ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

SR600 Fuji:その4

こんにちは、田村です。

今日になっても、
階段を上ったりすると
足の筋肉が痛み、SR600を
思い出させます。

さて、300kmをほうほうの体で走り、
上田のホテルに滑り込んだのが16日の深夜2時半。
ビールを1リットル体に流し込み、3時に就寝。
目覚めたのは……8時でした。
5時間の睡眠です。これだけ寝れば、
だいぶ回復しました。

問題は、残る21時間であと300kmを
走れるかどうかです。
15日の5時にスタートした僕は、
17日の9時までにゴールしないと認定されません。

普通のブルベであれば、まず大丈夫と
いえるほどには体力と気力が回復しました。
しかし、二日目の行程にも登りは多く、
美ヶ原、霧ヶ峰、麦草峠、野辺山や河口湖への登り、
そして山中湖の向こうに山伏峠が
待っているのです。登り、多すぎ……。
d0211129_3441677.jpg
PC6となる信濃国分寺です。
こういう背景には、スポルティーフが似合いますね。

ブルベではこうしたツーリング車は
少数派です。ほとんどの方はロードです。
でも、僕はどちらも活用してます。

今回のトーエイ・スポルティーフは、
前後にバッグを付けています。フロントには
フォークに固定された小さなキャリアがあるので
(伝統的なツーリング車の基本装備)
バッグを下から支えることができ、
あるていど重い荷物を入れても
ハンドリングへの影響が少ないのがメリットです。
また、自転車にまたがったまま
ウェアや補給食の出し入れができますので、
使い勝手のよさは抜群です。
今回、下る時はレインジャケットを着込み、
登りでは脱ぐという繰り返しでしたので、
フロントバッグのメリットを強く実感しました。

また、600kmになると、全般的には晴天でも
標高が上がると雨に降られたり、
路面が濡れていることが往々にしてあります。
そんなとき、簡易的でないしっかりした
マッドガードは頼もしい装備です。
さらに、オーダー車の場合は
ライト類の配置や配線をスマートに
まとめることができるのも
気持ち的にはうれしいものです。

もちろん、ロードに比べての
デメリットも多いですよ。
まず、車重がかさみます。
僕ので10kgぐらいあり、ツーリング車としては
軽量なのですが、昨今のカーボンロードに
比べるべくもない重さです。

細いスチールフレームやフォークは、
しなやかな乗り心地を味わせてくれる反面、
強く踏み込んだ時は明らかにたわみますし、
下りで時速50kmを越えると、
路面からの振動に負けて挙動が
やや不安定になります。

僕のは700×28Cという太めのタイヤを
はかせてます。乗り心地がいい反面、
加速は明らかに鈍く、時速30kmといった
スピードを維持するのは、明らかに
23、25Cといったタイヤに比べると
疲れます。

こうした性格をもつスポルティーフは、
マイペースで長時間走るには、
決して悪い選択肢ではないと思います。
だから、今回のSR600はスポルティーフを
起用したわけです。
もし、絶対に40時間台で走りたいとか、
誰かのペースに合わせて走る必要がある場合は、
ロードのマキノ号を選んだと思います。

さらに、当初から雨天であれば、
ディスクブレーキ装備のケルビム・ランブラー号を
起用したと思います。もっとも、
例の盗難事件によって、今もって手元にないのですが……。

閑話休題。

ひととき安らいだ上田からは、
およそ1500mアップで美ヶ原に上がります。
絶景で知られる高原ですが、
僕は上田から上がったことはありません。
ふつう、松本から上がると思います。
d0211129_433238.jpg

