ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

奥武蔵サイクリング

こんにちは、田村です。

すっかり春めいてきた今日この頃です。
イヤーウォーマーやシューズカバーなしで
サイクリング楽しめる季節は
やっぱりうれしいですね!

で、去る土曜日は、
『シクロツーリスト』でお馴染み(?)の
ベテランサイクリスト、T地さんと
「奥武蔵」へ行ってまいりました。

奥武蔵といえば、サイクリストにとっては
奥武蔵グリーンラインがすぐに連想されますね。

西武池袋線や東武東上線でアクセスできるので、
地元の埼玉県南西部はもちろん、特に東京西部からの
アクセスがよい地域です。
d0211129_1194925.png
今回のコースです。

飯能駅を起点にし、名栗への道から天目指峠で
国道299号へ抜け、刈場坂峠に登り、北へ向けて
奥武蔵グリーンライン上の名のある峠たちを走り抜け、
粥仁田峠を越えて秩父盆地へ降りてみました。
距離約90km、獲得標高は1800mほど。

当初、T地氏は粥仁田峠から右へ旋回し、
8の字コースで奥多摩グリーンラインの峠を
全制覇するような壮大なコースを提案していたのですが、
「秩父で肉を食べようよ」と泣きを入れ、
距離と獲得標高を縮めてもらいました。
だって、翌日はブルベの予定だし(汗)。
d0211129_11191325.jpg
名栗の街道を逸れ、
つづら折れ3km弱で標高差200m少々を登ると
天目指(あまめざす)峠。

標高480mと小ぶりながら、
なんとも豪壮な名前を持つ峠だなあと思っていたのですが、
「アマメ」とは、このあたりで採れる
柿の一種だそうで、「サス」は山地での
焼畑耕作の方法とのこと。
峠に立っている解説板に教えてもらいました。
d0211129_11335994.jpg
奥武蔵にも熊が!
里山とはいえ侮れません。
d0211129_11353153.jpg
峠を下って国道299号線へ。
いつもながらクルマが多い道です。
間違っても、国道の正丸トンネルを
自転車で走ってはいけません。
トンネル手前から林道に入り、刈場坂峠へ向かいます。
d0211129_11382633.jpg
奥武蔵の峠道は、あんまり
展望が開けない印象もありますが、
ところどころで山塊のうえに青空が広がります。
昼なお暗い静かな杉林と、明るい開放感の
コントラストが、峠を越える醍醐味かも知れません。

今回の相棒は
ケルビム・ランブラー号です。
10kg超の車重がありますが、スプロケを
最大28Tにしているので、急がなければ
たいていの峠は登れます。
d0211129_11423011.jpg
いつもはサドルバッグを使っているのですが、
今日は小型リュック+ボトルケージに
荷物を収納してみました。
あまり重い荷を入れなければ、
リュックも悪くないですね。
d0211129_11454730.jpg
刈場坂峠は標高818m。
なんど訪れても、この看板で
写真を撮っちゃいますね〜(笑)。
稜線の峠なので、北側の展望が大きく開け、
春霞の下に高崎方面の街並を
見下ろすことができました。

刈場坂峠からグリーンラインを北上し、
大野峠、高篠峠、白石峠、定峰峠と
定番の峠を越えていきます。もっとも、刈場坂峠まで
登ってしまえば、少々のアップダウンがあるだけ。
まだ所々に雪が残っており、路面も荒れているので
やや気を使いますが、とても楽しい道のりです。
d0211129_1234081.jpg
白石峠からは
堂平山の天文台へピストン。
d0211129_1243416.jpg
「土日祝日の天気がよい日に営業」する食堂で
旬菜ランチ(600円)をいただきました。
d0211129_1275198.jpg

各種ある自家製の野菜がバイキングのように並び、
自分で好きなだけお皿にとります。
d0211129_1284476.jpg
「いや〜どれもおいしいですね」と、
僕の倍はお皿に盛り上げたT地氏。
「今日はお客さんあんまりいないから、おかわりしてもいいですよ。でもおかわりできないときもあるので。今日はいいですよ、おかわりしても。ご飯もいっぱいありますから。走ってる人は自分の食べる量がわかってますよね。いいですよ、おかわりして」。
ほとんど同じ内容をリピートする女将さん。
T地氏の食いしん坊ぶりを見抜いたのでしょうか。

この堂平山の天文台からは、南北ともに刈場坂峠以上の
展望が広がります。
自転車でピストンするのは億劫ですが、その価値がある
絶景です。ということで、写真は載せないでおきますので、
ぜひご自身の眼で確かめてください!
d0211129_1214826.jpg
奥武蔵グリーンラインのアイコンともいえる
定峰峠の茶屋です。
d0211129_12144145.jpg
なんと、ここまで萌え系文化が!
もちろん買いました(笑)。
その場でボトルに貼ろうかなと思いましたが、
定峰なので(?)、とりあえず自粛。
大弛峠とか三国峠(中津川)とか嶺方峠だったら、
きっと迷わず貼っていたと思います。

