ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

MK01試乗です!

こんにちは、田村です。

週末の関東は天候が優れませんでしたね。
予定して期待していた「山サイ」も中止でした。
しょぼん……(泣)。
安全第一ですから、やむを得ないです。

土曜日は京王閣フリマへ。
大勢の来場者でにぎわう出店を
ひとしきり物色した後は、
山サイを企画してくれたIさんと合流して
場内の食堂(居酒屋?)「まくりや」さんへ。
車券は買いませんでしたが、競輪場の
少々やさぐれた雰囲気は嫌いじゃないです。

日曜日は雨上がりを見計らって
「公園に行きたい」という娘とサイクリング。
d0211129_2371416.jpg
MTBは街乗りにもいいですね。
90年代に流行った理由を再確認したり……。
走行距離2km(笑)。

で、今日は久しぶりに
マキノサイクルファクトリーさんにお邪魔してきました。
d0211129_2395528.jpg
競輪シェアNo.1(!)の座にある工房にして、
積極果敢にリリースした
カーボンフレーム「MK01」をお借りしました!

設計は、僕のマキノ号と同じくマキノの坂西さん。
6月発売の『ランドヌールVol.3』では、三たび
坂西さんの自転車理論を掲載予定です。
で、原稿に添える写真を撮影するため、
MK01のお貸し出しをお願いしたところ……
「電車できて、そのまま自走でがっつり試乗しては?」
と、ありがたくも恐れ多いお申し出。

で、千葉の我孫子から撮影スタジオのある目黒まで
45kmほど走りました。自走……運転免許のない僕には
最高の自転車運搬方法ですね(汗)。
d0211129_2317712.jpg
いくつもの川を越えて……
d0211129_23173987.jpg
秋葉原を通り過ぎ……
d0211129_23182067.jpg
皇居をあおぎつつ……
d0211129_2319628.jpg
撮影スタジオへ。
最近はブルベの話しかしないHカメラマンです。

我孫子から都内へ入るまでの国道6号線は
トラックが多く、路肩も荒れているので
走りにくく、今日は向かい風だったのですが……

MK01のおかげで快走です。

カーボンの自転車に乗ると、軽さに感動しつつも
どうも落ち着かないというか、しっくりこない印象も
たびたびあったのですが、MK01は乗り味も好みでした。
スチールの我がマキノ号も、かなり剛性が高くて
ぐいぐい進むのですが、MK01の推進力は一段上。
車重の軽さもあいまって、まず漕ぎ出しが楽。
あっという間に巡航速度に乗ってくれます。
軽いのに剛性感も非常にあり、しなる印象は皆無。

乗り心地も悪くなかったです。
僕のマキノ号を含め、スチールフレームのように
振動をまろやかにする感じは薄いですが、
ひょいひょいクリアしていく感じ?

頑張れば(僕なりに)頑張る以上に進み、
力を抜いてもスムーズに進みます。

僕には他のカーボンフレームと比較できる
経験がほとんどないのですが、ちょっと前に乗った
トレックのドマーネよりも好みな印象でした。
ドマーネは、軽くて硬くて進む感じは強かったですが、
なにかヒラヒラと落ち着かない印象でしたが、
MK01は乗り馴れたポジションに近いこともあり
(設計者が同じだから?)
違和感なしでメリットを感じることができた
気がします。
20kmくらい走って東京都に入った頃には、
なんかもう自分の自転車だよね、って感じ(笑)。

メカがデュラエース、ホイールはシャマルでした。
スタジオでペダルなしの重量を計ったところ……
d0211129_23384145.jpg
6.5kg!
これが現在のロードなのですね。
ちなみにMサイズ。

うう、10kg切ったとかいって
よろこんでる我がMTBが空しくなる〜(泣)。

フレームは軽さが最優先事項ではないと思いますし、
部品の割合が大です。そして、
MK01は剛性重視で作られたそうで、
「たとえシートステーがなくても成り立つ」ほど
下回りのパイプが際立って太いですが、
この軽さです。

好きだからオーダーのスチールフレーム、
メカはお金ないからセカンドグレードを
愛用している僕には、このMK01は
なかなかに衝撃的でした。

ただ、MK01はカーボンなだけに、
世界中のビッグブランドが競合になるのが
宿命です。
数多のライバルの中でMK01がどのように
評価できるか、僕には皆目分かりませんが、
マドンとかターマックとか675とか695とかと
乗り比べてみたいなあと思いました。

もちろん、どれも買えないけどね(汗)。
by cyclotourist | 2013-04-24 00:07 | おしらせ | Comments(2)
Commented by 輪太郎 at 2013-04-24 08:49 x
なかなかにステキな体験ですね。私はロードでも8㌔台しか経験がありません。6㌔なんて想像できない。同じスピードなら軽やかな感じで行けるかもしれませんね。でも、しょせんオイラはエンジン小。絶対的スピードや総体距離はあんまり変わらないでしょうね。ただ、6キロ台で輪行すれば楽なのは間違いないですね。そういう意味で軽いのは良いなぁあ。
Commented by cyclotourist at 2013-04-24 22:38
輪太郎様
コメントありがとうございます。
エンジン出力の小ささでは僕もひけをとりませんが、
だからこそ、ブツにはこだわりたいなと
思っております。「しょせん」ということは
ないはずです。 出力が小さくても、軽くて
抵抗が少ないモノに乗れば、スピードも
距離も変わると思いますよ。
<< サイクルウェアが生まれる場所 トレッキングシューズ >>