案の定、上田からの道は
長く険しいものでした。観光センターを過ぎると
本格的なつづら折れの登りが
約10km続きます。SR600の二日目は
ここが勝負だと思います。
それなりに余力を残して美ヶ原に登ることができれば、
完走が見えてきます。
逆に、もうダメだ〜的な状況になったら、
上田に戻るか、松本に抜けるかして
撤退したほうが賢明です。
d0211129_471943.jpg
12時すぎ、もうダメだ〜の一歩手前で
美ヶ原に到着。胸が空くような
山並みと高原風景が広がります。
d0211129_483622.jpg
ビーナスラインのアップダウンをこなし、
扉峠の食堂へ。スタート後初めて、
コンビニ以外で食事しました(汗)。
そりゃもうなんでも絶品の
うまさに感じられます。
d0211129_494168.jpg
霧ヶ峰へ。
観光客の多さにとまどいます。
特にオートバイが多く、その爆音に
ムカッとすることもたびたびありましたが、
すばらしい高原風景が気持ちを
和らげてくれます。
なお、上田の街を出てしまうと、
白樺湖までの約60kmはコンビニがありません。
所々に観光用のレストハウスはありますが、
夜間は利用できないと思いますので、
走る時間帯によっては注意が必要です。
もっとも、この絶景区間を闇夜に
通過するのはあまりにもったいないですね。
渋峠を夜に越えた自分が言うのもナンですが(汗)。
d0211129_4133760.jpg
霧ヶ峰から白樺湖へ。
なんて清々しい……。実際は
クルマやバスが多かったのですが、
それはお盆なので仕方ないですね。
d0211129_4161954.jpg
15時、ようやく白樺湖が
眼下に見えてきました。
この先に待つ麦草峠を
明るいうちに越えて下ることができるか?
ちょっと心配になってきた頃合いです。
なお、白樺湖を過ぎると、だいぶ先の野辺山まで
補給は難しくなります。
d0211129_418019.jpg
PC8は、女の神展望台の
標識をバックに撮影します。
どいてどいて、と言えるわけがなく、
ぽか〜んと待つことしばし。
こんな時、単独行の寂しさが身に染みますね。
北に見える蓼科山のことを「女の神山」と
呼ぶそうです。へ〜。
d0211129_420305.jpg
国道で二番目に標高が高い峠、
麦草峠に着いたのは18時すぎ。
別荘地を淡々と登るしかない、標高の割には
面白みの少ない峠道です。
途中、雷鳴が轟きましたが、幸いにして
雨は降らず。左右の茂みでは
鹿がぴょんぴょん跳ねていて、
道に出てこないでと祈るばかり。

麦草峠でほぼ400km走ったことになりました。
10時間で100kmしか進んでないわけです。
このままだと完走は覚束ないわけですが、
ここからは、貯めに貯めた標高を
一気に吐き出す区間です。
野辺山へのまとまった登り返しはあるものの、
およそ80km先の芦川駅まで
ぐんぐん下る道が続きます。
d0211129_424592.jpg
野辺山の手前で日が暮れ、
国道に出たら久しぶりにコンビニがありました。
すでに20時半。再びの夜間走行に備え、
いろいろと買い込みます。
肩は凝っているものの、体のどこにも
痛みがないのが救いです。
d0211129_4294836.jpg
JR小海線と並走。
下り基調の区間だからいいものの、
そうでなかったら衝動的に
輪行しちゃいそうです。
d0211129_4305941.jpg
23時半、ようやく
芦川駅に着きました。
残るは100kmちょっと。
渋峠や美ヶ原を越えてきたのだから、
もう勝負は決まったも同然……。

しかし、芦川駅から若彦トンネルまでの
登りが終わらないこと終わらないこと……。
もはや大した標高差も距離もないのに、
時間ばかりが過ぎていきます。
鶯宿(おうしゅく)という宿場町を抜けるのですが、
僕には土地勘がないエリアなので、
不安になってきます。ひっそりと静まった集落に、
なんだかコソコソと忍び込んでいるようで
気が滅入ってきます。
d0211129_433266.jpg
若彦トンネルに着いたのは、
なんと17日の2時半です。
長かった……。途中、1、2時間は
仮眠できるかもと思いましたが、
もはやそんな余裕はなくなりました。
このトンネル、2kmと異常に長いのですが、
河口湖に向かって下り勾配なので、
ほとんどペダルを回さずに通過できました。
d0211129_4382398.jpg
3時すぎ、河口湖の
コンビニで小休止。
定番のブツで失われた鋭気を取り戻します。
深夜、湖面も見えないし、富士山も見えないし……と
思っていたら、遥か頭上に光の列が見えます。
なんだろうと不思議に思いましたが、
富士山の登山者の列なんですね、きっと。
こんな時間にご苦労なことです。
人のことは言えませんね(笑)。
d0211129_4403914.jpg
4時半、ついに最終PCがある
山中湖へやってきました。月明かりと
登山者のかすかな灯りでわずかに
富士山の存在がわかりますが……。

