ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

SR600:急

距離600kmで獲得標高1万m以上という
パーマネントブルベ「SR600」に挑むも、
約180km地点で通行止めの報に接した田村。
当日の上州、信州は北風が吹き込み、
4月中旬の寒さに見舞われたのだった……。
(以上、前回までのあらすじ)

d0211129_1441575.jpg
東京最西部の高尾から北上し、
文字どおり最大の山場である渋峠に
アプローチ。いよいよ正念場と思いきや、
長野原で渋峠通行止めの報に接しました。

DNF(リタイア)を決意するものの、
残念だなあとか、ほっとしている余裕はありません。
どこへ撤退するかを考えねばなりません。

長野原はJR吾妻線が通っているので、
輪行袋さえあれば、高崎経由でピューッと
自宅の最寄り駅までワープできます。

しかし、輪行袋一式461gの重さをきらって、
今回は置いてきてしまったのです。こんな時に
限ってDNFなんですね……。くう。

ちなみに「ゴミ袋輪行」は禁止です。
実は僕もやったことがありますが、
最近はおりからの自転車人気の高まりの副産物か、
マナーがよろしくない輪行サイクリストが
散見されるようです。
「専用の袋に収納」という規則がある以上、
どんな理由があっても、輪行袋なしでの
輪行は慎むべきでしょう……と思います。

となると、残された手段は……レンタカー?
運転免許ないし(汗)。
だれか呼んで来てもらう?
そんな人徳、人脈はありません(泣)。

消去法でも積極策でも、
トーエイ号で上田まで走るのが
いちばんの上策でしょう。

上田には仮眠用のホテルを事前に予約してあり、
そこに着替えなどの荷物を送ってあるのです。

幸い、周辺の地図は持っていたので
(『ツーリングマップル』のコピー)
長野原から信州・上田へ向かう道を確かめます。
長野原から上田までは
国道144号線が通っています。重くなりそうな腰を上げて
西へ向かって再スタートしたのは17時。
d0211129_1502090.jpg

上田までの距離は45km。間には標高1360mほどの
鳥居峠がありますが、渋峠に比べたら
可愛いものでしょう。峠を越えれば下りだし、
ハブダイナモとEL540があるので
ナイトランもどんとこい……と思ってたのです。
d0211129_152790.jpg
峠に着いたのは19時前。
再スタートしてすぐにコンビニに寄ったり、
もはやモチベーションは下がる一方なので、
思いのほか時間がかかりました。

そして日が没すると急速に
冷えてきました。鳥居峠でマイナス2度。
日中は20度あったのに……。
この時期の峠越えをなめてました。

ありったけの防寒ウェアを着込んだものの、
下り出すと風が痛いほど冷たく感じられ、
体全体が激しく震えるようになって
ハンドルをまっすぐ保持するのも危ういほど。

1月の静岡ブルベでは快適さを保てたウェアリングでしたが、
この日の信州、夜間、しかも峠の下りという条件下では
まったく役不足でした。なにはともあれ、
輪行袋は省いても、ウェアは省かないで
よかったです。

輪行できなくても死にはしませんが、
ウェアをケチると死ぬこともあるだろうなあと、
己の不幸中の幸いを感じました。
d0211129_158747.jpg
10kmほど下ったところで
バス停を発見、しばし休ませていただきました。
風がないだけで、体感気温は急上昇。
20分ほど滞在し、指と爪先の感覚を取り戻します。

なんとか上田のホテルに滑り込んだのは
20時半くらい。かなりしんどいダウンヒルでした。

ひるがえって考えると、鳥居峠でこのありさまですから、
もし渋峠を越えていたとしたら、志賀高原あたりで遭難か、
よくてもロッジに駆け込むなどの悲劇が
容易に予想されます。通行止めでよかったです。マジで。
d0211129_15254620.jpg
ホテルのベッドに、着ていた防寒アイテムを
並べてみました。
長袖、フルレングスの秋冬用ジャージを着た上に、
これだけのアイテムと上下レインウェアを重ね着しても
ガクガクブルブルだったのです……。
ほんと、信州なめてました。
もうしわけありません。

