ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

ひさしぶりのブルベ

こんにちは、田村です。

前回の更新では多くの方々に
コメントをいただき、本当にありがたく感じております。
あらためて、お礼申し上げます。

さて、先週の土曜日はひさしぶりに
ブルベを走ってきました。
AJ千葉さん主催の
BRM608千葉200km(大子)です。
茨城県内で完結する、
今年から設けられたコースです。
d0211129_10363869.png
スタート&ゴールは
ガルパン”人気に沸く大洗です。
ブルベのコースは前年の夏までに
申請するらしいので、その神のような先見の明に
驚くばかりです。
本当は、ブルベ空白地帯に近い茨城県の方に
参加していただくために、
考えたコースとのことでした。
しかし、中盤にそびえる5つのギザギザが怖いですね〜。

大洗を8時にスタートするブルベですが、
ブリーフィングが始まる7時半までに現地へ
到着するためには、クルマがない僕には
前泊が必要になります……と理由をつけ、
実は大洗に泊まりたいだけです(照)。
d0211129_10395176.jpg
金曜日の夕方、水戸駅で待っていたガルパン列車。
d0211129_1042195.jpg
15分ほどの乗車で、大洗駅へ。
「祝優勝」……ココでは“ガルパン”はすでに現実です。
d0211129_10431516.jpg
まいわい市場を軽く物色。
「増加装甲飴」をお土産用に購入。
d0211129_10434764.jpg
街の呉服屋さん。
d0211129_10441735.jpg
大洗磯前神社の鳥居と大洗ホテル。
すでに19時。もっと早く訪れたかったけれど、
自転車を洗ったり、玄三さんのお店で整備を
頼んだりしてから出発したので、
意外と遅くなってしまいました。
d0211129_10452830.jpg
大洗ホテルの売店では、
アルバイト中(!)の冷泉麻子さんが
名刺交換してくれます。
売店の方に「名刺交換してください」と言うのは
少々照れくさかったですが、宿泊客でもありますので
勇気を出してお願い。
「れいぜいまこ、と、も〜しま〜す」と、
劇中の冷泉さんの祖母と同世代(?)なご夫人が
名刺を差し出してくれました。

食事なしでお願いした大洗ホテルは
思ったよりリーズナブルで、僕のような
寂しいひとり旅にも利用しやすい宿でした。

さて、迎えたブルベ当日。
d0211129_10505414.jpg
Kさんのトーエイです。
今回、僕もトーエイ・スポルティーフですので、
二台のトーエイが並びました。
ツーリングではよく見る光景ですが、ブルベでは
めずらしいですね!
d0211129_1122614.jpg
GOKISOハブです。
Kさんは、僕にブルベという存在を教えてくれたひとりで、
トーエイでオーダーしたブルベ車は、
僕のあこがれであり、お手本でした。
2年ぶりのブルベ復帰となるKさんとご一緒でき、
自然と気分も盛り上がります。
d0211129_110477.jpg
すごい一台を発見。
Sさんのゼファーは、内装14段仕様になっておりました。
チェーントラブルを一掃するためだとか。
軽量なロードが大多数を占めるブルベにおいて、
KさんやSさんの自転車は異色ですが、
いずれも確固たる考えと機能の追求によって
作られたツーリング車なのです。
d0211129_1131878.jpg
7時半。曇り空のもと、
集まったおよそ70名の参加者に対して
ブリーフィングがはじまります。
わずかな北風、まだ見ぬ道、そして参加者の静かな熱気。
「これがブルベだな」と、思わず軽く武者震いする瞬間です。