「SR600 Fuji」なのに、富士を
ちゃんと見なくてどうする! そう思い込み、
ここで夜明けを待つことにしました。
しかし、ただでさえ危うい残り時間を
消費するのは勇気がいるものです。
そんな時に限って、目が冴えて眠れない。
d0211129_4444840.jpg
待つこと30分、5時をすぎると、ほのかな朝日に
照らされて、くっきりした富士山を
拝むことができました。

これで我がSR600に悔いなし……のわけがない!
高尾駅へ9時までに戻らなければ、
二日間の悪戦苦闘が空しくなってしまいます。
残す距離は60km。残された時間は4時間弱。

その距離の大部分を下り基調の道志みちが占めるため、
まず間違いなく制限時間内にゴールできるはず。
できれば50時間を切りたかったけれど、
そんなことは、もはやどうでもいい。
9時までに高尾へ着きさえすれば、
晴れてランドヌール部門でSR600完走なのだから。

もう時間的に大丈夫、そう思ったとたん、
強い眠気がやってきました。
なんとか山伏峠を越え、道志みちを下り始めると、
ふっと意識が飛びそうになる瞬間が
あったように思います。

まずい、非常にまずい状況です。
完走はしたいけれど、こんな「遊び」に
命をかけるほど、僕は肝が座ってません。
なんとか道の駅にたどりつき、
ベンチに腰を下ろすと、もうまぶたを
開けていることができません。
刻々と迫る制限時間も忘れ、
深い眠りについてしまったのでした……。


以上、SR600リポートでした。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

で、制限時間内にゴールできたかどうかは、
もはやどうでもいいことのような気がしますが(汗)、
近未来的に刊行予定の『ランドヌールVol.4』にて
ご報告したいと思います。

いわゆる「速い人」は、条件さえ悪くなければ
SR600の完走は難しくないと思います。
しかし、僕のようなフツーの人にとっては、
SR600をランドヌール部門で完走することは
かなり難しいことと思います。
決して、手放しで「走ろうよ」とおすすめできる
ものではありません。
天候が崩れやすい高所の夜間走行は、
はっきり言って危険です。
くれぐれも、下りで飛ばそうなどと思わず、
時間に余裕がある計画を立ててください。
そして、天候や体調、準備が思わしくなければ
いさぎよくDNS(出走取りやめ)を。
心配性で臆病な方のほうが、
SR600には向いてるんじゃないかと思います。

あと、やっぱり夏に走るもんじゃないですね(泣)。

これからSR600を走ろうという方のために、
利用したコンビニなどのレシートの内容を、
参考までに記しておきます。

8月15日 5:00
*ファミリーマート高尾駅北口店
 アクエリアス500ml147円
 天然水南アルプス500ml105円
 あじわいカフェラテ128円
 ランチパックピーナッツ131円
 SOY JOYバナナ120円
 SOY JOYレーズン120円

8月15日 8:47
*ローソン秩父下寺尾店
 お手軽冷やし中華330円
 アクエリアス500ml147円
 アサヒスパイラルグレープ470ml147円
 (↑もちろんフィギュア狙い)

8月15日 11:03
*セブンイレブン富岡七日市店
 コカ・コーラ500ml147円
 まるごとバナナミニ105円
 ロックアイス105円

8月15日 12:04
*セーブオン松井田バイパス店
 パナジウム天然水500ml98円
 ガリガリ君ソーダ62円
 C1000 一日分のビタミン200円

8月15日 13:45
*ローソン軽井沢東店
 パーフェクトプラス即効元気204円
 ウイダーinゼリー エネルギーイン204円
 三ツ矢サイダー500ml125円
 十六茶600ml147円

