ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

箱根ヒルクライム

こんにちは、田村です。

今日は趣向を変えて(?)
箱根のターンパイクを走るという
ヒルクライムイベントに参加してきました。
d0211129_1835195.jpg
出番を待つ
「ロードレーサー男子C(41〜50歳)」クラスの
自転車たち。僕も今年で41歳ですから、このクラスに
申し込まざるをえません。なにげに、
一番参加者が多いクラスのよう。

こうしたホビーレースに参加するのは、
実に5年ぶりくらい。
レースに出てもあんまり楽しくないので
(結果が出ないし、出るわけもないので…)
ご無沙汰だったのですが、
この大会は「箱根ターンパイク」を走るというので、
うっかりエントリーしてしまいました。

クルマもオートバイも免許がない僕にとって、
ターンパイクはいつも仰ぎ見るだけの道。
そこを自転車で走れるのは一興だなあと
思った次第。距離13.8kmで981m登るコースです。
d0211129_1865473.jpg
自転車は、もちろんマキノ号。
レーサーと言えるかは微妙ですが
ロードなのは間違いないですし、我がフリートのなかで
いちばん戦闘力がある自転車です。
d0211129_1811526.jpg
ライトを外し、計測チップを装着。
ブルベ用にライトのダボがあるフォークですので、
ライトと台座を外すとなんとも物悲しい……。

実は、東京サンエスから1インチのフルカーボンフォークが
発売されると聞いていて、せっかくヒルクライムに出るなら
換装しようと思っていたのですが、
サイクルモードで確認したところ、
発売は来春以降だとか…。今年のカタログから載ってるのに!

ダウンチューブ下のボトルケージは外しましたが、
タイヤやホイール、ギヤ比もいつものまんま。

周りを見ると、時代はカーボンフレームなんだなあと
あらためて実感(当たり前)。ホイールも
ボーラとかデュラとかライトウエイトとか当たり前で、
やっぱりコッチは金がかかるよなあと思います。
d0211129_18165372.jpg
最初にスタートするのは、
マジな学生選手たち。がんばっておくれ。
d0211129_18181327.jpg
10%の坂道をスタートして行く選手たち。
さすが自動車専用道、情けも変化もない勾配です。
d0211129_18224147.jpg
高架の上で震えながら待つことしばし、
ようやく男子Cのスタート。
d0211129_18231935.jpg
で、ゴール(笑)。
所要1時間8分でした。
「14km弱に1時間以上もかかってんじゃねえ」と
怒られそうな記録ですが、けっこうな坂だったんですよ(汗)。
総合リザルトは後日発表とのことですが、
たぶん、クラス中の真ん中くらいかなあ。

それにしても、クルマ用の道と言うのは、勾配の変化が少なく、
ぐいぐい登らせますね。おなじく箱根に至る旧国道1号も
険しいことで有名ですが、緩急に変化があるし、
沿道の家々などが気を紛らわしてくれます。

ターンパイクは、相模湾を見下ろせたり、
ダイナミックなワインディングが現れたりしますが、
情緒に欠けますね。もっとも、情緒を楽しむ
余裕など皆無でしたが……。
d0211129_1833999.jpg
ゴールの大観山。
ここは一般道を走って何度か訪れたことがあります。
気温はほとんど0℃。寒いっす。
d0211129_18341443.jpg
預けられた荷物たち。
ドイター率高し。僕もドイターでしたので、
探すのにひと苦労。もっと目立つバックパックに
しとけばよかったなあ……。
d0211129_18352153.jpg
レストハウスで、
バイシクルクラブ誌の山口副編集長と再会。
ただの遊びで来ていた僕と、取材の山口さん。
なんだか恐縮してしまいました。

山口さんは、かつて共に机を並べ、僕に自転車誌の
作り方を教えてくれた先輩です。そして、乗鞍を
1時間を切るタイムで走るという、最速エディターです。
「1時間8分でしゅか。フツーの人なら十分速いでしゅよ」
と、ビミョーな褒め言葉を頂戴しました(笑)。
d0211129_1843192.jpg
ぶるぶる震えながら下山し、
たどりついた小田原駅は輪行祭り。
輪行の準備だったら僕も速いんだけどな〜(笑)。
d0211129_18434987.jpg
いいんでしょうか、この輪行……。

ひさしぶりのホビーレースでしたが、
たまには新鮮でいいですね!

