ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

サドルバッグ到着

こんにちは、田村です。

今日は寒かったですね〜。
GPSとサイクルコンピュータ、双方とも
午前中に0℃を表示。寒いわけだ。

そんななか、絹自転車製作所さんを
訪問してきました。
d0211129_19424771.jpg
埼玉県、というより
奥武蔵といった里山にある
ハンドメイド自転車の聖地です。

本誌『シクロツーリストVol.3』などで
紹介させていただいた工房ですが、それらの
取材はライターさんに担当してもらったので、
僕は初めての訪問でした。広い工房にびっくり!
d0211129_1948863.jpg
あるじの荒井さん。
“日本らしい自転車”について、
真摯な想いを語っていただきました。
ちなみに、写真は工房で自炊中の様子。
僕も住み込んでフレーム作りを教わりたいものです。

さて、往復100km走って編集部に戻ると……
d0211129_21193550.jpg
先日オーダーしていた
suewのサドルバッグが到着してました!
d0211129_21212144.jpg
愛用してきたオルトリーブの
サドルバッグLより、ひと周り大きい印象。
d0211129_21223587.jpg
ベルトで、シートレールと
シートピラーに装着。
写真はかなり容量を絞った状態。
d0211129_2123194.jpg
もう少し入れてみた状態。
ブルベに僕が必要とする装備が
余裕で収まります。
左右二対のストラップで絞れるので、
容量に合わせてしっかりホールドできます。
d0211129_21275047.jpg
オプション設定の
ショックコードループ&ショックコードを
付加してもらいました。
脱いだレインウェアの一時収納に便利です。

そして、さらにテールライトのホルダーを
付けてもらいました。
オプション設定にない仕様ですが、
suewの清藤さんにお願いしたところ、快諾してくれました。
d0211129_2132038.jpg
こんな感じで
クリップ付きのテールライトを付けることができます。

オルトリーブではこうしたホルダーがなく、
それでも後方からの視認性を高めたかったので、
今まではベルトに無理矢理付けてたのですが、
これならスマートかつ確実です。

なお、ブルベでは「テールライトは車体に装着」という
規則があります。ですので、これは二灯目の
テールライトとなります。長時間の夜間走行を経験すると、
フロントと同じかそれ以上に、テールライトの
重要性を実感します。そんな時、後ろからいちばん
目立つ位置にあるサドルバッグに付ける
テールライトは、効果絶大だと思います。

そして、このホルダーは……
d0211129_21372699.jpg
ブルベカードに対応した
内ポケットのフラップを兼ねているのです!

「ブルベカードが入るポケットがあるといいなあ…」と、
お願いするともなく言った僕の
つぶやきを、清藤さんはしっかり覚えていてくれ、
こんな形で実現してくれたのです。

こうした配慮をしていただけることは
既製品ではありえないですし、オーダーならではだと思います。

とはいえ、このホルダー+ポケットは
既存のオプション設定にない仕様なので、
興味ある奇特な方がいらっしゃったら、
suewさん(代表の清藤さん)にお問い合わせくださいね。
なお、構造上、開口部の巻き込みを少なくした
最大容量に近い状態の時は、ホルダーが
上を向くこともあります。
d0211129_2144140.jpg
バッグが大柄なので、サドル下面と
タイヤのクリアランスが少ない場合は、
装着が難しいサイズではあります。

しかし、ディスクホイールでサドルバッグが付いてると、
なんかヘンですね……。
やっぱブルベ本番ではGOKISOホイールに戻そう……。

帰宅までの7kmしかまだ走ってませんが、
まずは好印象のsuewサドルバッグ。
オルトリーブに比べ、手で揺すると左右に動きますが、
走ってるとさほど気になりません。
重い工具などは、ツールボトルに入れるので、
ダンシングしても(ちょっとしかしてませんが)
あまりイヤな存在感はありません。

後ろの開口部だけでサイズを調節するオルトリーブでは、
うまくパッキングしないと
中で荷物がガタガタしましたが、
こちらは後ろと下側からベルトで締めることができるので、
荷物をよりしっかりホールドできます。

こんな感じで好印象でしたので、
来る1月6日のブルベで実戦投入してみようと思います。
走るモチベーションが増えたなあ!
by cyclotourist | 2012-12-25 22:12 | おしらせ | Comments(6)
Commented by take3 at 2012-12-25 23:26 x
こんばんわ。
このサドルバッグ良いですね~お洒落でスマートで何よりカスタマイズができるというのがGOODですね。
あとは防水性能がどれくらいあるか気になるのですが…
雨天走行レポートお待ちしております。
Commented by 輪太郎 at 2012-12-26 08:52 x
私の解釈間違いがなければ装着のアタッチメントやキャリア・ホルダー類がなくつけられるが、けっこうな容量ということですよね。ブルベはよくわかりませんが、これに小型のフロントバッグにし、フロントには地図、お金、カメラなどよく使いそうなモノを入れると良いかな。でもこうしたアイデアを実際に作ってもらう編集長の熱意には敬服です。おおいに参考になります。感謝です。
Commented by Tanaka at 2012-12-26 17:11 x
先日のこのブログでの紹介後、、直ぐに注文したのですが、人気があるらしく(いきなり納期が延び始めたことから想像するに殆どの注文者はこのブログの読者では?)、今も納品を待っているところです。そうですか、赤ですか! 色が被りました。 私も物が届けば1月6日に実戦投入の予定です!
Commented by cyclotourist at 2012-12-26 17:26
take3様
コメントありがとうございます。
生地自体は防水とのことですが、縫い目などは
防水処理をしてないため、オルトリーブのような
完全防水ではありません。雨天に備え、
荷物は防水のスタッフバッグに入れたうえで
収納しようと思っています。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
ご解釈のとおり、バッグ本体のベルトのみで
固定します。キャラダイスなど横長タイプの
大きなサドルバッグに容量では及びませんが、
足と擦れるおそれが少ないこと、そして
空気抵抗が少ない(?)ことが利点だと思います。

Tanaka様
コメントありがとうございます。
当初、最短納期は5営業日とのことでしたが、
あくまで「最短」というお話でしたので、
仕様やバッグオーダーの数によって
納期が伸びてしまうのは致し方ないところですね…。
1月6日、僕は静岡7:30スタート予定です。
お互いにがんばりましょう!
Commented by hiro at 2012-12-27 23:01 x
サドルバックもいろいろ持っておりますが、
オルトリーブやsuew等の細身なのに積載量のある
サドルバックにも興味がありますね。
リジッドのMTBツーリングをする私はブルペをされる方と
同じように装備の積載場所の悩みがあります。
バックパックも背負いますが、なるべく軽くしたいですものね。
非常に参考になります。
Commented by cyclotourist at 2012-12-28 08:58
hiro様
コメントありがとうございます。
MTBはサドルバッグが役立ちますよね。
suewのサドルバッグは、樹脂や金属パーツなど
壊れる可能性がある取り付けアタッチメントが不要なので、
MTBにも向いてるかもしれません。
<< 『ランドヌールVol.2』発売... 南房総ツーリング >>