ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

小諸で待ってる

こんにちは、田村です。

『シクロツーリストVol.10』が
細々とながら世に出つつあります。

発行元が変わったことによって
これまでと流通経路も変わったため、
手に入りづらいとの声を多々いただいております。
読者様、書店様にはご迷惑をかけまして
本当に申し分けありません。

順次、お取り扱い店を増やせるよう
努力しております。長い目でご支援いただければ
幸いです。
本ブログを見ていただいてる書店様は
少ないと思いますが、『シクロツーリストVol.10』に
関するお問い合わせなどは、
従来の発行元であるグラフィック社ではなく、
現在の発行元である「ひびき出版」まで
よろしくお願いいたします。

さて……

先週の土曜日、無事に(?)終えた
「小諸200kmトライアル走行会」の後日談をお伝えします。

日曜日、奇特な有志5名で
TVアニメ『あの夏で待ってる』の
舞台めぐりポタリングを実施しました。
d0211129_15161258.jpg
小諸駅に集合。
いまは第三セクターしなの鉄道ですが、
長野新幹線ができるまで信越本線の中核駅でしたら、
駅舎にもホームにも、堂々たる風格があります。
d0211129_15192791.jpg
「なつまち」ラッピング列車が
入線してきました。
d0211129_15201134.jpg
行ってらっしゃい!
d0211129_15204730.jpg
今度は「なつまち」自転車が入線してきました(笑)。
偶然出会ったこの自転車の持ち主は、
すでに小諸を13回も訪れているとか!
ホイールに描かれているのは、
「なつまち」の真のヒロイン、柑菜ちゃんです。
d0211129_15223155.jpg
そうこうしているうちに
走行会参加メンバーも集まり、
まずは小諸城・懐古園へ。観光地にブルベ仕様の自転車が5機も
集まると、一種異様な迫力がありますね。
d0211129_15234545.jpg
小諸の扇状地を利用した
中世の名城です。
もちろん、小諸が舞台の「なつまち」には
なんどもなんども登場します。
d0211129_1525543.jpg
園内はとても美しく整備されていて、
小諸を象徴するにふさわしい場所です。
d0211129_15272072.jpg
園内の神社にはこんな絵馬も。
「痛絵馬がうまくなりたいです!」
もう十分にうまいのではないでしょうか。
d0211129_15284288.jpg
d0211129_15284048.jpg
お城の搦め手からは、
大きく蛇行する千曲川を見おろすことができます。
あのダムも見えます。
d0211129_15294737.jpg
2.5次元にトリップ中の
はやん氏と僕。右も左も、アニメに出てきた
風景ばかりです。
d0211129_15303886.jpg
左端でボーゼンとしているのは、
「なつまち」を観てない
R東京スタッフのYさんです。

懐古園を後にした一行が
向かったのは……
d0211129_15313285.jpg
東小諸の浅麓堂さんです。
「マニアのなれの果て」を自称される
中堀さんのレトロサイクルショップです。
ツーリストはともかく、ブルベ系の人をお連れして
よいのか戦々恐々でしたが、懐かしいパーツの山を
興味ぶかく眺めてました。
d0211129_15334675.jpg
箱入りのデュラエースAX。
シマノが1980年に投入した
エアロコンポです。
浅麓堂さんの主戦場とは外れるモノですが、
僕的にはグッときます。いつか、AXを装備した
エアロ車なんてほしいなあと夢を見させていただき、
浅麓堂を後にしました。
中堀さん、ありがとうございました。
d0211129_15353632.jpg
乙女駅へ。
「ほんとは、そのよこ〜がお、ふれて……」
なんの変哲もないガード下で感動が味わえる……
これが舞台めぐりの醍醐味ですね〜。
東京に比べるとうそのように涼しく、
夏は信州に限るなあと再確認。
d0211129_15362588.jpg
乙女駅のベンチで瞑想してると……
d0211129_1537216.jpg
軽井沢から戻って来たなつまち列車。
アニメと現実の境界を風がさらっていきました。
d0211129_1540447.jpg
小諸駅に戻って、とりあえず
そばでしょ、ということで駅前の
食堂に入りました。
d0211129_15414622.jpg
柑菜ちゃんのカードをもらいました。
小諸は街をあげて、「なつまち」応援中です。
d0211129_154223.jpg
駅横の本陣主屋には
「なつまちおもてなしサロン」があります。
d0211129_15443641.jpg
ここで柑菜ちゃん号と再会。
そば屋さんでもらったカードを進呈しました。
僕はイチカ先輩押し。マキノ号は赤いし、
いつか僕もホイールに……。
d0211129_15451225.jpg
なつまちグッズでいっぱいの「なつまちおもてなしサロン」。
数人のファンが濃い会話をしてます。
「○時になつまち列車きたら、10分止まってきますよ」
「なんでそんなに詳しいんですか?」
「中の人ですから」
「……さすがですね」
小諸産そば殻入り抱き枕なんてあったりして、
自転車じゃなかったら買ってしまいそうでした。
d0211129_15484337.jpg
古い民家を活用した
観光交流館です。
走行会では、こちらから長机などを
貸していただきました。ありがとうございました。

