ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

ブルベのお姫様

こんにちは、田村です。

なんとか「BRM330大井川300」から
帰還しました。かなり、ヘロヘロのボロボロです。

昨日の今ごろは、漆黒の闇に包まれた
山奥の細道を走っておりました。
たった一日前のできごとなのに、
なんだか遠い昔の出来事のような気がします……。
d0211129_17382638.jpg
金曜の夜に集合場所近くのホテルに宿泊。
愛野駅前のホテルへ、輪行袋を担いだまま
チェックイン。
d0211129_17391197.jpg
無事に走り切ろうな、がんばろうな……と、
愛機マキノ号+GOKISOホイールと
脳内会話しながら組み立て、装備を整えます。

この300kmブルベ参加を決めたのは
「大井川」というキーワードでした。
コースのかなりの部分が、SLで有名な
大井川鐵道沿いなのです。「鉄」には
かなり魅力的。

静岡県の袋井市をスタートしたら、
御前崎をぐるっとまわってから北上し、
大井川および大井川鐵道に沿ってぐんぐん走るコース。
千頭を越え、井川も越え、ほとんど一般道が絶える
南アルプス山麓の赤石温泉白樺荘まで。
そこから折り返し、国道362号で山中を走り続け、
天竜二俣に抜けてから袋井市へ。

東西に長い静岡県ですが、南北にも深いなあと
実感できる300kmの道のりです。

土曜日は朝5時に起床、6時前にスタート地点へ。

同じ場所がスタート&ゴールだった
1月の「いちごブルベ」では、7時近くまで
夜の暗さが残っておりましたが、
もうすっかり日が長くなりました。
d0211129_2093726.jpg
我がブルベの師匠、Sさんを発見。
今日も渋いトーエイ・スポルティーフでの参陣です。

実は、僕もトーエイでノンビリ走ろうと
思っていたのですが、やはりマキノ号で出走することに。
少しでも速く走りたい事情ができたゆえです。

それは……
d0211129_20132015.jpg
mocoさんこと笹本智子さんと
一緒に走ることになったからです。
雑誌やWebなど、多くの自転車メディアで
活躍されている自転車ガールです。

「ブルベに初めて出るので、『ランドヌール』でリポートしたい!」と、
お申し出を受けたのが数日前。

奇跡です。

自転車趣味全般にいえることですが、
女性の比率は少ないです。ブルベもご多分に漏れず、
女性の参加者はだいたい5〜10%だと思います。
でも人の半分は女性なのだから、もっと
増えるといいなあと、人として、編集者として、
そして個人的にも思っていたのです。

そんなおり、mocoさんから
ご連絡をいただいたのです。しかも、
僕もエントリーしていた大井川ブルベです。
もちろん「ご一緒に走りましょう。写真撮りますよ」と
お返事。で、彼女のブログを拝読してみると……。

すごい……。実業団の選手としても
ロードレースで活躍されているお方でした。

まずい、とてもまずい。
だって、僕がついていけないじゃん(汗)。
で、スポルティーフの使用をやめ、
少しでも速く走れるようにマキノ号にしたわけです。

ちなみに、彼女は今回の舞台である静岡の
掛川ご出身。スタート地点にはご両親もいらっしゃり、
まさにホームグラウンド。

僕的には、静岡といえば田宮模型。
タミヤといえば、「プラモのモ子ちゃん」(知ってます?)。
思わぬつながりに、
心中ひそかに萌えておりました。

脚力差は不安でしたが、
気温も寒からず暑からず。風も穏やかで
今日は最高のブルベ日和だと、スタート前は
楽観的な気持ちでおりました。

僕だって20回以上のブルベを体験し、
それなりに走れるはず。なにより、
ブルベは経験がモノをいう(と思う)サイクリングです。
そうそうmocoさんに遅れはとらないでしょ!
d0211129_2034162.jpg
序盤、御前崎へ向けて
快走するmocoさん。

