ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

準天頂衛星初号機「みちびき」

こんにちは、田村です。

新しく手に入れたハンディGPS、
eTrex 30Jの特徴は、国産の人工衛星「みちびき」の
信号を利用できる……らしいです。
d0211129_12265967.jpg
準天頂衛星初号機「みちびき」
(JAXAのホームページより)

いつまでもアメリカの衛星を借りてたら
イカンだろうという理由で(たぶん)
開発、打ち上げされた衛星が「みちびき」です。

いまある1基の費用は700億円超とか。
近未来的に、最低3基体制にして、季節や時間を問わずに
高い測位精度を提供してくれる…らしいです。
d0211129_12314624.jpg
衛星の測位状況を
表す画面を比較してみました。
左は従来のGPS信号だけを利用できるEdge 800J。
右は、ロシア系のGLONASSや「みちびき」も
利用できるeTrex 30J。

たぶん、真ん中にある193番が
「みちびき」だと思われます。それにしても、
見える範囲だけでもたくさんのGPS衛星が
飛んでいるもんですね。

Edge 800Jの測位精度が12mに対し、
eTrex 30Jは3mと表示されてます。
これが「みちびき」の実力なのか!?

基本的に車道しか走らない僕のサイクリングでは、
そこまでの高精度を求める必要はなさそうですが、
山サイなんかをたしなむ方は、
精度は高ければ高いほど安心だと思います。
d0211129_12423949.png
ルートラボでの計画コース。
d0211129_12425498.png
実際の走行ログ(Edge 800J)を表示させた画面。
けっして、僕がフラフラ酔っぱらい運転した
わけではありません。これが誤差なんでしょうね。
ビルの裏道なんかだと、
もっと誤差は大きくなるそうです。
eTrex 30Jなら、こうしたログの精度向上も
期待できそうですね!

せっかくある国産衛星なのですから、
対応機器がもっと増えるといいなあと思います。
ハンディGPS自体も、国産で良い製品が
登場すれば、いうことなしですね。

21世紀になってもスペースコロニーや
モビルスーツは実現しませんでしたが、
僕たちの宇宙世紀は、GPSによって
始まっているのかもしれません。
by cyclotourist | 2013-01-17 12:47 | おしらせ | Comments(2)
Commented by 輪太郎 at 2013-01-18 16:14 x
去年11月にSONYのを買った最大の理由は価格。何せオープンセールで19800円でしたから(今は再度高くなっています)。買う前に「ハンディGPSパーフェクトガイド」って本を買い勉強しましたが、価格の前に全て吹き飛びました。まぁSONYだからそう悪いはずはないという思いもありました。その本によると編集長のモデルは59800円ですかね。良さそうだけど、やっぱり高いなぁ。こういうの欲しいけど(笑)。
Commented by 吉良 at 2013-01-20 23:59 x
こんばんわ

僕は、ルートを調べる時に通常のGPSナビや紙の地図だけでなく、航空写真も参考にしてます。

ぱっと見で、その土地の地形も分かりやすいですし、ズームアップすれば、詳細も分かりますよ。

自分仕事が、バス運転士してますので、土地勘のない所で、道を間違えたら、後が大変なので、航空写真も活用せざるおえない状況です。(笑)
<< セイコーマート eTrex30J >>