当初、激坂のうえにある布引観音などにも
足を延ばす予定でしたが、前日の疲れが残る我々は、
ほどほどで舞台めぐりを切り上げることに。
小諸駅から輪行し、軽井沢経由で、
それぞれの家路につきました。
しかし、ひとりだけは、軽井沢で別の作品の
舞台をめぐるということで、颯爽と
走っていきました。元気だなあ。
d0211129_15513123.jpg
小諸駅のホームには
巨大な「りのん」が。
ウチの娘も大好きな生体コンピュータです。

自転車で小諸に来たのは3度目でしたが、
やっぱり素敵な街です。
舞台ポタした5名中の2名は、アニメに興味がない
マトモな大人でしたが、「いい街だね〜」と
気に入っていただけたようでした。

今度はどこの舞台を訪ねようかな〜
やっぱり『ちはやふる』かな。

サイクリングの楽しみといえば、
温泉とグルメあたりが鉄板ですが、
舞台めぐりもそろそろメジャーな楽しみとして
認知されつつある……みたいですよ。
by cyclotourist | 2013-08-07 16:11 | おしらせ | Comments(9)
Commented by じてんしゃのみせ 道[タオ] at 2013-08-07 17:49 x
う~、小諸といえば『すくらっぷ・ブック』だったのに~(^^;
Commented by cyclotourist at 2013-08-07 18:14
コメントありがとうございます。
そう来ましたか〜。Yさんも
そちら系がお好きだったとは、お見それしました(笑)。
Commented by hiro at 2013-08-07 20:24 x
夏の信州ツーリング、8/15(木)は小諸泊です。
あくる日はもちろん聖地巡礼と思っていたところにこの記事、
とってもありがたいです。
次は「ちはやふる」ですか。「中二病」も一緒に回れそうですね。
GWのリベンジという事で是非ともご案内させて頂ければと思います。
京アニ本社も近くですから、けいおんグッズも御求め下さい(笑)
Commented by ミウラsv at 2013-08-07 20:57 x
小諸、軽井沢といえば高校時代の合宿地、灰色の男子校生活でした。
そして、すくらっぷ・ブック。あ、タオさん、hiroさん、みんな同じ世代だ。
そうそう、兄弟つながりで軽井沢シンドロームも。
それにしてもツーリングの目的も多種多様になってきましたね。
Commented by ジェームス吉田 at 2013-08-07 21:41 x
すくらっぷ・ブックといえばカナちゃんがカワイイのである。
あ、スイマセン、どうしてもこれが言いたくて(恥)。
Commented by はやん at 2013-08-07 22:51 x
二日目もお疲れ様でした〜。
本当にいい街でしたね。
街全体で、無理の無い自然な盛り上げ方をされていたのも心地良かったです。

皆様ご想像の通り、午後は僕だけ軽井沢シンドロームの聖地、「ら・くか」こと古月堂に参りました。

新幹線の席がいっぱいだったので、軽井沢聖地巡礼も程々に帰りましたが、
さすが避暑地、風が爽やかで気持ち良かったです。

次は碓氷峠経由で、行きたいですね〜。


Commented by 須藤 at 2013-08-08 08:18 x
中学生の頃、移動教室で小諸に行ったことがあります。
懐古園からの千曲川の流れが印象に残っています。来年は自転車で行けるかなぁ…
Commented by cyclotourist at 2013-08-08 15:14
hiro様
コメントありがとうございます。
ご存知だと思いますが、ご紹介いただいた以外にも
小諸は舞台で満載です。
至福の旅になることを祈っております。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
ガンダムの舞台めぐりができないのが
残念ですね(笑)。

ジェームス吉田様
お気持ち、しかと承りました。

はやん様
走行会、おつかれさまでした。
SR600富士なら、碓氷峠を越えますよ〜。
ぜひ!?

須藤様
コメントありがとうございます。
ぜひ、来年は一緒に懐古園から
千曲川を眺めましょう。
Commented by Densuke at 2013-08-17 06:23 x
1977年、当時から無人駅だった乙女駅の待合小屋?で勝手に一泊させてもらった事を思い出しました。C56が走っていた小海線、今は昔。
<< お取り扱い店が増えました 『シクロツーリストVol.10... >>