ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

木崎湖へ行ってきました

こんにちは、田村です。

各地で異常気象による被害が出てますね。
季節の変わり目は心配です。
みなさんがお住まいの地域に
被害がないことを祈っております。

さて、先の週末は、
信州の木崎湖へ行ってまいりました。
「木崎湖サイクルミーティング2013」です。
d0211129_1962749.jpg
土曜日、朝の木崎湖です。
ちょっと前まで台風予報でしたから、
ここまで晴れてくれれば御の字でしょう。
標高があるだけに涼しいです。
d0211129_1965228.jpg
やってますね〜。
桟橋で撮影に興じるサイクリストたち。
ここは、数々のアニメの舞台となった聖地です。

「木崎湖サイクルミーティング2013」は、
自転車のイベントとしては風変わりというか、
斬新な内容でした。

何時にどこで受付して、何時にスタートする、といった
お約束事がまるでないのです。
参加費は無料、エントリーも不要です。

d0211129_1983395.jpg
木崎湖周辺のスポットを巡る
スタンプラリー。
自由に参加して、近場をまわってスタンプを
集めれば、記念品がもらえるというもの。
d0211129_19124815.jpg
関係者一同で
物販用のテントを立ち上げます。
d0211129_19132489.jpg
先日、本ブログでも紹介したラノベ、
『止まらないで自転車乙女』のポスターを貼るのは……
なんと、著者の阿羅本景さんご本人です。
d0211129_19154865.jpg
ラノベや同人誌『ロングライダース』たちに混ざって、
本誌『シクロツーリストVol.10』も陳列。
果たしてこの場で売れるものやら……。
d0211129_19165627.jpg
設営なって華やかな物販ブース。
展示も来場者も、ウェアは
キャラクタージャージ一色です。
アニメなどの二次元カルチャーと、
サイクリストの趣向が見事に融合した
不思議な空間です。
天気予報が悪かったにも関わらず、
続々とサイクリストがやってきます。
ブルベや本ブログを通して顔見知りになった方も
いらっしゃり、とても居心地がよく
楽しい時間が過ぎていきます。
d0211129_1922815.jpg
『ろんぐらいだぁす!』にイラスト&サインをされている
三宅大志さん。漫画家さんを間近に
拝見するのはほとんど初めての体験でしたが、
その鮮やかな筆致に驚きました。さっすがですね〜。
d0211129_19211780.jpg
キャンプ場近くの温泉施設、
ゆ〜ぷる木崎湖の駐車場では、
マキノの坂西さんが、スキルトレーニングと
試乗会を展開。
僕も参加させていただきましたが、
パイロンを回る八の字走行が意外と難しく、
坂西さんのお手本走行を惚れ惚れと
眺めさせていただきました。
d0211129_22135774.jpg
お見かけした、
バレー部復活号。見事です。
d0211129_19253759.jpg
諸先生方に混ざって、
なにか話す不肖ワタクシ……。
舞い上がってしまい、ナニを話したのか
よく覚えてません(汗)。
d0211129_19264486.jpg
合間を縫って、木崎湖畔の
ヤマザキショップへ。
ここは「縁川(へりかわ)商店」として、
アニメ作品にも登場する聖地中の聖地です。
一件、フツーのコンビニなのですが……。
d0211129_192806.jpg
おそばや、おやきが大充実。
思わず頼んだ大盛りのざるそばです。
そばの産地ならではの爽やかな風味でした。
d0211129_22165167.jpg
アラヤのエクセラスポルティーフで
参上の方とお会いしました。
バッグとグローブはRSAサンバッグス。
のんびりサイクリングは、やっぱり
こんな素敵なスタイルが似合いますね。
d0211129_22145050.jpg
海ノ口駅を、湖岸側の
小道から眺めます。
いい雰囲気の駅舎です。あ、軒下に
なにか、一昨年までは見られなかったものが……。
d0211129_22152945.jpg
d0211129_22154413.jpg
JR東日本公認のようです。
おそれいりました。
ちなみに、こうしてブラブラしてる間に、
『シクロツーリストVol.10』は
完売してしまいました(汗)。
10部だけしか用意しなかったのですが、
もっと積んでおけばよかったですね。

