ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

スポルティーフVer.2

こんにちは、田村です。

ただいま1月発売の『ランドヌールVol.2』の
編集・製作が佳境に入っております。
またしても周囲のみなさまにご迷惑をかけつつも、
ブルベに興味がある方には、きっとご満足いただける
本になりそうです、たぶん(汗)。

そんなこんなでバタバタしている昨今なのですが、
ついに、トーエイ・スポルティーフの改装が完了したと、
バイシクルショップ玄の玄三さんから連絡がありました。

待つこと三ヶ月と少々。
新造には1年以上かかってしまう東叡社ですから、
改装+再塗装が三ヶ月でできたのは御の字でしょう。
(再塗装だけなら一ヶ月で可能らしいです)
d0211129_1874975.jpg
最終調整に余念がない……
ようにはあまり見えない笑顔の玄三さん。
d0211129_1894166.jpg
じゃん! はやぶさ号の誕生です。
d0211129_18103581.jpg
カラーリングのモチーフは、もちろん東北新幹線の「はやぶさ」。

改装前は山手線カラーでしたので、
この色なら3倍くらい速く……なればいいんだけど(笑)。

しかし、アウターをピンク色にするとは、
玄三さんも若いというか茶目っ気があるというか……。
d0211129_18113685.jpg
改装の主目的は、これ!
ハブダイナモによる明るいライトの装備です。
左側のサブライトはドゥーサンA2。

そもそも、峠越えが主目的のツーリング用に製作した
軽量スポルティーフでしたが、ライトに「ピン球」を
採用してもらったため、スタイルはともかく
やはり本格的な夜間走行には不安がありました。

そして、今年からひんぱんにブルベを走るようになると、
このスポルティーフの出番は激減してしまいました。

ブルベ用にケルビムのツーリング車や、
マキノのロードを作ったので、このスポルティーフの
出番が減るのは当然なのですが、やはり、フロントバッグを備えた
伝統的なツーリング車でブルベを走りたいなあという
気持ちも強くあったのです。

それはノスタルジーだけでなく、
フロントバッグの利便性や、太めのタイヤによる
たおやかな走り心地を見直す気持ちが、
ブルベを走れば走るほど、強くなってきたのです。

むろん、ブルベに速さを求めるなら
現状の我がフリートではマキノ号がベストな
選択肢であり、理想を形にしてもらった自転車なのですが、
やはりブルベ=ツーリングという楽しみかたも
アリだと実感していたので、それにはスポルティーフが
ふさわしいなあと思ったのです。

そのための、電装強化とダブルボトル化、そのほか
もろもろちょっと秘密(?)のバージョンアップを
施してもらったのです。

ライトなんてハンドルとかにいくらでも付くだろうし、
便利バーでも何とかバーでも使えばいいじゃん。
ハブダイナモだってホイール変えるだけでしょ?

そう思えないから、苦労しているんですよ〜!
 僕は金銭面で苦労してるだけですが(汗)

ちなみにこのスーパーノヴァのライトは、
一緒にブルベを走ったSさんが使っていて、
その超絶的な明るさに感動し、いつかは自分も
使ってみたいなあと思っていたんです。

テールもハブダイナモで給電、点灯します。
d0211129_18191887.jpg
フォークコラムに謎の銅板が……。
本ブログの読者様なら、多くの方が
ご存知だと思います。あえてここでは言いますまい(笑)。
こんな工作が後から可能だとは、さすが東叡社。

「もう、超めんどくさかったよ〜。線が○本もあってさあ、通すだけで2日かかったよ。まあ内蔵したい気持ちはわかるけど。でも出来てホッとしたよ。このブレーキだって×××……」

はやぶさ号には、東叡社と玄三さんならではの超絶工作が
いかんなく施されているのです。聞けば聞くほど、
めんどくさいことお願いしちゃったんだなあと
汗顔するばかり。
d0211129_18232219.jpg
で、きわめつけがコレです。
名古屋のRSA社にオーダーしたフロントバッグ。
すいません、モザイク入りで(笑)。かつてないコンセプトを
RSA社のセンスと技術で具体化してもらったのですが、
あんまりここで公開してしまうと
本のねたがなくなってしまいますので、許してください。

これで、1200kmだろうと1400kmだろうと
どんなブルベも恐くない! ……といったら嘘ですが、
どんなブルベも走ってみようかな、とは思わせてくれる
新生スポルティーフができあがりました。