先月の21日に虫垂炎(いわゆる盲腸)の手術をしてから
はじめてのブルベです。さいわい、スタートしてから
60kmほどは平坦な道のり。体のようすを探りながら、
そろりそろりと走っていきます。
d0211129_116358.jpg
64km地点のPC2です。
晴れたり曇ったり落ち着かない天気ですが、
風が穏やかなのが救い。この先、60km以上先の大子まで
コンビニなどがない山道が続きますので、
たっぷりゆっくり休んでから再出発します。
d0211129_1184130.jpg
県道と農道を結んで、
奥久慈の名もなき峠を越えていきます。
Kさんや、クロスバイクで参加の方と
相前後しながら、名無し峠をひとつひとつ
じっくり越えていきます。
僕のスポルティーフのタイヤは700×27C。
ロードに比べると車重もあるので(約10kg+荷物4kgほど)
加速は鈍いですが、のんびり走るには快適。
お腹の傷が気になる今の自分には、とても優しい自転車です。
スプロケは29Tまであるので、あせらなければ
越えられない峠はありません、たぶん。
d0211129_1112329.jpg
フロントバッグには
たくさんの補給食。
今回はのんびり持久戦の旅です。
d0211129_11145290.jpg
上りがあれば下りもあるし、
風景に変化があります。たぶん、ブルベがなければ
一生知ることがなかった道ですが、県道111号や
接続する県道・農道は雰囲気がとてもよかったです。
走る機会を与えてくれたAJ千葉さんに感謝です。

なんとか山なみ区間を抜け、ひさしぶりの街並に
ほっとするのもつかのま……。
d0211129_11153994.jpg
132km地点、大子のPC3に着く頃には
激しい豪雨が襲ってきました。
降水確率はたしか30%もなかったのに……。
でも、マッドガード付き自転車の
メリットを実感できて、ちょっとうれしかったりして(汗)。
さいわい、豪雨は短時間で去りました。
d0211129_11184322.jpg
しっとり濡れた常陸路を
Kさんと南下、大洗をめざします。
集中力が途切れがちな終盤は、
同行者がいると助かるものです。もっとも、
僕は前半から交差地点を見落としたりして、
Kさんに声をかけられて気づくありさま(汗)。
d0211129_11211675.jpg
ふとGPSを見ると、
平均速度がまさかの15km台!
13時間台の完走もしくはリタイアが
ねらえるペースです(笑)。
d0211129_1126365.jpg
明るい時間に帰れるかな、なんて
大それた見込みを恥じつつ、
たっぷり夜間走行。上りや停止時のハブダイナモライトは
暗いので、やっぱりバッテリーライトも
欠かせませんね。

そしてなんとか21時少しまえに大洗へ到着。
完走所要時間は12時間35分でした。
一緒にゴールしたKさんと握手して、
お互いの健闘を称えたのでした。

ひさしぶりのブルベは、やはり体が心配で
脚に力を込める気にならず、力も湧いてきませんでしたが、
淡々と走ってればゴールは近づいてきました。
時間の余裕が少なくなり、あせった時間帯もありましたが、
そんな適度な緊張感と不安がブルベの醍醐味だなあと
あらためて思いました。

さて、以下は余談でございます。

完走の喜びを確かめながら、輪行で帰るべく大洗駅へ。
あと少しで駅、ということころで、預けたリュックを
忘れたことに気づいてUターン。

ふたたび大洗駅をめざしたものの、
狙っていた列車にタッチの差で間に合わず、
水戸から東京へ行く列車が終了したことが判明(泣)。

もうしょうがないから大洗にもう一泊……
と、したいところでしたが、
翌日曜日は、新宿発7時の特急で茅野へ行く約束があり、
それを可能にするためには、水戸まで最終列車に乗り、
水戸で宿泊する必要がありました。
翌朝、水戸発4時38分という酷な時間の列車に乗れば、
新宿へ7時までに着くのです。

輪行袋を担いで向かったビジネスホテルが
水戸駅から意外と遠く、カギを受け取って入った部屋が
掃除前の荒れた状態で替えてもらったり、
近くのコンビニでビール買ったり、
明日に備えてウェアを洗濯・乾燥させたりしていると
あっという間に軽く午前様。
いちまつの不安を感じながらベッドに潜り込むと、
案の定、寝過ごしてしまいました(泣)。

