ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

自転車本いろいろ

こんにちは、田村です。

なんだか急に涼しくなって
秋めいてきましたね。
クーラーなしで過ごせるのは
助かります。なんだかんだ言って
家にいる時間が増えたものですから、
この夏は電気代が1.5倍になりました(汗)。

さて、サイクリストのみなさんは、
自転車に乗ることと同じくらい、
自転車に関する本を読むのが好きだと
思います。
突然ですが、わたくしめがここ最近
読ませていただいた自転車本を
紹介します!
d0211129_8333540.jpg
まずは、姉妹紙ともいえるこの二冊、
ロングライダース3.5』と、
『ろんぐらいだぁす!』ツーリングガイド』(一迅社)です。

同人誌の『ロングライダース』は、
この“3.5”で6号目です。
2011年にスタートしたこのシリーズが、
僕にブルベというおかしな(?)世界を
教えてくれたのでした。
本気のリポート+女の子イラストという
絶妙な組み合わせで、多くのファンを
獲得しています。
“3.5”は「ゆるふわ」がテーマですが、
巻頭からフレッシュの記事があったりして、
これまで同様のガチでリアルなリポートが
ぎゅうぎゅうと詰まった一冊です。
個人的には、佳境を迎えつつアザミさんの漫画が
読み応えありました。
坂を越える心理状態が描かれていて
激しく共感させていただきました。

一方の『『ろんぐらいだぁす!』ツーリングガイド』は、
『ロングライダース』が企画協力している漫画、
『ろんぐらいだぁす!』のコースガイド本です。

ちょっとややこしいですね(笑)

●同人誌 ロングライダース
 ↓協力
●漫画 ろんぐらいだぁす!
 ↓作中で走ったコースを紹介
●書籍 『ろんぐらいだぁす!』ツーリングガイド

というわけです。
この本では、嶺方峠、渋峠、木崎湖など、
サイクリストがいつかは走りたい名コースを
紹介しております。また、巻頭の記事は、
こちらもフレッシュ。表紙デザインも含め、
『ロングライダース3.5』とセットで
楽しめるような戦略的(?)構成となっています。
また、208ページという分厚い本ですが、
半分は自転車をテーマにした読み切り漫画集です。
どの漫画も、サイクリストなら
思わず膝を打つような共感できるお話です。

この本を拝読してシミジミ思ったのは、
サイクリストはグルメ好きが多いんだな〜
ということです。
紹介されているコースは知っていても、
紹介しているお店は知らないところばかり。
僕自身はまったくグルメに興味がないだけに、
逆に新鮮で勉強になりました。
d0211129_8592953.jpg
こんな本も手に入れました。
23日に発売されたばかりの
止まらないで自転車乙女』(著・阿羅本 景、集英社)。
ライトノベル、略して「ラノベ」です。
かわいらしいイラストを添えた、中高生向けの小説を
ライトノベルと総称するようで、
書店で大きな棚を占めるジャンルになってます。

で、この本の登場人物も、
もちろん中学生と高校生です。
女子中学生を「JC」と言うんですね。
自転車に乗れない(!)女子中学生3人が、
紆余曲折のドラマを経て
真摯に自転車と向き合うようになるという
スポコン系の物語です。
著者の方がマジなロード乗りだけあって、
サイクリスト目線で読んでも大丈夫です。
「えーそりゃないよ」と興ざめするような
記述がいっさいないのはさすがです。

しかし……

「ちょ、ちょっとあーや? 待って待って、なんでそんなねっとり……おしりなんか、なでなでしないで……んっ!」
(本文より引用)

といったセリフが多く、
オジさんには読み応えあり過ぎて
照れちゃう描写も多いです。
これがラノベの文法なんでしょうね。
でも、いつの間にか主人公たちに感情移入しちゃうのは、
ストーリーの魅力、著者の実力ゆえでしょう。
ぜひ、オジさんたちにも読んでほしい一冊です。
名門女子校が舞台なので、続巻では
お父様ないしお兄様ゆずりのエルスとかトーエイとか
ツーリング車に乗る美貌の教師、
なんていう新キャラの登場に
期待したいところです(汗)。
d0211129_9173959.jpg
さらにこんな一冊も。
同人誌『シクロポリスVol.4』です。
こちらは「虹色志向の自転車総合マガジン」とのことで、
ツーリング、ロングライド、ヒルクライムなど
自転車関連であればジャンルを絞ることなく
いろんなリポートが掲載されております。
こちらはイラスト控えめで、どこまでも
硬派で熱い記事が続きます。
いろんなところへ行ってますし、
執筆者の皆さんは文章がお上手です。
まがりなりにもプロの僕から見ても脱帽です。
d0211129_92566.jpg
こちらもおすすめです。
自転車女子はじめました』(著・北条 晶、竹書房)と、
その続編の同人誌
『自転車女子はじめてみたらね、ほら、』
です。
スポーツ自転車デビュー(復帰)から
各地へのポタリング、ツーリングのようすが
可愛らしいイラストで描かれている
ほのぼのとした自転車本です。
装備、服装、日焼け、ダイエットなどなど、
女性目線での自転車生活ガイド本です。
竹書房さんの書籍版は全編三頭身キャラですが、
同人誌のほうは美少女度がアップしてますよ。

