ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

書泉グランデさん

こんにちは、田村です。
今日も暑かったですね〜。

暑いは文字どおり暑いだけですが、
「熱い」は快感なこともありますよね。

今日はマニア的には全国的にはもっとも
「熱い」書店様である、神保町の書泉グランデさんに
お邪魔してきました。
d0211129_239184.jpg
先日の改装で地下に移動した自転車コーナー。
最近、また拡充された様子で、
現行で手に入る書籍や雑誌のほとんどが
並んでいる…と思われます。

なんとこの名店で、9月から
「書泉グランデのロングライド祭り」が開催されるとか!
現在も弊社刊行物のほとんどを取り揃えて
いただいておりますが、『ランドヌール』の
刊行と共にフェアを開催していただく予定です!

すばらしい快挙ダア!

9月中のフェア開催中は、恥ずかしながら
僕のブルベ用自転車も展示させていただく予定です。
近県の方はもちろん、東京にお越しの予定がある方は
ぜひ神保町の書泉グランデさんにお立ち寄りくださいませ。
『シクロツーリスト』や『ランドヌール』の
ポスターも掲示させていただく予定です。
d0211129_23141580.jpg
同店で二冊購入。
d0211129_2314498.jpg
一冊は『アウター×トップ』(神野淳一著。アスキー・メディアワークス)。
いわゆる“ラノベ”のジャンルだと思うのですが、
妙に親近感のある表紙のイラストに引かれて買ってみたら…
『シクロツーリスト』でもおなじみ、
加藤アカツキさんのイラストでした。

よい意味であっという間に読める、
疾走感のある小説でした。すっごい自転車事情に詳しいなあと
感心しつつ、読了しました。
d0211129_23181465.jpg
こっちは……
いま一部で流行の(?)少女シンドローム系の写真集。
ついに、このジャンルも自転車まで浸食かあ……。

内容は……う〜ん、あまりにも自転車とウェアがショボすぎて
僕のようなライトマニア(?)でも「わかっとらんな」と
ページを繰るごとに突っ込みどころはありますが、
そこらへんは個人の趣向もありますし(笑)。
とりあえず、画期的な「自転車本」だと思いました。
ご興味ある方も多いと思いますので(たぶん!)
気になった方は書泉グランデさんへ行って見てください。

僕だったら、こんな自転車にあんなモデルさんをあのブランドの
ウェア着せてあの峠で……そんな妄想をしてしまうだけで、
こんな時間になってしまうのでした(照)。
by cyclotourist | 2012-08-23 23:28 | おしらせ | Comments(2)
Commented by さとう◎ at 2012-08-24 21:43 x
初めの就職先でも、売れ行きのインタビューに書泉グランデに行ってました。どこも書泉グランデなんでしょうかね。ただ、やっぱり「あそこのお客さんはちょっと偏ってるから、そこも鑑みないとね」って話もよく出てました。
Commented by cyclotourist at 2012-08-25 12:48
さとう◎様
コメントありがとうございます。
偏ってる……昨今の画一化社会では、よい褒め言葉かも
知れませんね。僕もますます偏った本を
作りたいなあと思っております(笑)。
さとう◎さんのブログでミュージアムリポートを
拝見しました。カスケードはともかく(笑)、
航空博物館はご一緒したかったと思いました!
<< GOKISO 里帰り >>