8月15日 16:34
*セブンイレブン長野原大津店
 ジューシーソース焼そば298円
 眠眠打破315円
 ひきたてカフェラテ300ml168円
 三ツ矢サイダー500ml147円

8月15日 21:41
*セブンイレブン山ノ内佐野店
 エボルタ単4 4個590円
 カップヌードルビッグ195円
 ひきたてカフェラテ240ml128円

8月15日 23:07
*セブンイレブン須坂運動公園店
 ぜいたく三ツ矢王林500ml157円
 (↑とても美味しいです!)
 メガシャキガム130円

(上田泊)

8月16日 8:27
*セブンイレブン上田国分店
 ひきたてカフェラテ240ml128円
 ツナ&タマゴサンド190円
 おかかおむすび110円
 ウイダーinゼリー エネルギーイン204円
 ぜいたく三ツ矢王林500ml157円

8月16日 13:05
*和風レストラン扉
 ざるそば700円

8月16日 15:08
*ローソン白樺湖蓼科店
 オランジーナ420ml147円
 大きな五目いなり125円
 塩にぎり100円

8月16日 20:21
*ローソン野辺山店
 どんべえ得盛きつねうどん195円
 パーフェクトプラス即効元気204円
 メガシャキ100ml250円
 ブラックブラックガム100円
 インパルス単4 4P490円
 カルピスソーダ500ml147円
 三ツ矢サイダー500ml125円

8月16日 21:41
*ローソン山梨須玉町店
 ブラックコーヒー250ml120円

8月16日 22:28
*ローソン韮崎竜王町店
 メガシャキ100ml250円
 十六茶600ml147円

8月17日 3:02
*ローソン河口湖畔店
 カップヌードルビッグ195円
 強強打破399円

8月17日 4:11
*セブンイレブン山中湖インター店
 ひきたてカフェラテ240ml128円

8月17日 8:24
*ファミリーマート高尾駅北口店
 ガリガリ君梨62円


以上です。コンビニ入り過ぎ!
意外と食べ物を買ってないものの、
9573円も使ってました……。

それでは!
by cyclotourist | 2013-08-20 05:21 | おしらせ | Comments(29)
Commented by トトロ(@tri1021) at 2013-08-20 06:43 x
お疲れ様でした。
刻一刻と制限時間が迫る中、それでもしっかり富士の眺めを待つ胆力に敬服致します。
美ヶ原から霧ヶ峰、白樺湖に至る絶景区間を、まさに仰るとおり『勿体無い』夜間に通過した身には色鮮やかな青空が目に染みます。
やっぱりもう一回走りたいなあ。
Commented by yoshi at 2013-08-20 07:28 x
 うおお、何と言う結末!見事なまでの誘導は流石編集長!こうなったら速攻で「ランドヌールvol.4」を発刊して下さい(ドラマの完結を見届けるまで悶々とした日々を過ごさねばなりません)。
 でも、最終PCで富士山を見ずには終われないという気持ちは良く分かります。
Commented by 441M at 2013-08-20 07:46 x
お疲れ様でした。
これでまた本創りに精が出ますネ(笑)
Commented by NOM at 2013-08-20 08:45 x
田村さん!お疲れ様でした!次号のランドヌール楽しみです!!
Commented by babe5015 at 2013-08-20 09:03 x
ムムム...こうきましたか(>_<)
その5を残すかたちで購買意欲を...
楽しみにしています!
Commented by さわさき at 2013-08-20 09:47 x
結果は分かりましたが、Vol.04は買いますよ(^^)
Commented by ナイナイチー at 2013-08-20 09:48 x
おつかれさまでした!次号はぜひともDNF特集を!
Commented by さとう◎ at 2013-08-20 10:19 x
御坂みちが意外な強敵ですよねw
Commented by U野 at 2013-08-20 12:08 x
お疲れ様でした。
凄い頑張りですね!
無事のご帰還、なによりです!
Commented by yzfken1 at 2013-08-20 12:29 x
お疲れ様でした。
無事帰還おめでとうございます!!
自分は、8/11の5:00スタートでしたが、暑さに負けて大幅な時間超過で完走でした(笑)
Commented by カッチン(草津でDNFした人) at 2013-08-20 13:20 x
あっぱれ!
あの状態で、草津から上田までよくぞ走りきれましたね。
その後もこれ以上走れないという極限を何度も打ち破ってきたようですね。すごい。
私もフツーの人なので、今回、52時間が実は余裕がないこと理解できました。
SR600完走は難しいですが、何度でもすぐに挑戦できるのがいいです。来月、またスタートする予定です。来年も。
Commented by cyclotourist at 2013-08-20 14:22
トトロ様
コメントありがとうございます。
やっぱりもう一回走りたい、というガッツに
脱帽です。僕はしばらくいいや(笑)。