イラストレーターさんや漫画家さん、作家さんには
自転車好きが多い! と聞いておりましたが、
本当みたいですね。
サイクリングで出会える風景と、自転車そのものの美しさが、
想像力を刺激するのでしょうか。
2.5次元系の自転車カルチャーから
ますます目が離せない今日この頃です。
d0211129_1004944.jpg
充実した我が書棚です。

ちなみに、こうした書籍や同人誌は、
街のフツーの書店では見かけづらいと思います。
もしお求めの際は、そっち系に異常に強い書店、
COMIC ZINさんが
便利だと思います。

「おまえの『シクロツーリスト』も手に入りづらい!」と
怒られそうですが、なんと本誌も
COMIC ZINさんでお取り扱いが始まりました。
売れるのかしら? と我がことながら不安です(汗)。

【最近のひびき出版】
d0211129_9532225.jpg
「ひびき出版」宛の郵便物が
迷子になりそうだったので、本社ビルに
大規模なサインディスプレイを設けました。
こうした設備投資が盛んになれば、
日本の景気回復も本物だと思います。
d0211129_954551.jpg
吉祥寺の名店、ベロクラフトさんで
ラピーズのポンプを発見。
古物は基本的に扱わない同店ですが、
たまにこんな掘り出し物が出現しますので、
同店のブログはチェックしたほうがいいですよ〜。
d0211129_9561826.jpg
浅草のオオマエジムショ
お見かけしたアプレ号。
三陸の名工房、エンメ・アッカ製造の
斬新なツーリング車フレームです。
異形パイプが素敵……ほしい。
d0211129_9585123.jpg
某夜、東京に現れたジェームス吉田さん
本誌のリポートで異彩を放つ、
香川県在住の天才サイクリストです。
夜の浅草で、人力車のガードが本所製であることを
発見しておりました。
d0211129_1022589.jpg
秋葉原で入手した「提督のカレー」。
d0211129_103052.jpg
ふつうに美味しかったです。

さ、今日も仕事するぞ〜。
by cyclotourist | 2013-08-27 10:07 | おしらせ | Comments(7)
Commented by やっぱりSW at 2013-08-27 14:19 x
仕事にとりかかるまでに相当筆力を消耗してしまったのでは・・・
Commented by hiro at 2013-08-27 22:43 x
久々の更新ですね。
ランドヌールVOL.4に向けて、お仕事真っ最中って感じですか。
さておき、自転車女子本。
私が買おうかどうしようか悩んでいる本はみんな、
買ってらっしゃいます。さすがです(笑)
10月には南鎌倉高校女子自転車部の4巻も出るみたいだし、
買わないといけない本がいっぱいで困ります。
それと、書棚に関西MTBツーリングブックを発見。
北摂に強いノーステイクさんですね、私もこの本持ってます。
山サイ研さんの秘蔵版MTBツーリングブックも持ってます。
これらの本は山サイする人のバイブルみたいなもんですね。
Commented by ミウラSV at 2013-08-28 21:21 x
ロングライダースはどちらも揃えましたが、提督のカレー、ちょっと気になりますね。
普通においしいと言うのが微妙ですが、買ってみたいです。
それにしても人力車のガードが本所製とは。さすがにジェームスさん目の付け所が違います。
Commented by cyclotourist at 2013-08-28 23:08
やっぱりSW様
微妙なコメントありがとうございます。
もともと筆力はありませんので大丈夫です(笑)。

hiro様
コメントありがとうございます。
書棚チェック、お恥ずかしい限りです。
ガルパンの同人誌なんかも混じってたりして(照)。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
提督のカレー、シール入りでおすすめです。
ミウラSVさんのコラムでは、
本誌を紹介していただき、ありがとうございます。
一緒に輪行サイクリングしたいですね。
Commented by 竜胆急行 at 2013-08-28 23:36 x
元々書籍関係に疎い私^^;;ですが、
それにしても、自転車本がこんなに出てたんですね
同人誌発のシクロツーリストが
巷に大量発生する日も近い?

こういった書籍が、そういった皆さんへの指南になるといいですね

「硬派」な私たち(笑)のために、シクロツーリストとランドヌールの方も
引き続き頑張ってください!
Commented by 吉良 at 2013-08-29 19:48 x
こんなに、自転車マンガあったんですね。
知りませんでした。
さすがジェームスさんですね。

人力車のガードが本所製なんて、よく気づきましたね。

余談ですが、築地の市場で働く人達の、年季の入った実用自転車も、本所製っぽいですよ。
Commented by cyclotourist at 2013-08-30 18:13
竜胆急行様
コメントありがとうございます。
趣味の入り口は多いほうがいいでしょうからね。
僕自身は硬派(?)な本作りに
邁進したいと思います。

吉良様
コメントありがとうございます。
本所、すごいですよね。
がんばってほしいものです。
<< 明日はKCM2013です SR600 Fuji:その4 >>