ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

距離38km走りました

こんにちは、田村です。

あっという間に満開を迎えた東京の桜。
みなさんはお花見などされましたか?

基本、そうした風流な催しと無縁な僕ですが、
日曜日は「桜ポタ」を楽しんできました。
『シクロツーリスト』でもお世話になっているサイクリスト、
Iさんのお誘いにいそいそとお邪魔させていただきました。
毎年、春と秋に有志を募って実施されている、
都心のお花見ポタです。

前日、「一緒に走るか?」と娘を誘ったところ、
めずらしく「うん、行く」と前向きな返事。

そこで、自分の自転車は自分でいじれないオトーさんですが、
娘の自転車、プチランブラーの調整に挑戦。
d0211129_19581148.jpg
引きが重いセンタープルブレーキ、
GC610を6歳児でも引けるようにイジリます。

先日、ベロクラフトさんを訪問した際、
とてもフレームサイズが小さいスポルティーフを
目撃したのです。小柄な女性オーナーだそうです。
GC610が使われていたので、店長の大槻さんに
「これって引きが重いっすよね」と言ったら、
「レバー握ってみて」と。

で、引いてみると……軽いのです。

「うちではほとんど調整してますから。方法? スプリングをバイスで挟んでグワーっとやるんです」

さすがです。フレームはもちろんオーダーでしたが、
部品にひと手間加えることで、トータルで
乗り手に合わせたオーダー車にふさわしい
一台に仕上げているのでした。

で、聞きかじり情報をもとに実践。
d0211129_20491.jpg
バイス(万力)は、かつて模型作りに熱中してたころに
持っていたのですが、見当たらず……。
しかし、作業台にしていた机の角に
ピアノ線を曲げるための治具が残っていたので、
これを使って無理矢理スプリングを縮めます。
d0211129_2054755.jpg
基本、力を使う作業が
苦手なので、グローブをしたりして。
d0211129_206923.jpg
どうにかこうにか、
テンションを弱める方向にスプリングを曲げます。
左が加工後、右が加工前です。

さて、桜ポタの集合場所は、日比谷公園。
集合時間は朝7時です。

むろん、クルマに載せるという選択肢は
我が家にはありません。
池袋から東京まで輪行するのもなんだかなあと思いますし
自走するしかありません。

田村家のある豊島区から日比谷公園までは
距離10km弱なので、ひとりなら
30分ほどで日比谷公園に着きます。

でも、娘と一緒だと、まあ倍をみて一時間かと予想。

すると6時には家を出ないとなりません。
そのためには起床5時半。寝起きが悪い娘には
無理かなあと思っていたのですが……。
d0211129_207949.jpg
娘、プチランブラーで快走!
早朝の東京は人車とも少なく快適です。
しかし、僕の倍、という所要時間の見積もりは
かなり甘く、20分以上も遅刻……。
歩道を走るって、時間がかかりますね。
d0211129_2091946.jpg
一時間半近くかけて、日比谷公園に到着。
すでに参加者のみなさんはお集り。
申し訳ありません、花冷えの寒い中お待たせしてしまって。
簡単な自己紹介タイムで、何人かに声をかけていただく娘でしたが、
「……………………ぉはよ」
と、父ゆずりの非社交性を発揮しまくり(汗)。
d0211129_20562695.jpg
北の丸を抜け、千鳥ヶ淵へ。
皇居周辺は見事な桜が咲きほこり、
娘も「うわ〜きれい」を連発。
d0211129_20592670.jpg
殿をつとめていただいた
T地氏に親しく話しかけていただくも、
ツンデレぶりを発揮。あとで僕に
「ねえ、なんであの人の自転車、色塗ってないの?」と。

「自分で聞いてみろよ」
「やだあ」
徹頭徹尾、内弁慶の外幽霊。
d0211129_2134122.jpg
迎賓館前にて。
ランブラーとプチランブラー、こんな
2ショットを撮りたいが為に、家庭に波風おこしながら
オーダーしたようなもの。すべて僕のわがままです。

しかし、娘もプチランブラーは大いに気に入ってるようで、
千鳥ヶ淵など、乗車禁止のところでは
「いつ乗れるの、どこから乗れるの」と激しくアピール。
自転車がもたらしてくれる
自由な移動力の虜になったようです(たぶん)。
d0211129_2171947.jpg
頼もしいみなさんと一緒に
神宮外苑へヒルクライム。
下りより登りが好きみたい。
でも、シフトレバーはうまく使えない。
d0211129_21936.jpg
Kさんのランドナー。
美しい……。
フランス流のツーリング車が、
日本の景色に調和するのはなぜでしょうか。
実用でも競争でもなく、
サイクリングという自転車の楽しみ方の
原点にあるのが、やはりランドナーなのでしょうか。
d0211129_21162667.jpg
日比谷公園に戻って、
松本楼で分不相応のランチ。
「おいしいね〜」と、
父には言うのですが、みなさんに話しかけていただくと
「……………………」
もう、本当に愛想のないチビで申し訳ありませんでした。
d0211129_2119221.jpg
T地さんに撮っていただいた一枚。
紀尾井坂の上、四谷の築堤ですね。
家では僕より態度がでかく立場も強い娘ですが、
まだまだ小さいなあ。
d0211129_21214089.jpg
Iさんに撮っていただきました。
保育園にお迎えに行くと、初見の保育士さんにも
「あ、みどりちゃんのお父さん来ましたよ〜」と
言われるほど似ているとウワサの可哀想な親子ですが、
どうなんでしょ?
少なくとも自転車はそっくりでうれしい。
「もう来年はお父さんにつきあってくれないと思いますよ。小学校に入ると、友達と遊ぶようになるから」。
と、Iさん。Iさんも女の子のお父さん。
そうかもしれないですね。
もっとも、うちはすでにつきあいは悪いですけれど(泣)。
d0211129_21281146.jpg
日比谷公園で解散後、
パレスサイクリングしたりして家路へ。