イベント二日目も、午前中は
晴れ間がのぞき、たくさんの方が
木崎湖周辺のサイクリングと
物販や催し物を楽しんでいかれました。

こうした自由度の高いイベントは、
アニメ系のイベントではよくあるものらしく、
主催されたアウローラ社さんも
新たなサイクルイベントの形として
手応えを感じていたようでした。

サイクリングの本質的な魅力は、
風を切って走ることそのものにあると思います。
さらに、グルメや温泉(僕はあまり興味ないけど)、
史跡めぐりや写真撮影などなど、いろんな楽しみかたを
プラスできるのも、サイクリングという
遊びの特質だと思います。
そう考えると、「サイクリング・プラス・アニメ」というのも
実に相性がよかったんだなと
あらためて思いました。

そして、集まった方々が
本当に元気で楽しそうでした。
僕もその仲間でありたいと思う者ですが、
「アニメに興味はない」という方も多いと思います。

でも、こんなにパワーを感じさせるのは、
いわゆるフツーのサイクリングイベントでも
そうは多くないです。
既存の自転車文化に、いい意味で
刺激を与えてくれるものだと思いました。

日曜日も木崎湖周辺の宿に泊まり、
月曜日は帰るだけです。しかし、その前に……。
d0211129_22345453.jpg
やはり小熊黒沢林道は
登っておきたいものです。
写真の鹿島槍スキー場までの登りが
しんどいのですが、3kmほどですから
なんとかなるものです。
d0211129_22372079.jpg
スーパーカーみたいな除雪車。
ドイツ製みたいです。
d0211129_22375259.jpg
湖畔から1時間ほどで
パラグライダー場へ到着。
ちょうど、離陸準備中の方が。
d0211129_22384996.jpg
眼下の木崎湖へ吸い込まれていきました。
この絶景が、サイクリストを
魅了してやみません。

行ったばかり、帰ったばかりなのに、
また木崎湖へ行きたくて仕方ありません。
今度はテント持参で一夜を過ごしたいなあ……。

むしろ、木崎湖キャンプ場でテント生活でも、
僕の仕事はなりたつのではないだろうかと
考えている今日この頃です(笑)。
by cyclotourist | 2013-09-04 22:51 | おしらせ | Comments(5)
Commented by hiro at 2013-09-05 05:44 x
KCM2013、お天気何とか持ったみたいで良かったですね。
私も行きたかったのですが、ひと月に何度も信州に行ける訳もなく、
しぶしぶ諦めました。(嫁の目が怖いです)
本当に盛りだくさんのイベントだったようで、羨ましいです。
木崎湖周辺は私も毎年訪れる、お気に入りの場所です。
来年の夏のキャンプ、キャンプ地は木崎湖を推しておきますね(笑)

>木崎湖キャンプ場でテント生活でも、僕の仕事はなりたつ

おねツイ13話のマイク君と同じですね(笑)

ちはやふるラッピング電車の運行も来年3/31まで延長になりました。
こちらの方もお待ちしております。
Commented by こじま at 2013-09-05 08:18 x
11枚目のトークショーが地元新聞でカラーで大きく載っていたようです。真ん中に編集長が写ってましたね。全員キャラクタ0ジャージだったのは、事前打ち合わせがあったのでしょうか?
Commented by cyclotourist at 2013-09-05 21:45
hiro様
コメントありがとうございます。
木崎湖でキャンプ、いいですね〜。
近江神宮も行きたいです。
ちはやふるのジャージとかあったら
ほしいですね。

こじま様
コメントありがとうございます。
なかば自然発生的に、
キャラクタージャージが正装と言えるような
イベントでした。
ふつーのジャージを着ていた
僕が浮いているようでした(汗)。
Commented by ミウラSV at 2013-09-06 09:05 x
次のターゲットは木崎湖にロックオン?!
一度は眼下に木崎を望むロケーションで写真を撮りたいと思っています。
お酒オネティも買いたいし。
それよりも何よりも天気が持って良かったですね。
Commented by cyclotourist at 2013-09-06 15:33
ミウラSV様
コメントありがとうございます。
おねティのお酒はフルーティーで
美味しかったですよ。
<< 紀伊半島一周! 明日はKCM2013です >>