ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

SR600 Fuji:その1

こんにちは、田村です。

ここ数日、音信不通になってしまい、
ご迷惑をおかけした方には
あらためてお詫びいたします。

15日から、Super Randonnée Fuji
挑んでまいりました。
d0211129_196422.png
距離600kmで獲得標高1万m、
それが「SR600」。
パーマネントと呼ばれる常設コースを走る
ブルベです。
ランドヌール部門での制限時間は、
50時間+α(獲得標高による)。
SR600 Fujiは52時間です。
二日間と少しで、フツーだったら
一週間以上かけて味わいたい道のりを走り切るのです。

決まった日に開催されるブルベ(BRM)に対し、
パーマネントのSR600は、申請した好きな日時に
走ることができます。
ひとりでもいいし、仲間と走ってもいいです。

今年から国内ではじまったSR600ですが、
この富士と、北関東、そして日本アルプス
3コースが用意されています。

思い起こせば3ヶ月前……。

5月にSR600 Fujiに挑んだ僕は、
渋峠の通行止めであえなく撤退。
たしかに通行止めだったのですが、
そこでDNFを決めたのは、ひとえに
自分の弱さゆえでした。
行程の三分の一に過ぎない地点で気力がなくなり、
渋峠にびびって撤退したのが
偽らざる現実でした。

あれから三ヶ月……。

その間、実にさまざまな出来事がありました。

盲腸で入院、退社と独立起業、盗難事件、落車骨折、
そし新生『シクロツーリスト』を刊行しました。

個人的な激動シーズンでしたが、
心のどこかで、常にSR600がひっかかってました。

走れなかった600km。
真価を試せなかったトーエイ・スポルティーフ。
僕を待っていたはずの峠を越えるために、
再び僕はSR600 Fujiにエントリーしたのです。

ブルベ完走の成否は、
事前の準備で決まるといって過言では
ないと思います。
自転車、装備、体調……なにより、
十分な休養と睡眠が必須です。
600kmのような長丁場となれば、
道中の仮眠場所の確保や
補給の計画なども欠かせません。

出走予定日は8月15日としました。
日本にとって特別な日ですが、たまたま
その前後は空いてる……はずだったのです。
d0211129_19361454.jpg
出走前夜、なぜか東京ドームにいる僕……。
娘が下手の横好きでやってる
チアリーディングの発表だったのです。
すっかり忘れていた(汗)。
ジャイアンツ・横浜戦の前座として登場した、
豆粒みたいな娘を探します……

ぶっちゃけ、東京ドームにいる
場合じゃないのに(泣)。

SR600 Fujiのスタート地点は東京の高尾です。
5時スタートに備え、八王子に宿を取っておいたのは
前回と同じです。

しかし、チアを見終わり、興味のない野球を
3回戦で切り上げ、自宅に戻り、それから自転車と装備を
持って八王子へ輪行……。
宿へ着いたのは、深夜0時でした。
d0211129_19455679.jpg
ホテルにて。
今回、ヘルメットを新調しました。
OGKカブトのKOOFUです。
実測193g。それまで使っていたヘルメットに比べ
100g以上も軽いのです。
これによって、大きく重い頭に依って生じる
肩凝りを減らす狙いです。

寝たのは1時、4時起床、なんとか5時に
高尾駅前のコンビニでレシートを受け取りました。

この時点で、「スタートする」という
最大級の峠を越えたとも言えますし、
最大のDNF要因でもある寝不足を抱え込んで
しまったわけです。
d0211129_19492721.jpg
なんと、同時刻にSR600へ挑む方が!
共に健闘と安全を祈りつつ、
相次いで走り出しました。
d0211129_1950223.jpg
秩父着8時30分。
前回とほぼ同じです。
そもそも、同じ5時スタートでよかったのかという
疑問もありますが、限られたものながら
前回の経験を活かすために、同時刻スタートと
しました。

前回は強い向かい風に遭遇しました。
そして今回は……暑さです。

分り切っていたのに、
やはり暑い。そして日が高くなると共に、
はなから限られている体力と時間を
容赦なく削ぎ取っていくのでした……。


ここまで書いて、なんだかもう
思い出と疲労で押しつぶされそうなので、
続きは次回、ということに
させていただきたいと思います……。
by cyclotourist | 2013-08-17 19:59 | Comments(7)
Commented by yoshi at 2013-08-17 20:11 x
 御疲れ様でした!私も同日の4:00スタートでSR600Fujiを走りましたのでニアミスだったのですね。御会いできず残念でした。
 続きを楽しみにしています。
Commented by 輪太郎 at 2013-08-17 22:24 x
素晴らしいですね。オイラは先日の70キロの翌日、山口錦川方面を100キロ走りました。オイラにとって100キロは数年ぶりです。あと、2~3回ならしをし、秋には個人勝手にブルベ200キロラン挑戦です。最大の峠は280mの法事峠。軟弱ですが、1日200キロランを達成したいです。編集長たちの足元にも及びませんが、本を頼りに今、対策を練っております。
Commented by カッチン at 2013-08-17 22:51 x
あれー、かの有名な田村編集長だったんですね。
良く存じ上げないで失礼しました。
「同時刻にSR600へ挑む方」こちらの写真は私です。
BRM720宇都宮600の時にランドヌール誌の取材を受けて、こちらのブログも拝見していたところだったんですよ。
私は、結局、草津でDNFしました。ブログ見てやってください。
SR600は、相当難しいことを実感しました。
次回は、もう少し涼しい季節に、
300kmあたり21時間×2日+ホテル滞在8時間+予備2時間
ぐらいの計画で再検討します。
Commented by 竜胆急行 at 2013-08-17 23:25 x
お疲れ様でした(^^)/ にしても、大津PCでの遭遇にはビックリしましたよ(^^;
Commented by kuraji at 2013-08-18 00:43 x
お疲れ様です。私は、8/11~14予定でのツーリストで初トライしましたが、初日の秩父~碓氷峠間で熱中症気味となり、ここでのダメージが尾を引き、御代田宿泊後、二日目の no.52 「岩松院入口」で再び熱中症気味となり、あえなくDNFしました。この暑さは外にいちゃいけませんよ!
Commented by 吉良 at 2013-08-18 07:39 x
おはようございます。

申請した日に走れるブルベがあるんですね!

土日休みが、殆どない自分でも、ブルベに参加できるかもしれない、微かな望みがでてきました。
Commented by cyclotourist at 2013-08-18 13:34
yoshi様
コメントありがとうございます。
同じに走ってたとは、奇遇ですね。
暑い二日間、おつかれさまでした。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
長距離ランは涼しい日に限る、
これが教訓です(笑)。

カッチン様
コメントありがとうございます。
草津での雨は、走る気を失わせますよね……。
僕は走りましたが、DNFが正解だった気がします。
おつかれさまでした。

竜胆急行様
奇跡的な再会でしたね。
めずらしく(?)竜胆さんもお疲れの
ようすでしたが、無事に完走されたのは
さすがですね。

kuraji様
コメントありがとうございます。
熱中症は意外と気がつかないから
こわいですよね。もし僕が三度目も走るとしたら、
ツーリスト部門にすると思います。
ランドヌール部門はなかなかの苦行でした。

吉良様
コメントありがとうございます。
初ブルベでのSR600は、
絶対に避けたほうがいいですよ。
期日が長いツーリスト部門なら
ありかもしれませんが……。
<< SR600 Fuji:その2 全国のジュンク堂書店様で販売されます >>