工作や仕様の詳細は、来る『ランドヌールVol2』で
紹介できると思います。締め切りに間に合えば……。
d0211129_1833277.jpg
往年のフランス部品の白眉、
ソービッツのダイナモ用ライト。
(むろん、ハブじゃなくてリムダイナモ)
通称、ピン球です。

スポルティーフらしさの象徴として
採用したのですが、お役目ご苦労さん。

とはいえ、「外すんならちょうだい!」と言われていて
すでに第二の奉公先が決まっているのでした(笑)。
by cyclotourist | 2012-12-06 18:50 | おしらせ | Comments(9)
Commented by Huret2100 at 2012-12-06 19:22 x
いやー、よいですねえ!これは来シーズンが楽しみですね!ところでブレーキパッドは何をお使いでしょうか?
Commented by at 2012-12-06 19:36 x
いい色に仕上がりましたね。しかしブラシ内蔵の後付けを引き受けてもらえるなんていいですね。接点小物は独自に製作したのかな?ぜひ新刊で紹介してください。
Commented by hiro at 2012-12-06 20:00 x
こんばんわ。
編集長の「はやぶさたん」良い色に仕上がりましたね!
電装周りの工作が非常に気になります。
私も昨年にランドナーを復活させ、
次は新しいツーリング車をと考えていますので、
現代的な改装は非常に参考になります。
ブレーキはマファックとお見受けしますが、
効く様にシューでも交換されているのでしょうか。
わたし、気になります(笑)
Commented by ミウラSV at 2012-12-06 20:02 x
カッチョ良く仕上がりましたね!綺麗な色で、速そう!!
ライトも工夫が凝らされて、気分次第で今回のブルベは、どれにする?な、悩みも増えそうでは。
自分の方はランドナーがパスハン化しつつあります。
Commented by 輪太郎 at 2012-12-06 21:39 x
良い色で素敵です。やっぱり、スポルティーフ、ランドナーといった自転車、いわゆるサイクリング車が格好いいですよね。今のロードは確かに走りは良いんでしょう。オイラのTIGチタンロードも、パーツはティアグラだけど、快適ですし。でも、格好いいのは、こんなタイプ。欲しいなぁ。
Commented by 須藤 at 2012-12-07 11:07 x
新装オープンおめでとうございます。
御披露目はいちごブルベでしょうか?
是非、実物を拝見したいです。
最近、ハブダイナモも気になってきました。そのうち比較テストなど、紙面で取り上げて下さい。
Commented by ながはま at 2012-12-07 21:04 x
>どんなブルベも恐くない!

すいません。来年の大村ブルベはチョー怖いです。
饅頭が怖いって話じゃなくて、本気でヤバイです。
多分そちらにはコース紹介文が届いてるかと思いますが、その説明文はやばさのほんの上っ面ですよ・・・
Commented by 子囃子 at 2012-12-07 21:55 x
今年の御前崎で私はピン球のLED化したのを披露しましたが、あれは興味が無かったですか?
かなりの明るさでしたけど?
Commented by cyclotourist at 2012-12-08 19:14
Huret2100様
コメントありがとうございます。
シューは、カンパCX用です。なぜそれが
マファックコンペティションに付くかは、
玄三さんのみぞ知るところ(笑)。
本にご期待ください!

R様
コメントありがとうございます。
こんな回転接点を考案するなんて、
昔の人は偉いですね。

hiro様
コメントありがとうございます。
もとからマファック用クールストップを使ってましたが、
効きはまあままなものの、時々鳴くし、雨天時は
おそろしいほど減りました。そこで、
期待のカンパCXなのです。

ミウラSV様
コメントありがとうございます。
僕のランドナーも、林道専用になりつつあります。
タイヤが太いので、オンオフ混在の道は楽しいですね!

須藤様
いちごブルベ、ぜひご一緒しましょう!

ながはま様
大村ブルベ、ぜひご一緒しましょう!
見違えるほどアニメに詳しくなった僕に
ご期待ください(笑)。

子囃子様
コメントありがとうございます。
来年の御前崎オフで、またじっくり拝見させてください。
夜は明るさを比べっこしましょう。
あ、飲んじゃうと乗れないですね(笑)
<< 『ランドヌールVol.2』校了 サイクルウェア >>