走行距離は38kmでした。
ぐずったり、くじけたりすることも考えて
輪行袋も持っていったのだけど、
往復とも走ることができました。

「疲れたけど、楽しかった」

来月は小学生になる娘。
「オヤジ、きもい」とか言うようになる前に、
できれば峠のひとつでもつきあってほしいなあ。

桜ポタに参加された皆様、お待たせしたり
お待たせしたり、お待たせしたり……で
ご迷惑かけっぱなしで申し訳ありませんでした。
これに懲りず、ぜひまたご一緒させてください。
by cyclotourist | 2013-03-25 21:46 | おしらせ | Comments(10)
Commented by Iこと、ats at 2013-03-25 21:53 x
編集長&みどりちゃん、お疲れさまでした。
最初は少し無理かなと思っていましたが、自走で来たと聞いてビックリ。
紀尾井坂もぐいぐい登っていましたね、頼もしい限りです。
また秋のいちょうポタ、お二人で是非ご参加くださいね♪
Commented by K at 2013-03-25 23:03 x
おお~~!往復自走でありましたか!
往路は輪行で寝坊かな~と思っていたのですが。
最初は大丈夫なのかなぁ?と一抹の不安がありましたが、頑張ってましたネ。親子サイクリングを拝見してほのぼのしちゃいました~。
Commented by 須藤 at 2013-03-26 00:30 x
お嬢さん、あっぱれですね!!
Commented by T地 at 2013-03-26 08:26 x
 みどりちゃんともどもお疲れ様でした。
 私の場合ですが、10km以上乗ったのって、確か小2ぐらいが初めてじゃなかったかと思います。とても疲れたと思いますが、大好きなお父さんと一緒の大冒険、きっと一生みどりちゃんの心に残ることでしょう。
Commented by よんよんいちえむおじさん at 2013-03-26 09:58 x
おとうさん、みどりちゃん、おつかれさまでした。
みどりちゃんが、がんばってくれたので、おじさんたちは
とってもたのしかったです。
また、いっしょにはしってくださいね。
Commented by cyclotourist at 2013-03-26 10:33
ats様
すてきなコースのご案内、ありがとうございました。
父子ともども今後ともよろしくお願いします。

K様
コメントありがとうございます。
すばらしい自転車を見せていただき、
目の保養になりました。

須藤様
ありがとうございます。14年後にはブルベです(笑)。

T地様
さまざまご無礼してしまい失礼しました。
僕はともかく、プチランブラーは気に入ってるみたいです。
次は正丸峠くらいは越えてみたいですね。

よんよんいちえむおじさん様
コメントありがとうございます。
娘に読ませますね。もっとも、パソコンを開くと
アニメばかり無限に見たがる困り者です。
明らかに僕の影響ですが(照)。
Commented by kawata at 2013-03-26 22:01 x
久しぶりのコメントです。
参加したかったのですが、都合で参加できず残念でした。
未就学児の38キロ走破立派です。昔足立区に住んでいて、小学生の高学年の頃大宮まで往復したのですが、その学年の頃でも大変だったのを覚えています。
T地氏の塗装なしの無垢地のケルビムの侘びさ寂びはやっぱり子供には理解できないでしょうね。(大人でも理解はかなか難しいとお思いますが、確かに輪行しても塗装の傷を気にする必要がないですよね。)
Commented by まさやん at 2013-03-27 10:39 x
いいむすめさんですよ
子供のころの体験は
必要不可欠ですね!!
Commented by まりきち at 2013-03-28 08:17 x
はじめまして。

「自転車」と「ガールズ&パンツァー」関連でいろいろ見ているうちにこちらを知ることになりました。

私も娘を持つ身としてこの回のブログ内容にとても共感し、過去の記事も読ませていただきました。

時々差しこまれる「まどか☆マギカ」ウエハースの写真や「めんま」ちゃんの看板、また「10式戦車」や「ひゅうが」の写真にはあまりにもツボでこちらをブックマークさせていただきました。

私は、それまで全く自転車趣味がなかったのですが、たまたま昨年5月にショップで見た「ビアンキKUMA」に一目ぼれをし、衝動買いをしてしまった新米自転車乗りです。

元来スピードよりも旅ものが好きではあるのですが、腰に持病を持つために未だ95kmが最長というヘタレライダーな私ですが、ゆくゆくは「目指せ!秩父、大洗」で、こちらのブログとシクロツーリスト誌さんには学ばせていただきます。

これからはちょいちょい見にこさせていただきます。
Commented by cyclotourist at 2013-03-28 13:22
kawata様
ご無沙汰しております。
幼児ですが、自転車の可能性に
大いに開眼したようです。T地氏の
自転車の侘び寂びは、僕にも分かりません(笑)。

まさやん様
コメントありがとうございます。
子供よりも、僕にとってよい体験でした(笑)。

まりきち様
コメントありがとうございます。
ぜひ、ビアンキで大洗をめざしてください。
秩父は盆地なので山越えがありますが、
大洗の周辺は平地なので、思いのほか
楽に走りつきますよ!
『シクロツーリストVol.9』で
大洗訪問コースを掲載しておりますので、
ぜひ見てやってください。
<< ろんぐらいだぁす! 軽量タイヤ >>