同行する予定だった方にメールでおわびを伝えつつ、
茅野への指定席きっぷを無駄にするのも惜しいので、
早めに水戸駅へ行って乗車変更してもらいました。

さすがに、ひとりでどっかへ走りに行く
気力も湧かなかったので、自宅ほぼ最寄りの
山手線・池袋駅まで輪行しました。
駅前のいつもの場所で組み立てて……
d0211129_1144521.jpg
ちょっと汚れちゃったけど、
やっぱりスポルティーフもカッコいいなあと
寝不足頭でうっとり(笑)していると……
サドルバッグを網棚に忘れたことに気づきました(泣)。

で、遺失物センターに問い合わせつつあるも、
週明けの現時点まで、回収されてません。
山手線の電車は、夕方か、おそくとも深夜に一度は
車庫に入るはずなので、
いまだに見つからないということは、
どっか行っちゃったんですかね……。

入れといた雨具や工具も惜しいけれど、
なによりも、オーダーで作ってもらった
サドルバッグ自体が大切なのです。
戻ってくるといいんだけどな……。

自業自得の間抜けなオチが付いてしまった
ひさしぶりのブルベでした(泣)。
by cyclotourist | 2013-06-10 12:03 | おしらせ | Comments(9)
Commented by ats at 2013-06-10 12:30 x
色んなドラマがあったんですね~。
今井dayの方はご心配なく。また来年行きましょう!
Commented by at 2013-06-10 12:46 x
お疲れ様でした。サドルバッグが戻ってきますように。
Commented by シン3 at 2013-06-10 14:38 x
オチと捉えるには、失ったものがデカすぎますな(^^;)

改めてお疲れさまでした!ボクがまた写ってる(^_^)
週末の、なるべく行く方向で検討します。ボクのブルベマシンチネリのフルスペックを持って行ったほうがいいでしょうか?
Commented by babe5015 at 2013-06-10 14:57 x
いや~ ブルベやはり走られたのですね 病み上がり?なのにすごいなぁ。それにしてもその後の展開もお疲れが効いたのですかね。戻るといいですね、バッグ。
Commented by cyclotourist at 2013-06-10 19:23
ats様
コメントありがとうございます。
日曜日は本当にもうしわけありませんでした。
これに懲りずまたお付き合いのほど、
伏してお願いいたします。

R様
コメントありがとうございます。
サドルバッグ、例のRSAさんに作っていただいたものなので、
自分の不注意でなくしてしまうのが
惜しいです。かなり望みうすですが、
戻ってくることを祈っております。

シン3様
土曜日はお見送り&お迎え、
ありがとうございました!
週末、どうかご無理のない範囲でお願いします。
ブルベマシン、ご負担でなければぜひ
持参ください。飲むなら輪行袋必須ですよ〜。

babe5015様
コメントありがとうございます。
おかげさまで傷は癒えました!
しかし、頭のほうがボケて失敗ばかりです(泣)。
Commented by YASU at 2013-06-10 22:50 x
こんばんは。
丁度、日立の海沿いを通るバイパスあたりでスライドしましたよ~。見覚えのある色でしたので、もしやと思っておりました。
術後間もないのに凄すぎます。

Commented by 吉良 at 2013-06-11 09:13 x
ブルベお疲れ様です。

サドルバッグって、確かあのエアロのやつですよね?

戻ってくるといいですね。
Commented by NOM at 2013-06-11 22:52 x
田村さん!お疲れ様でした。BAG戻りましたか?今度作るときは予備分も必要ですね・・・群馬400km完走しました。夜中からの渋峠越えは良い経験になりました。1にんでは絶対そんな時間に走らないと思うので・・・来年同じコースがあればぜひ走ってみて下さい。あの景色は忘れられません。
Commented by cyclotourist at 2013-06-12 12:02
YASU様
コメントありがとうございます。
ぜひ、次はお声がけくださいませ。
またお会いできることを楽しみにしてます。

吉良様
コメントありがとうございます。
サドルバッグは永久に旅立ってしまったようです(泣)。
再び作っていただけるか、
RSAさんに打診中です。

NOM様
コメントありがとうございます。
夜の渋峠! 脱帽です。
そんな400kmを完走されたとは
さすがですね。
<< 自転車が…… 独立・起業します! >>