もし5月にSR600を走ろうという方や、
信州方面にお出かけの予定がある方は、
くれぐれも天気予報や装備に
ご注意ください。反面教師からのお願いです。

さて、上田で予定どおり(?)一泊し、
翌日は上田→東京を自走で帰りました。
だって、輪行袋ないから(汗)。

SR600はパーマネント(常設)です。
通行止めでなければいつでも走れます。
完走できるまで何度でも
走ってみようと思います!
by cyclotourist | 2013-05-09 15:47 | おしらせ | Comments(13)
Commented by NOM at 2013-05-09 16:27 x
田村さん!
お疲れ様でした。とても参考になりました。
機会があればぜひ再チャレンジして下さい!!
Commented by 441M at 2013-05-09 18:31 x
そっかぁ~、マジで通行止めに助けられたって感じですね。
私達ツーリストもこのG/Wで方々走られておりますが、
2000m前後の高所は本当に要注意な事が判りましたね。
身をもっての「啓発活動」(?)御苦労さまでした(笑)
Commented by Huret2100 at 2013-05-09 22:03 x
寒いとホントに生命の危険感じますよね。ご無事で何よりでした。上田にデポしてあったのが結果的にはよかったですね。いつかご一緒させてください!
Commented by 竜胆急行 at 2013-05-10 01:30 x
朝の気象情報を見て、「渋峠 通行止め」ってあったので、
「もしかして田村さんDNF!?」と思ってたんですが、
悪い予感が当たっちゃいましたね^^;;

というわけで、次回は是非とも輪行袋の携帯を!
軽量タイプならかなり軽いのがありますよ

※原稿の方、届いてます
仕事が死ぬほど忙しいので対応できてません ゴメンナサイ;;
週末に見直しますので(汗
Commented by yoshi at 2013-05-10 06:52 x
 御疲れ様でした!DNFは残念でしたがトラブルなく無事な帰還何よりでした。想定以上の悪条件、やはりSR600は並の600kmブルベとは違いますね。走行レポートを十二分に参考にさせて頂きます。
Commented by 腹ポ at 2013-05-10 07:57 x
DNFは残念ですが、無事帰還されて良かったです。
私も昨年GWに渋峠へ行きましたが、写真を見直すと冬と夏が同居していました。

特に先週末は気温差が激しかったですし、私も九頭竜で気温0度でした。
今の時期は、気温差が激しく難しいですね。
Commented by babe5015 at 2013-05-10 12:00 x
まさにサバイバルですね。ご無事のご帰還で何よりでした。
こういう時に撤退の判断を誤るとえらいことになりますね。
攻防のあやとでも申しましょうか。

それにつけても輪行袋ですね...
Commented by cyclotourist at 2013-05-10 13:36
NOM様
コメントありがとうございます。
6月にも再び走りたいなあと思っております。
懲りずに(笑)。

441M様
まあ、三分の一も走ってないという
体たらくなのですが(汗)。

Huret2100様
ぜひ、トーエイを並べて
雲上の峠へ駆け上がりましょう!

竜胆急行様
もう決して輪行袋を置いていったりしません!

yoshi様
コメントありがとうございます。
しかし僕は三分の一の距離も走ってないので、
なにも参考にならず申し訳ないです……。

腹ポ様
コメントありがとうございます。
寒かったり暑かったり、季節の変わり目は
むずかしいものがありますね。

babe5015様
コメントありがとうございます。
僕の場合、通行止めの報を知るのが遅かった時点で
判断を誤っていた気がします(泣)。
Commented by 金欠二児パパ at 2013-05-13 21:32 x
ブルベの話はいいんやけど、次のシクロツーリストいつ発行されるんですか?前号巻末には確か「次号vol.9は2013年5月上旬発売予定」とあったような・・・。まっ毎号楽しみにしてるので、気長には待ちますが・・・。
Commented by cyclotourist at 2013-05-16 12:39
金欠二児パパ様
コメントありがとうございます。
シクロツーリストVol.9は4月上旬に刊行済みです。
Vol.10は7月中に発行予定です。
告知不足で申し訳ありませんが、
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by 金欠二児パパ at 2013-05-21 22:22 x
私の勘違いでした。大変失礼しました!確かに発売日直後に購入しておりました。
買ったことも忘れるなんて、40代後半にもなると認知症が加速するのか?
Commented by もも at 2013-05-27 11:10 x
入院の記事からさかのぼってSR600のレポートを楽しく拝見しました。通行止めは痛かったですね。私もいつか走ってみたいです。装備の件など参考にします。
それと蛇足ながら申し上げると、文中の「役不足」は御用ならぬ誤用ではないでしょうか?素人が恐縮ですが気になりましたので…
引き続きお大事に。
Commented by cyclotourist at 2013-05-27 13:30
もも様
コメントありがとうございます。
SR600富士のコースは、もうだいぶ暖かく
なってるでしょうね。「役不足」、すいません、
誤用でした。つい使っちゃうんです。
<< おしらせ SR600:破 >>