあったかなあと思いつつ、
悔やんでもしょうがないので
クルマと歩行者に気をつけて
先へ進みます。

戸塚を過ぎ、保土ヶ谷を過ぎ、横浜を過ぎたら
第一京浜へ。鶴見を過ぎ、川崎を過ぎ……
d0211129_12382947.jpg
14時すぎ、ようやく東京都です。
やっぱりホッとしますね。
不思議と元気が沸いてくるようで、
ペースも上がります。
ここに来て追い風も吹いてきた気がします(笑)。

そして大森では嬉しいサプライズも。
某氏が沿道に立っていてくれたのです。
d0211129_12454049.jpg
撮影:某氏。
「おつかれです〜。あと少し、気をつけてね」と
励ましていただきました。
こんな中途半端な時間での帰京にも関わらず、
お迎えしていただけるとは……。
ありがたい限りです。
このうえなく幸せな気分で、
日本橋までの残り10kmを走ることができました。
d0211129_1254462.jpg
日本橋が見えてきました。
あと信号ひとつ……。
d0211129_12545789.jpg
日本橋着、15時54分。
28時間の旅が終わりました。

日本橋では、日頃からお世話になっている
3人のサイクリストが待っていてくれました。
もう憎いほど粋ですね。泣かせますね。
某奇特大学生は花束をくれちゃったりして、
うれしいやら恥ずかしいやら……。
d0211129_12591095.jpg
ツイッターやミクシィ、ブログを通して
応援していただいたすべての皆様に
感謝いたします。
ノートラブルで走ってくれた
マキノ号とGOKISOにも感謝です。

また、走行ルートの計画にあたっては、
サイトcannonball!!wikiや、
ばるさんのブログおよび同人誌『ロングライダース』各巻の
記事をたいへん参考にさせていただきました。
あらためてお礼申し上げます。

結局、24時間を大幅に越えてしまい、
「キャノンボール」は夢のまた夢。
ただの大阪〜東京ランになってしまいました。
それでも、日本橋に着いた時の達成感や
ほっとした気持ちは、実に心地よいものでした。

本当は「悔しい!」って
気分になるべきかも知れませんが、
根が「のび太」みたいなものですから、
自分に甘いんですよね……。

さんざん、追い風が弱いなどと他力本願の
弱音ばかり書いてきましたが、すくなくとも
向かい風ではなく、晴天にも恵まれたのが
完走できた理由だと思います。

風情なし、グルメなし、睡眠も温泉もなし。
それだけに「自転車で走る」という、サイクリングの
本質的な楽しさを存分に味わうことが
できたと思います。
長時間の夜間走行は危険なしとは言えませんし、
24時間以内の完走をめざすとなると、
異次元の脚力が求められると思います。
「みんなもやろうよ!」と手放しで勧められる
タイプのサイクリングではありませんが、
一度は体験する価値がある……ような気がします。
来る『ランドヌールVol.5』で
記事にするべきかどうか、思案中です。

二度め? う〜ん、う〜ん……。
やっぱり走りたいような気がします(笑)。

次こそ、追い風満帆で24時間達成をめざしたいですね!
(↑あくまで他力本願)

おまけ
「ルートラボ」に登録したGPSデータです。
http://yahoo.jp/b6A5sG
http://yahoo.jp/32039E

情けない走りっぷりが如実に記録されてます。
迷走したり、間違えて自転車進入禁止(であろう)の
バイパスに数百m入ってたり、交通状況によって
┣路の二段階右折ができなかった箇所もあります。
もうしわけありません。大阪〜東京を走る際は、
ご自身でルート設定してくださいね。
by cyclotourist | 2013-11-26 14:10 | Comments(12)
Commented by babe5015 at 2013-11-26 16:51 x
お疲れ様でした。
風情なし、温泉なし、グルメなし...