はえ〜〜〜!
ほぼ無風で時速30km以上、時には35km。
速い。お嬢さん、速すぎ……。
でも、ご自身はかなりペースを抑えているご様子。

軽装だし、チューブラーだし、
はっきり言って、僕とは異次元のブルベです。

「わたし、ひきま〜す」

でもさあ、後ろについてくだけじゃあ
男子たるもの……と、がんばって時おりは
前に出たりもしたのですが、その実態は
ペースダウンのための作戦?
もう、信号待ちで止まるのが楽しみ(汗)。

40kmほど走って御前崎のPCへ。
d0211129_20465592.jpg
PCでの秘かな楽しみが、
参加者の自転車を物色すること。
トリプルボトルにしている方も。やっぱり便利ですよね。
d0211129_2048883.jpg
この自転車は、PBPも経験され、
今年はLELにも参加されるというMさんの
自転車。収納スペースの確保と
充実した電装が眼を引きました。
d0211129_20451591.jpg
このペースで完走できるかな?
かなり不安ですが、セイラさんにおだてられて
先を目指します。
d0211129_20491319.jpg
牧ノ原台地のお茶畑を抜け、
大井川に沿って北上していきます。
このあたりは、先日の
御前崎オフで走らせていただいたので、
妙に懐かしいです。
のんびりツーリングと、がんばるブルベ。
どちらも楽しいものですが、今日は……。
d0211129_20505888.jpg
左右に蛇行する大井川。
眺望を楽しみながら一服。
というより、一服できる口実でもあります(汗)。

「わたし、ノンビリ行ってます」とmocoさん。
ちょ、待って……。すでに何度も心からのお願い。
でも、声に出せないのが男のミエ。
d0211129_20533733.jpg
家山駅でSLと遭遇。
SLって、「鉄」でなくても
みんな興味津々です。
「このC11はさあ…」とか、mocoさんに
語りたくなるのをグッとがまん。
というより、SL見物のおかげで休めてラッキー(照)。
d0211129_20552842.jpg
奥大井湖上駅。
このあたりの勾配はきついっす。
勾配に強いアプト式機関車が採用されるだけはあります。
僕もmocoさんという機関車の
お荷物となって登っていきます。

なにはともあれ、井川を抜けて、
PC3で折り返し。こんどは下り基調。
ようやく、体重という、mocoさんにはない
僕のメリットが活きます。
いつもは逆のことが多いのだけど……。
d0211129_2121442.jpg
下り下ってPC4に転がり込むと、
Sさんが待っててくれました。

「もうさあ、のんびり走るから」

千人力です。Sさんにmocoさんを紹介し、
旅は道連れ、世は情け。夕暮れを迎えての
山越えの道は、仲間が多いほど安心です。
d0211129_215322.jpg
下りはレザインのメガドライブを
点灯。比較対象がないので分りづらいですが、
非常に明るいです。闇夜の下りでは、
脚力より体力より技術より、
明るさが安全には欠かせませんね。

しかし、後半に至っても
mocoさんの快走ぶりは健在。すでに彼女の
ブログで今回のブルベの印象が書かれていて、
それを読んで呆然……。

「ペース配分がわからないので常に6割」

……僕は8割越えてますよ。時には全力。
やはり地力がある方は違いますね。
そして自分を過大評価してました。

で、mocoさんと僕は完走できたのか?
彼女はともかく、僕はやばい気配でしょ(笑)。

楽しい(?)一日を過ごさせていただいた
AJ静岡スタッフのみなさんには、
あらためてお礼申し上げます。
早くから&遅くまでのご対応、
本当にありがとうございました。

今回のブルベのリポートは、
mocoさんご自身の執筆で、6月発売予定の
『ランドヌールVol.3』に掲載予定です。

初めてのブルベをリアルに
リポートしてくれることと思います。
しばらく先ですが、どうぞお楽しみに!