yoshi様
コメントありがとうございます。
『ランドヌール』の編集、遅々として
進んでおりません(汗)。こっちもがんばります。

441M様
そうありたいものです。本当に。

NOM様
コメントありがとうございます。
次号のランドヌールは、各SR600の記事を
満載の予定ですよ!

babe5015様
コメントありがとうございます。
折角の体験ですから、なにかしら
誌面に反映したいと思っております。

さわさき様
コメントありがとうございます。
僕のリポートはおまけ的なもので、
他にたくさんの魅力的でためになる
リポートを掲載予定です。

ナイナイチー様
コメントありがとうございます。
リクエストに応えて、次号は
「DNFの傾向と対策」特集の予定です。

さとう◎様
あの道はえぐいですね。大破炎上です。
Commented by cyclotourist at 2013-08-20 14:22
U野様
コメントありがとうございます。
これで、胸を張って(?)スポルティーフを
TOMに持っていくことができます!

yzfken1様
コメントありがとうございます。
5時スタートは、あまりよくないかも
しれないですね。完走おつかれさまでした。

カッチン様
コメントありがとうございます。
来月リベンジですか! 影ながら応援しております。
今回のDNFが、貴重な糧になると思います。
無事をお祈りしております。
Commented by hidea at 2013-08-20 16:39 x
後半、ドキドキハラハラしながら拝見させていただきました。
そして結末に、ランドヌールがもう待ち遠しいです!!
自分は山中湖を深夜に通過したので、きっちり夜明けの富士をフレームに収めているのを見ると、山中湖通過時刻を軸にスケジューリングしてまた走りたくなりました。
Commented by シン3 at 2013-08-20 20:47 x
ボクは結果は知らないので、次号が出来上がるまで待つことにします(^^)
ボクはこの夏休みのSSR、序盤で落車負傷もあったけど無事1000km走りきりました(^^)v
Commented by hiro at 2013-08-20 21:09 x
とりあえずお疲れ様でした。
上田で仮眠って言ってらっしゃったのはこの事だったのですね。
編集長が渋峠へ向って登坂されている、まさにその頃、
私は小諸駅前の居酒屋でまったりやっておりました(すんません)
充実したツーリングになりましたが、最終日に暑さでやられました。
Commented by Huret2100 at 2013-08-20 21:42 x
眠気つらいですよね。もう何でもいいから寝かしてくれ〜と天竜川の土手で寝た私はよくわかります!しかしあと60Kmまで詰め寄ったのをみて凄いなと思いました。お疲れさまでした。ご無事で何よりです。
Commented by ミウラSV at 2013-08-20 22:36 x
まずはお疲れ様でした。
自分は峠越えツーリングで脚がしばらく使い物になりませんでした。
ロングライダースな皆さんは流石ですね。
それにしても引きまくりますね~(笑
ランドヌール乞うご期待!ってやつですね。
Commented by 輪太郎 at 2013-08-20 22:55 x
この続きは絶対知りたい。次号を買うしかない。って、今までシクロ誌のランド誌も全て買っているオイラです。編集長はどうなったのか、知りたい。それも自分が過去、走ったことのある山伏峠m道志なので、余計知りたい。絶対買うぞ!
Commented by 竜胆急行 at 2013-08-21 07:39 x
いよいよ完結編!?と思ったら… やってくれますねー((笑)
でも、このブログでも辛さと楽しさが存分に伝わってきます
これは 、次のランドヌールが楽しみですね
あ、私もレポート頑張ります!
Commented by cyclotourist at 2013-08-21 10:21
hidea様
コメントありがとうございます。
「また走りたい」と思える
心の強さに脱帽です!