むかーし、横浜のヘル○エンジェルズとか、が神戸までコーヒー飲みに行って帰って来る、っていうモーターサイクルばなしがありましたね。まさに乗ってるだけ...昔からやってますよね。

ご無事のご帰還、何よりです。
Commented by キッチョム at 2013-11-26 18:18 x
お疲れさまでした。完走おめでとうございます。やっぱり凄いです。

twitterでフォローしていて小田原で最後のランチになりそうだったんで、待ち受けて美味しい地元のものを御馳走しようとも思ったんですが主旨が違うと思って思い留まりました。ついビールを飲んじゃうとDNFですしね。
(ノ∀`)っぷ

そちらはまたの機会に御願いします。

ところで、大槻さんのところに御願いしていたTOEIのスポルティーフが完成しました。取材してくれるなら今のうちですよ~
¥^-^¥

Commented by ミウラSV at 2013-11-26 21:11 x
お疲れ様でした。
完走☆★おめでとぅ♪(祝'3`d)★☆ございます。
日本橋は会社からすぐ近くなので、ホントはお出迎えしたかったのですが、都合がつかず残念でした。
編集長らしいレポート?で楽しく読めました。
自分なら2~3倍の時間かけてしまいそうな距離です。てかまず走ろうとしないか・・・(笑
時間に関係なく走りきったことが素晴らしいです。
Commented by 輪太郎 at 2013-11-26 22:26 x
素晴らしいサイクリングでした。サイクリングの範疇には入らないのかもしれませんが・・・。私はまだ200キロまでしか経験がないのですが、それでも、200キロというのは私にとって一番長い距離で、完走したのは新しいサイクリング観を観じました。500キロ超となれば、さらに広がりがあるのでしょうね。そういう世界をのぞいても見たいですね。
Commented by ボードマン at 2013-11-27 00:47 x
いや、やはり脱帽です。
走る編集長の創る、旅する自転車本に
ますます期待です。
走る、旅する小径もお願いします。
Commented by シン3 at 2013-11-27 06:40 x
お疲れ様でした!
キャノボは、やっぱり基本的にR1じゃないとダメなんでしょうか?
ボクの使う道はあまりR1使わないんです。御前崎・蒲郡・場合によっては関が原経由・・・
Commented by suutarou at 2013-11-27 19:34 x
本当にお疲れ様でした。自分はキャノンボールという言い方ではなく耐久ランという言い方に慣れていたのですが、すごいことは一緒ですね。そういえば、日本における耐久ランの神様ともいうべき、戸田真人さんはどうされていることでしょうか?アテネ書房のバイシクルドリームにも96時間への挑戦というエッセイがありますが、その後アメリカ横断を果たされりと非常に活躍された方でしたが、できたらランドヌールでも取り上げてもらえるとうれしいです。
Commented by 竜胆急行 at 2013-11-29 09:22 x
今更ですが、お疲れ様でした^^*
制限時間に間に合わなくても、完走は見事です!
普段のBRMの条件考えれば、それでも十分ハイペースです

私はタイムに追われる走りはしない主義なんですが、
大阪は両親の出身地ですし、私もロングライド企画やりたいと思ってます
実行の際には、声かけさせていただきますね♪
Commented by cyclotourist at 2013-11-29 13:13
babe5015様
コメントありがとうございます。
ただ単に長い距離を走る、というのも
意外と楽しいものだと実感しました。

キッチョム様
コメントありがとうございます。
小田原でご当地グルメ、したかったですね。
また機会あればご一緒してください。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
おほめいただき恐縮でございます。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
下関〜大阪なんてのも楽しそうですね。

ボードマン様
コメントありがとうございます。
小径車も大好きなので、いずれは
誌面でとりあげたいと思っております。

シン3様
コメントありがとうございます。
ルートは自由みたいです。ただ、最短距離を
模索すると、どうしても国道1号メインに
なるみたいですね。

suutarou様
コメントありがとうございます。
戸田さん、伝説の方ですね。
ご教示ありがとうございます。

竜胆急行様
ロングライド企画、楽しみにしてますね。
Commented by 吉良 at 2013-11-30 05:58 x
お疲れ様です!

凄いです!

国1沿いの岡崎に、自分の職場があるので、ついちい田村さんを探してしまいましたよ。

似たような旅自転車乗りの人を見かけましたけど、別人でした。
Commented by cyclotourist at 2013-12-02 16:37
吉良様
コメントありがとうございます。
次回は心して岡崎を通過いたします。
Commented by スノーレオパード at 2013-12-02 21:43 x
完走お疲れ様でした。24時間以上走れるなんて、神です。
私なら、何処かで酒飲んで寝ちゃいます。
これが自転車趣味の、奥の深さなんでしょうね。
定年になったら、真似しようかな。
<< 交換試乗会 大阪〜東京ラン 破 >>