追伸
d0211129_2114514.jpg
ブルベ後もホテルにお泊まり。連泊です。
ぎしぎしの体にエアーサロンパスDX、
抜け殻のような心にビール。
これがなきゃあ、やってられませんよね!
by cyclotourist | 2013-03-31 21:30 | おしらせ | Comments(8)
Commented by ジェームス吉田 at 2013-04-01 03:39 x
プラモのモ子ちゃん、最初期はかなり作画レベルが・・・各コマ全て顔が右向き・同アングル(苦笑)。書棚に残っていた昭和57年発行のアニメージュ増刊号に掲載されてましたけど、まさかここで資料的価値を発揮するとは・・・・その後、随分とグレードアップした様ですが、最終回はどうなったんでしたっけ?

・・・・・・って、本題と全然関係無い!ランドヌ―ルVol3、mocoさんの記事を楽しみにしております!また一人増えました、心の太陽が(笑)。
Commented by at 2013-04-01 10:07 x
お姫様、速いなあと思っていたら、そんなバリバリな方だったのですね。
ああ、途中合流で良かった(笑)。田村さん、お疲れ様でした!
Commented by 輪太郎 at 2013-04-01 12:09 x
ご苦労様でした。速い人より、遅い人の方が長い時間楽しめるので得という考えもありと個人的には思っております。あと、人の自転車を見られるのは嬉しいです。これからもどんどんお願いします。参考になります。もちろん、ブログで見ても本は買うので安心してください。
Commented by cyclotourist at 2013-04-01 16:13
ジェームス吉田様
コメントありがとうございます。
モ子ちゃん、アニメージュに載ってたんですか!
それは貴重なご本をお持ちで。今度、見せてください。
数百円で、モ子ちゃんが解説する
プラモの作りかた本や、戦車のうんちく冊子が
いっぱいありましたよね。今度、実家に帰ったら
探してみます。次にお会いした時の
話題が増えましたね(笑)。
で、mocoさんの記事も期待大ですよ!

S様
週末はご一緒させていただき、
ありがとうございました。
PC4でお会いできた時は、本当に心強かったです。
次は神楽坂あたりの居酒屋で会いたいですね(笑)。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
たしかに、完走に時間をかけるほうが
道中を楽しめると思います。ただ、止まるためには、
その分も速く走らないといけないのが、
制限時間があるブルベのジレンマ(?)です。
本ブログや書籍が、今後も輪太郎さんの
お役に立てれば幸いです。
Commented by 腹ポ at 2013-04-02 11:36 x
モ子ちゃん、懐かしいですね~♪

って、そこに反応?(~_~;)
いやいやブルベもお疲れ様でした。

で、モ子ちゃんの末裔なら、未だ↓ここに居ますよ(笑)
http://www.sweet144model.com/index.html
Commented by まっさん at 2013-04-02 17:52 x
こんにちは。

初めまして。私もこのブルベに参加していたものです。私は6時スタートなのですが、皆様が既にPC3を折り返された時にお見掛けしました。とても速かったです^^。
すれ違いの時に”お姫様”に声を掛けて頂き光栄でした。

とても良いブルベでしたね。それでは失礼いたします。
ではヽ(´▽`)/
Commented by sea-P at 2013-04-03 00:19 x
はじめまして、こんばんは。私は6時30分スタートでした。ランドヌールを愛読させていただいております。今回PCでマキノ号を見かけたときは感動しました。声をかけようか悩みながらじろじろ見てしまい、大変失礼だったと反省しております。すみませんでした。今回一緒に走れたことをうれしく思っております。
では、失礼します。
Commented by cyclotourist at 2013-04-03 02:57
腹ポ様
コメントありがとうございます。
1/144スケールですか。昔のLSのようで
懐かしいですね。貴重な情報、ありがとうございました。

まっさん様
コメントありがとうございます。
ブログ拝読しました。ずいぶんとSLを
楽しまれたようで、うらやましいです。僕も
もっと“鉄”したかったです(笑)。

sea-P様
コメントありがとうございます。
そしてご購読ありがとうございます。
ぜひ、今度はお話しさせてください。
また一緒に走れることを楽しみにしてます。
<< SRメダルが届きました ブルベ前日の準備 >>