ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

オルトリーブ サドルバッグLの謎

こんにちは、田村です。

ブルベでは、自転車の性能や脚力以上に、
装備品の有無や種類が完走できるかどうかを左右します。

それらの装備をどのように携行するか?
もっとも一般的な方法がサドルバッグです。
d0211129_115825.jpg
ブルベの超定番アイテム「オルトリーブ サドルバッグL」です。

防水性、脱着の容易さ、空気抵抗が低い(?)フォルムなど、
多くの面で優れているのが愛用される理由だと思います。
もちろん、僕も参加したほとんどのブルベで
使ってきました。
唯一の欠点は、荷物の出し入れが面倒なことですが、
上記のメリットに比べたら容認できます。

しかし、このバッグに関しては、
常々疑問に思うことがありました。

それは容量です。いわゆるカタログスペックは
2.7リットル。
d0211129_11131562.jpg
たった2.7リットルでこんなに入るのか〜?
写真は北海道パラダイスウィーク参加時の装備。
(『ランドヌールVol.1』を読んでね!)

雨具一式、防寒着、予備タイヤ、電池、
パンツ(宿で着るため。キャ!)などなどが
すっぽり入ります。

実際の容量はどのくらいなんだろう?
d0211129_11163342.jpg
ロールアップ式の開口部。
2回巻き込んだ状態を想定し、容量を調べてみます。
方法は……
d0211129_1118778.jpg
原始的かつ乱暴にも、
水を入れてしまいます。
d0211129_11182719.jpg
これを計量器付きスタンドで計ります。
もちろん、風袋は重量に含まずに。
で、重量表示を見ると……
d0211129_11201786.jpg
5.4リットルです。

やっぱり公称値はかなり控えめ
だったんですね。控えめというか、間違っている気も
しますが、ロールアップ式だけに最小容量を
表記したのかもしれません。
d0211129_11223727.jpg
さすがに水が漏れてきました。
しかし、5リットル以上も水を入れて、
ポタ、ポタ……程度の漏れなら、サドルバッグとしては
完全防水といって問題ないレベルだと思います。

あと、ご存知の方が多いと思いますが……
d0211129_1124759.jpg
バッグ側の着脱アタッチメントは、
その位置を前後に調整することができます。

なるべくサドル直下かつピラーに近づけつつ、
少し後ろ上がりになるようにセットすると
安定感が増しますよ。

時々、このサドルバッグをかなりグラグラさせながら
走っている方を見かけます。
どうも自転車が振られるなあ……と感じる方は、
サドルバッグの取り付け位置や、内容物の重量配分を
見直してみることをおすすめします。

追伸
神田神保町の書泉グランデさんの
「ロングライド祭り」(B1売り場)にて、
現在はマキノ号+GOKISOホイールを展示中です。
by cyclotourist | 2012-09-12 11:32 | おしらせ | Comments(8)
Commented by hiro at 2012-09-12 21:46 x
ブルペに参加することはたぶん無いですが、
荷物の積載やライティング等ツーリングに
役立つヒントも沢山ありますね。
サドルバッグについては私も紆余曲折あります。
トピーク、リクセンカール、キャラダイス・・・
いろいろ試しましたが、いま一つ。
なるほど、オルトリーブも良さそうです。
Commented by みっちー at 2012-09-12 23:35 x
この防水性と容量。もっと早く知っておきたかったです。そんな私はリクセンカウルを使っております…。あっ、やっと地元の書店でランドヌールを買えましたよ。
Commented by cyclotourist at 2012-09-13 09:31
hiro様
コメントありがとうございます。
ブルベ、僕も参加することはないと思ってました(笑)。
去年の秋までは。バッグ類はツーリングにおいて
永遠のテーマですね。

みっちー様
コメントありがとうございます。
僕もリクセンカウルのコントアーナグナムを
持ってます。オルトリーブと甲乙つけがたい
バッグだと思いますが、金属ステーがあるぶん
ちょっと重いですよね。なにはともあれ
『ランドヌール』ご購読、ありがとうございます。
Commented by 441M at 2012-09-13 20:20 x
自分の自転車には似合わないけれど、(近い将来購入すれであろう)息子の自転車で試してみよぉ~っと(笑)
Commented by あんこう辺 at 2012-09-15 07:47 x
僕の目はサドルバッグよりも、計量器付きスタンドにくぎ付けでした。
Commented by サドル難民 at 2012-09-16 11:46 x
私はサドルバックより、サドルに注目でした。セライタリアのこんなに薄いサドルなんですね。今度私も試してみたいです。走行距離200キロ位が今のサドルの限界です・・・
Commented by cyclotourist at 2012-09-17 18:25
441M様
TOMではど〜もでした。
僕にも自転車やバッグを買ってくれる
パパがほしいです。

あんこう辺様
コメントありがとうございます。このスタンドは
トピークの製品です。手頃な価格でいい物そろってる、
でもデザインは? な、あのブランドです。

サドル難民様
コメントありがとうございます。
このサドル、SLRは、全体がよくしなるので、
見た目の印象よりも快適です。
とはいえ、ポジションとレーパンのパッドの
よしあしのほうが、長距離では効いてくると思います。
Commented by 竜胆急行 at 2012-09-22 17:12 x
やっぱりオルトリーブは鉄板ですねー
他メーカーから追随品が出ないのが不思議です

ちなみに、私のDedacciaiのようなエアロフレームに装着するなら、
シートチューブが翼断面になっていて、ベルクロの長さが
足りないので要注意!です。
(サドルレール側アタッチメントでしっかり固定されるので
問題ないですが)

ちなみに私のオルトリーブは2代目です。
1個目は破れが出てしまったので買い足したのですが
その破れはテープで補修できそうなので、
バックアップ用にとってあります。
(上記の経験から、このバッグ 2万kmくらいは十分もちそうです)
<< 乗鞍を越えてTOMへ。第1回(... ブルベのお買い物 >>