ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

家じゃ料理をしないのに

こんにちは、田村です。

サイクルツーリングと、
ブルベに代表されるロングライドは
なにがどう、違うのでしょうか?

すべてが違う? まるで同じ?

似て非なるようでいて、
やっぱり似ているんじゃないかな、と
思う今日この頃。
ツーリングもブルベも、走ろうと思えば
誰だって走れるしね(細かい突っ込みを怖れずにいえば)。

しかし! ようやく
ツーリングとブルベの違いが分かりました。
d0211129_14252893.jpg
ツーリングでは調理器具を使うけれど、
ブルベでは使いません(笑)。

ツーリングでも調理器具を持っていくとは限らないし、
回数としては、持っていくほうが少ないです。
でも、「峠でコーヒー」や「外ごはん」は
旅のシンボルであり、時には目的ですらあります。

もちろん、キャンプツーリングなら調理器具は必須。
暖かい食べ物がないキャンプなんて、ただの空しい野宿です。

ちなみに、うわさでは、ブルベで湯を沸かす方も
いるらしい!……ですが、僕は目撃しておりません。
d0211129_14373793.jpg
物欲と食欲を同時に満たすアイテム、それが調理器具。

会社と自宅に散らばっていた調理器具を集めたら、
こんなにいっぱいありました。
実家をガサ入れすれば、倍くらいになるでしょう。
足かけ20年、ちびちび買い足したり、無くしたと思って買ったら
大掃除で出てきたとか、そんな産物です。

これらのブツのなかから、調理の内容や頻度、
ツーリングの期間や行程に応じて、最適と思われる
調理器具を選んで家を出ます。

調理器具のボスは
やはり火器。バーナーとかストーブと呼ばれます。
d0211129_14414133.jpg
キャンプツーリングでの私的主力機は
OPTIMUS No.123Rスベアでございます。
ホワイトガソリン用ですが、クルマのガソリンでもOK。
でかい、重い、面倒と逆三拍子そろった名機ですが、
スチームパンクな存在感が魅力です。

欠点の多い123Rですが、
ともすれば致命的ともなるウイークポイントは、
本体と燃料タンク部が一体なので、
ヒコーキに持ち込めないこと、だと思います。

「一度でも使った形跡があるとダメ」と、
空港カウンターで宣告されたことがあります。

じゃあ、海外へ行く人とかどうしてんの?
そのたびに新品を買うのかい? と、購入当時の
代理店に聞いたものの、返事がなかった
悲しい思い出があります。

危険物扱いの123Rは、ヒコーキに乗れない宿命。

解決策は、国内なら鉄道を利用するか、
出先に123Rを送っておくのです。

一泊目の宿とか、キャンプサイトとか、
局留とか…。

手のかかる子ほど可愛いといいますが、
123Rはそんなバーナーです。
d0211129_154179.jpg
ガソリンバーナーの
欠点をすべて長所に置き換えたのが、
ガスカートリッジを使うタイプです。
写真はPRIMUS 114ナノストーブ。
d0211129_1554026.jpg
小さい、軽い、簡単。
火力も十分です。
専用カートリッジの入手性が
問題視されることもありますが、国内なら
たいてい解決できると思います。
d0211129_1511354.jpg
カセットガスが使えるタイプ。
コンビニやスーパーで買えるカセットガスが
使えるのが最大のメリット……なのですが、
マニュアル的には「専用のカセットガス」を
使わないとダメ……。
こうした矛盾と、物欲をそそらないチープな造りに
目をつむることができれば、
ツーリングのベストパートナーになり得ます。
d0211129_15164846.jpg
シンプルなアルコールバーナー。
「ウルトラライト」を追求する
ツーリストやハイカーに愛用されています。
装備を軽量化して、軽快で自由に旅をする。
そんな方におすすめ。

また一方で、メインのバーナーで米を炊きつつ
アルコールバーナーでお茶用の湯を沸かす……といった
使いかたもできます(僕はこっち)。

小さなアルコールバーナーは、
機動力重視派にも、火力重視派にも
利用価値があるのです。
d0211129_15272988.jpg
d0211129_15274178.jpg
最新のジェットボイルです。

迅速な湯沸かしに特化しており、
熱効率を高めた専用クッカー(底部にヒレがある)を使うことで、
500mlを2分少々で沸騰させるガスバーナーです。

実は、買ったばかりで、まだ使ってません(照)。
付属のゴトクを使えば汎用コッフェルでの煮炊きも
できるそうです。

本国のメーカーサイトによると
「それはすべて単純であるが強力な考えで2001年に始まりました」
と、あります(翻訳:エキサイト)

伝統的な製品が好まれる傾向が強い(と思う)
調理器具のなかで、こうしたギミック重視の
新しいバーナーは珍しいですね。
どんなもんなのか、早く使ってみたいです。
d0211129_1536347.jpg
写真の左は、ありふれた縦長コッフェルですが、
プリムスのバーナーとガスがすっぽり入ってます。
ジェットボイル、でかいっす。

ジェットボイルの急速湯沸かし力が本物なら、
ファストランやブルベ中にも使える(!?)かも
知れませんが……。
d0211129_15391722.jpg
固形燃料のエスビット。
タブレット状の固形燃料を、まるで
エンド金具のようなゴトクで燃やします。
このうえなくシンプル、軽量。