シン3様
すばらしい夏休みになったみたいですね。
きっとご利益あることでしょう!

hiro様
ある意味、ニアミス?
暑さは坂道以上に手強いですね。

Huret2100様
コメントありがとうございます。
ほんと、どこでも寝れる気持ちが
わかりました。やはりツーリスト部門で
ゆっくり走りたいですね。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
僕もまだ疲れが抜けません(泣)。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
道志みち、本来は癒し系なんですけど、
今回ばかりはたいへんでした。

竜胆急行様
コメントありがとうございます。
引き続きよろしくお願いします。
Commented by babe5015 at 2013-08-21 16:02 x
サイスポ10月号、ブルベ特集(ったって18ページって、すごい?)
タムラさん、出てましたねぇ。うーん、微妙な登場ですね。(^O^)
反射ベストのモデルとは・・・けど、ママチャリで600kmってほんとに
もう・・・(86ページ)しかも52歳と63歳って・・・。うーむ。
Commented by cyclotourist at 2013-08-21 20:13
babe5015様
コメントありがとうございます。
サイスポ取材陣、自転車と一緒に撮影したのに、
あの扱いは悲しいものがあります(泣)。
それにしても、宇都宮は猛者ぞろいですね!
Commented by kitamuramasa at 2013-08-23 02:50 x
ほぼコンビニ食料で1日4000円以上食べてるってのがすごいです
カロリー計算してみたらどうでありましょう

あ、リストに液体燃料500ml×2(^^)が入っていないような?
Commented by ヒラバ at 2013-08-23 15:14 x
「続きは紙面で!」新しいっ(笑)
ブログが面白すぎるのも何ですが・・
サイ*ポには倍、いや、10倍返しで!(爆)
Commented by cyclotourist at 2013-08-24 07:55
kitamuramasa様
コメントありがとうございます。
電池とか眠気避け飲料が高いんですよね……。
ホテルで飲んだ燃料系はリストアップから
外しました(笑)。

ヒラバ様
コメントありがとうございます。
新しい、ですか?
サイスポさんは永遠のあこがれです。
いつかでっかく載りたいものです。
Commented by 輪太郎 at 2013-08-24 09:53 x
サイスポが永遠の憧れと言うのは、謙虚な編集長の人柄を表していますね。でも、もう少し他誌編集長を尊重し載せてくれたら良いですね。サイスポは現編集長の熱意で、他のメジャー系2誌をリードしていると思いますが、内容充実度はシクロ誌、ランド誌、全然負けていませんね。逆パターンで、今度は岩田編集長がシクロ誌かランド誌に登場すると面白いなぁ。
Commented by haru_ogawa2 at 2013-08-25 21:52
こんにちは。
初めてコメントさせて頂きます。
たまたま知ったこちらのブログ、楽しく拝見させて頂いております。
私もロードバイクに乗っていて、ブログもやっているのですが(http://paruruharu.blog.so-net.ne.jp/)、このブルベの過酷さを拝読させて頂くと、とてもではないですが、自分に出来ることではないなと思えます。
cyclo tourist 第10号、ジュンク堂池袋本店で購入させて頂きました。こちらのブログを発見したのがきっかけです。楽しく読ませて頂きます。

Commented by 時計 人気 at 2013-09-07 21:53 x
高級腕時計
<< 自転車本いろいろ SR600 Fuji:その3 >>