ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

ブルベを完走するために。第1回(全3回)

こんにちは、田村です。

週末に参加させていただいたブルベ、
BRM908千葉600km喜多方」から、
どうにかこうにか生還しました。

で、いつもは掲載号の締め切りが近づいてから
あわててリポート原稿を書いたりするのですが(汗)、
今回は自分への後学のためにも、
思いついたことを書き留めておこうと思います。

時間が経つと、忘れてしまうこともありますし、
シゴトのリポートでは、紙幅と構成と時間に
限りがあります。書きづらいことも
たまにはありますし。

そうした制約があるほうが、原稿の精度や凝縮度は
高まるのですが(一般論では。僕のは……)、
ここではブログらしさを活かして、なにも気にせず
逐次的に記録しておくとにします。
まあ、ブログって本来そういうものですよね(笑)。

さて、今回のブルベでは
飛び道具をデビューさせます。
先日のブログでもリポートしたGOKISOホイールです。
d0211129_11431814.jpg
まずは重量を測定。
フロント855g、リア1085gでした(クイックなし)。
覚悟してましたが、重量級です(カタログ値より若干重い)。
d0211129_11462093.jpg
タイヤは軽量なコンチネンタル グランプリ4000S。
乗り心地と荒れた路面への対応を考え、
25Cを選びました。ランブラーでも使っているタイヤです。
チューブも軽さを意識してRエアに。

結果として、
元のアルテグラWH-6700+ユッチンソンインテンシブの
組み合わせに比べ、前後で200gほどの重量増に。
誤差とまでは言いませんが、
使用をためらわせるほどの重量増ではありません。

600kmブルベでは、
道中での仮眠が欠かせません(恐ろしく速くて強い人のぞく)。
今回もあらかじめビジネスホテルを確保しておいたので、
そこへ箱詰めした着替えや充電器、湿布を送っておきます。
d0211129_11533191.jpg
マジメな話なので、ウェアへの突っ込みは
しばしおいといていただくとして(笑)、
仮眠場所確保+走行時の荷物を減らす補給物資の事前配送は、
600kmブルベ完走の特効薬です。

しかしリスクもあります。
確保した場所に、所期の時間に
たどりつけるか、保証できないからです。
また、眠気がいつ来るかも分りません。
そのため、仮眠場所を決めずに、コース沿道の
さまざまなスポットを臨機応変に利用して
仮眠する方も多いのです。

最初の600kmブルベでは、道の駅で仮眠しました。
二度目の600kmブルベでは、宿を取っておきました。
結果、あきらかに二度目のほうが楽でしたので、
リスク承知で今回も宿を確保した次第。

今回は郡山にビジネスホテルを取りましたが、
そこまでの距離は366km。ちょっと欲張りな距離ですが、
その手前に市街地がなく……。

今回のスタート時間は午前0時(8日の土曜日)。

距離に加え、深夜スタートという未知の要素も
ありますが、ホテルには8日の20時半に着き、9日の0時まで
寝れたらいいなあ、と希望的観測。
いちおう距離に応じた到着時間の予測を立てつつ、
最悪、寝れないまでもシャワーを浴びて
着替えができればOKと思って決めました。

ホテルに電話をし、予約を取った瞬間から、
本当に走るんだなと身が引き締まり、軽く震えちゃいました。

ちなみに、ブルベでホテルを利用する場合は、
まっとうな時間にチェックイン&アウトできないので、
対応が可能かどうか、予約時にしっかり
確認しておきます。荷物受け取りも含めて。

ブルベ前日の7日……というか、8日の午前0時スタートなので、
気分はもうブルベ当日。夕方まで仕事して……と思いながら、
GOKISOホイールを自慢(笑)するためにベロクラフトさんへ。
d0211129_1245883.jpg
「田村サン、ブレーキシューが左右逆ですよ」
……大槻店長に直していただきました。
先日のブログで、ブレーキが効かない、みたいなことを
書いておりましたが、すべては僕の過ち。
正しく取り付けてもらったところ、
十分に効くようになりました。
600kmブルベを走る前に直していただき、
本当によかったです(汗)。

こうして、事前の装備や自転車の整備は、
自分比ほぼ完璧となりました。
これも運、ですかね(照)。

実のところ、ベロクラフトさんへは、注文していた
小型のバックパックを受け取りに参上したのです。
ブルベでよく見かけるドイターのものです。
バックパックを併用すれば大型のサドルバッグが不要になり、
自転車の運動性が上がる(下がらない)かもと思ったり、
空気抵抗が減る(!?)と考えたのですが、
週末も猛暑が予想されたので、今回は使わないことに。
いずれ、使って真価を確かめてみたいと思います。

携行装備は、『ランドヌール』でリポートさせていただいた
北海道パラダイスウィーク時とほぼ同じ内容とし、
Lサイズのサドルバッグとジャージのポケット、そして
ダウンチューブのツールボトルに収めます。
ただし、さすがに本州は夜間もさほど冷えないだろうと想定し、
長袖ジャージとエマージェンシーシートは割愛しました。

さて、7日の午後は早めに仕事を切り上げて、
スタート地点の手賀沼へ。会社から40kmほどなので自走。
d0211129_12131950.jpg
スタートの道の駅しょうなんに
隣接する健康ランド(写真)に18時くらいに到着。
しばし寝ることにします。なんと言っても0時スタートですから。
22時すぎまで、3、4時間は寝ておきたいなと。



次回予告!
いよいよスタートを向かえたブルベ。
自転車は完璧だが、睡眠確保に失敗した田村。
待ち受ける夜間走行、そして夜明けとともに
襲いかかる猛暑。四十路オタクの運命は!?
by cyclotourist | 2012-09-11 00:24 | おしらせ | Comments(0)
<< ブルベを完走するために。第2回... ランブラー展示中 >>