でも、やっぱり僕には、ツーリングやブルベのほうが、
性に合ってるかな。
by cyclotourist | 2012-12-02 18:51 | おしらせ | Comments(10)
Commented by 通りすがり at 2012-12-02 20:21 x
最後の酷い輪行の写真、是非紙面で問題提起して欲しいです。
賛否両論あるかと思いますが、一般の乗客含めて否定的な人が少なからずいる以上、自粛すべきものだと思います。
周囲への配慮の欠けた己の権利の主張などあり得ない。
Commented by 輪太郎 at 2012-12-02 20:35 x
よくわかんないけど、編集長、けっこう速いと思うのですが。レーサー志望ではないのだから、十分では。ツーリストのヒルクライム挑戦なのだから、これはこれでOKでは。通りすがりの方がおっしゃる通り、これはいけませんね。しかし、これでは他人にも良くないけど、自らの自転車も
壊れたり、キズついたりしそう。気にならないのかな、と思いますが・・・。自転車が大事じゃないのかな。
Commented by hiro at 2012-12-02 21:00 x
ヒルクライベント、お疲れ様でした。
たまには大勢で走るとお祭りみたいで楽しいですよね。
さて、輪行の写真。あれはちょっと問題ありですね。
私もあのようなパッキングをしている方には
必ず注意するようにしています。
メディア関連の方々にも正しい情報発信を
お願いしたいと思います。
Commented by 441M at 2012-12-03 20:53 x
さすがは我らの編集長、酷い輪行の実態の問題提示
有難う御座います。
イベントも結構ですが、輪行ラッシュも主催者は考慮しないと
いけないんでは?
しっかし、あんな状態で車内のどこに置くんでしょうね?
権利の主張の前の義務の遂行を忘れてほしく有りません。
Commented by cyclotourist at 2012-12-03 20:57
通りすがりさん
コメントありがとうございます。
問題提起という形になるかは分りませんが、
輪行についてはいずれ誌面に
取り上げたいとは思っております。

輪太郎様
いや〜、自分でも不甲斐ないほど
追い込めなかったです。まあ別にいいのですが。
どんな輪行をされる方も、自転車は
大事だと思いますが、より適切な方法や
輪行袋と出会ってないのかもしれないですね…。

hiro様
コメントありがとうございます。
正しいかどうかは自分では断言できませんが、
自分がいいなあ、見習いたいなあと思う
情報を伝えていきたいと思います。
Commented by cyclotourist at 2012-12-03 21:05
田村です。

このブログを見た娘が
「勝ち負けあんの?」
「最後まで乗れればいいじゃん」
「それが楽しいんでしょ」
「いちばんじゃなくてもいいんだよ」
「みどだってさ、男のほうが強いんだよとか
言われんのホンとやなの」
「勝つより心をこめて走ったほうがいい」
「ビリだって頑張って走ったほうがいいじゃん」
「わざとゆっくりすぎはダメだけど」
「写真とか撮ってもらったらいいじゃん。
自分が頑張ってる姿をさ」

………どこで聞きかじったのか、
6歳児のくせに僕より数倍おとなの
発言をしてビビりました。チビでも
女の子ってすげえなあ……。
Commented by ミウラSV at 2012-12-03 22:52 x
ヒルクライムお疲れ様でした。
ターンパイクは普段は自転車で走れない道ですから、こういうイベントもいいですね。
>輪行
是非紙面で鉄道各社の輪行に関する規定を取り上げていただきたいと思います。車体やパーツのむき出しは危険ですね。
Commented by ながはま at 2012-12-05 01:32 x
し、長崎の旅企画テストツアーでバイクラの山口副編集長とご一緒させていただいたことがありますが、クソ重いデジタル一眼と交換レンズを抱えてグイグイ登っていく様子を見てあっけにとられたことがあります。ちょっと異常な世界ですよね。

箱根に参加されてるとは思いませんでした。ちょっと話はおかしな方向にそれますが、知り合いの方が参加しまして、ゴール後手続きをしていたところバイクを盗まれたそうです。非常に残念な印象です。
Commented by cyclotourist at 2012-12-05 19:05
ミウラSV様
コメントありがとうございます。
ほとんどの鉄道会社はJRの規則を踏襲してると
思われます。安易な製品を作ってしまう
メーカー側にも一考してもらう必要が
あるかもしれませんね。

ながはま様
ごぶさたです。山口さんはまさしく
異常です(笑)。それにしても、盗難とは
あまりにもひどいですね。もし自転車の画像などあれば
このブログでよければ「探しています」と
呼びかけます。
それはそうと…2013年は、大村でも
ばんばん長距離のブルベがありますね!
Commented by ながはま at 2012-12-07 21:02 x
盗難の件は盗まれた本人がすっぱり諦めていましたので、盗まれたものを探すよりは、こういう危険なことがあるよということを世間に知らしめたほうが後々のためになるように思えます。こんな話を書くと急に記事が重苦しくなるかと思いますので、何か書くことが無いときに穴埋めのネタとしてでも使用してください。
<< サイクルウェア 都心ポタリング >>