エスビットはずいぶん前に買ったのですが、
これも実は一度も使ったことがありません。
ツーリングにおいては非常用、お守りですね。

以下、スペックです。

OPTIMUS No.123R スベア
16,275円幅95×奥行き95×高さ127mm(円筒形)543g

trangia アルコールバーナー
2,310円幅75×奥行き75×高さ46mm(円筒形)113g

PRIMUS 114ナノストーブ
7,140円幅60×奥行き27×高さ76mm64g

Iwatani カセットガスジュニアバーナー
3,600円前後幅82×奥行き65×高さ96mm(収納プラケース付属)261g

JETBOIL SOL
15,000円幅106×奥行き106×高さ160mm(円筒形)372g

Esbit ポケットストーブスタンダード
1,155円幅98×奥行き75×高さ21mm88g/172g(固形燃料4gx20個含む)

おもだったバリエーションが揃いましたが、
世の中にはまだたくさんの名機がありそう。

みなさんはどんな火器をお使いですか?

これから購入を検討されるなら、
万能で小型のガスカートリッジタイプが
無難だと思いますが、自転車と同じように
知らず知らずに増えちゃうんですよね(笑)。

もちろん、気になるのは野外における実際の
煮炊き能力です。
次号の『シクロツーリスト』では、
こうした火器の比較や使いこなしを
大々的にリポートできると思っております!

どうぞ、ご期待ください。
by cyclotourist | 2013-01-22 16:02 | おしらせ | Comments(10)
Commented by Huret2100 at 2013-01-22 18:46 x
キャンプにはオプチマス00でした。最近発掘したらパッキンの具合が悪い… なんてこった、ですが、プレヒートの時間が案外楽しかったですね。エスビットも愛用してました。
たしかSRのIさんはブルべの途中の新野峠で、先行した参加者にコーヒー淹れてもらった、って話されてましたね。
Commented by こじま at 2013-01-22 18:46 x
私の愛用していた123Rは、軒先に干しておいたら、盗まれてしまいました。20素年前の悲しい話です。今は寒冷地用ボンベがメインになって20年経ちます。エスビットは持っていても使ったこと無し。付属の固形燃料はまだ使えるか不明です。
Commented by 輪太郎 at 2013-01-22 18:54 x
エスビットとEPIのガスを使ったけど、今はみな、処分しました。のんびりしたいんだけど、どうも落ち着かない。温かい缶コーヒーぐらいで良いと考える人間のようです、私は(苦笑)。本当はこういうのを使うのが日本のサイクリングの王道とは思うのですが・・・。ダメな私です。
Commented by 須藤 at 2013-01-22 19:50 x
その昔、オーストラリアと北米を旅した時は、SIGGのFIREJET(ファイヤージェット)、チベットに行った時はスベア123を持っていきました。
飛行機で行きましたが、ノーブログレムでしたよ。
Commented by ミウラSV at 2013-01-22 20:24 x
自分はEPIを使ってます。
今年はコッヘルとかも買いなおしてツーリング先での料理も楽しみたいですね。
ブルベとツーリングとそれぞれの書籍があるので、その楽しみ方の違いでも棲み分けできますね。
Commented by 乾し肉 at 2013-01-22 22:07 x
メインはPRIMUSのガスカートリッジタイプ。
サブとしてネイチャーストーブ(小)を持ってきます。が、コイツがほとんど役に立たない。
でもメラメラと燃える炎は、何物にも代え難いものがあります。許せちゃいます。
一度だけ、火を長持ちさせてお湯を沸かすのに成功しましたが、そのときの快感は格別でした。
Commented by bakky at 2013-01-22 22:22 x
初代のジェットボイルを未だに使ってます。嵩張りますし、今となっては同じような熱効率のクッカーも存在してますが、ジェットボイルはハンドリングが楽なんですよ。火をつけてお湯を沸かしている最中にも、素手で片手でひょいっと移動させられるのは便利です。かなりヘビーに使ったので二代目のも買ったんですが、安全のためボンベをセットしたまま収納出来なくなったのですぐ売却して、未だに初代を使ってます。

ブルベで使えるかというと、うーん、モンベルのフロントバックにも入りそうで入らない微妙なサイズ。新型の小さいモデルなら入るかな。
Commented by hiro at 2013-01-22 23:20 x
こんばんわです。
トランギアにエスビット、私も持っています。
ガスは今となっては珍しいキャンピングガス。
EPIやプリムスが出るまでは、ガスと言えばコレだったのですが。
エスビットは中高生の頃使ってて、どっかやってしまいました。
たまたまアマゾンで見つけて衝動買い(笑)
先日の山行で使おうと思ってたら、
雪で腰を下ろすところがなく、結局使わずじまい。
次こそは、おしるこでも作りたいですね。
Commented by 竜胆急行 at 2013-01-23 01:11 x
縦長コッフェルとミニバーナーだけ持ってます
昔、富士登山用に買いました
…が、当日は極寒暴風で、そのまま帰ってきた悲しい思い出が…

BRMではお湯をわかす暇あったらコンビニでチンしてもらうし
結局一度も使ってません^^;;

そーか。BRMのない週に山へ出かければいいんですね♪
Commented by cyclotourist at 2013-01-23 07:47
たくさんのコメント、ありがとうございます!
みなさんの火器遍歴、いちサイクリストとして
とても興味深く読ませていただきました。
お礼は次のブログで〜!
<< 火器テスト 人の縁 >>