……いいかも、峠の擬人化(笑)。
勾配がゆるい癒しメイド系の○○峠ちゃんとか、
険しいけど絶景が待つツンデレ系の□□峠ちゃんとか。

閑話休題。
d0211129_12201774.jpg
定峰からは、林道をつないで
粥仁田峠へ。東屋が建つ静かな峠です。
ここからは牧場を経て東秩父村へ向かう
サイクリストが多いそうですが、手前ども二人は
西へ林道を駆け下りて皆野方面へ。
d0211129_12244820.jpg
九州を思わせるダイナミックな光景。
「遠くへ行くだけがツーリングじゃないんだよなあ。近場でもこんな素晴らしい道があるんだから」と、
大ベテランのT地氏をもうならせる奥武蔵。
秩父盆地はもうすぐそこです。
d0211129_12274099.jpg
秩父の街中へ。そして……。
d0211129_12281593.jpg
すいません、やっぱり
コッチ系の展開で(照)。
秩父は今日も“あの花”の舞台として元気です。
d0211129_12291916.jpg
そして秩父橋へ。
“あの花”のキービジュアルを飾った斜張橋は
やっぱり同好の人々で賑わってました。
「へ〜え。あ、いいですよ。好きなだけ回って」と、
“あの花”を観てないT地氏はクール。ほどほどにして
街へ戻ります。
d0211129_12313552.jpg
国道299号線沿いのプロショップ、
高野商会さんの店頭にて。
ANCHORのロゴすら、ANOHANAに見えてしまいます。
d0211129_1235550.jpg
で、これがT地氏に
行程を半減してもらう要因となった
ホルモン焼きです。以前、Iさん、Nさんとご一緒した
西武秩父駅近くの高砂ホルモンでございます。
峠越えはいいですね、お腹が減りますから!
野趣あふれる味わいと量で、ツーリングを
華麗に締めくくりました。
d0211129_12373892.jpg
で、西武秩父駅から
特急で夢見心地……のはずが、
人身事故で運休。1時間ほどで復旧したものの、
家に着いたのは23時すぎに(泣)。

寝る前に明日のブルベの支度を整えるか?
でも眠いし、早めに起きて準備するか……。
チェーンもきれいにしたいし、あれとこれを
充電しておかないと……。
などとビールを飲みながら考えているうちに、
意識を失った土曜日でした。


次回予告!
睡眠と準備と脚力が不足するヒロシに、
容赦なく迫り来る房総の林道群。
次回「決戦、BRM317千葉200km(館山)」
みんなで見てね!
by cyclotourist | 2013-03-18 12:56 | おしらせ | Comments(8)
Commented by T地 at 2013-03-18 14:36 x
 土曜日はありがとうございました&昨日は更にお疲れ様でした。
 道間違い&100m登り返しの話を隠して頂いてありがとうございます。野菜ランチ、美味しかったですね~!!川島産のお米もかなりの絶品でした。
 ところで峠擬人化ですが、よく考えると私も長野県の田口峠を「上信国境のクイーン」とか言ってますね。ちなみに上越国境のクイーンと言えば181系ときです!!
Commented by 輪太郎 at 2013-03-18 14:55 x
ステキな写真満載で、すっかり春のサイクリングって感じですね。3月末にはオイラもしまなみ桜サイクリングをしたいと思っています。写真も撮りたいですね。
Commented by cyclotourist at 2013-03-18 17:38
T地様
こちらこそ、土曜日は楽しませていただき、
ありがとうございました。途中から肉とアニメの
話ばかりしてしまい、大変しつれいしました。
峠の擬人化、計画を進めていきましょう!
181系は……。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
しまなみは桜も楽しめるんですね!
ひさしぶりに走ってみたいです。
Commented by 441M at 2013-03-18 21:14 x
私も「国鉄型特急」では181系が一番好きです(笑)
まもなく「KATO」からリニューアル版が発売されます・・・って、
鉄&アニメネタばっかじゃしょうがないでしょ(笑)
私もそろそろ走り出さないと春に間に合わない~。
Commented by hiro at 2013-03-18 22:50 x
最近はどの山でも熊が出るのですねえ。
さすがに熊には遭遇したことはありませんが、
鹿や猿はよくありますね、猪にも2回ほど。
さすがに大人の猪に接近した時は怖かったです。
MTBで山に入られるなら、ベアベルも忘れずに準備して下さいね。

あれ、今回は聖地ネタには反応しなかった(笑)
Commented by H.Kuma at 2013-03-19 08:43 x
ありゃ、うちの裏庭へようこそ。なんちゃってww
青梅の熊でございます。
このあたりは山サイ入門コースもありますので、そのうちに…
しかし何か鉄分が多い皆さんが集ってますね、自分も含め(^^;)
Commented by T at 2013-03-19 19:20 x
高野商会さんとは知合いで、たまに同業者の集まりで飲みに行ったりします。
もちろんコッチ系では無く本業のほうです(笑)
Commented by cyclotourist at 2013-03-20 09:04
441M様
お、気動車もお好きでしたが。
もう春ですからね。がんがん走りに行きましょう。
お供いたしますよ。

hiro様
コメントありがとうございます。
ハイキング中に小熊に遭遇したことはあります。
きっと親の熊も近くにいた、と地元の方に言われ、
大いにビビった記憶があります。
ベアベル、買っておきます。

H.Kuma様
コメントありがとうございます。
お庭に無断で入ってしまい、失礼しました(笑)。
やっぱり自転車と鉄道は相性がいいのでしょうか、
〜系とか、〜型というフレーズが絶えないブログですね。

T様
そうでしたか。さすが埼玉、自転車県ですね。
Tさんの店頭にも、ぜひガルパン自転車を
展示してくださいませ!
<< BRM317千葉200km(館山) Hカメラマンのロード >>