ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

松姫峠

こんにちは、田村です。

今日は奥多摩駅から松姫峠へ走ってきました。
d0211129_18592658.jpg
奥多摩駅は、東京最西端の駅として
サイクリストやハイカー御用達です。

休日はホリデー快速という便利な電車で
都内から一気に行けるのですが、平日の青梅線は
各駅停車ばかりで距離感以上に時間がかかりました。
(中野駅から乗って、2時間半くらい)
d0211129_1924653.jpg
マキノ・バンザイプロデュース号の輪行デビューです。
ガードのない自転車は、味気ないほど輪行が
楽ですね。もちろん、輪行作業自体が好き! という
ヘンタイではないので(笑)、輪行が楽なのはよいことです。

d0211129_194336.jpg
奥多摩湖を抜け、
国道139号などを走って松姫峠をめざします。

白いキャノンデールは、
「ブルベに挑戦する!」という奇特なモデル、
山本マサミさんのロードです。

彼女には、『自転車ツーリングファーストガイド』の
誌面に登場していただき、ポタリングから
峠越えまで実践していただきました。
持って生まれたモノが違うのか、
自転車歴は浅いながら、かなり速い!
そして走ることに積極的です。
d0211129_1995333.jpg
ご存知(?)Hカメラマン。
「へっへっ、田村さん置いてかれそうじゃないですか(笑)」
↑ 笑うな〜。
d0211129_19105561.jpg
標高1250mの松姫峠が近づくと、
さすがに気温が下がって爽快です。駅からは900mほどアップ。
あいにく上に行くほど薄曇りになってきましたが、
走るには好都合です。
しかし、無限の底力を秘めたHカメラマンはともかく、
マサミさんも健脚そのもの。やっぱり軽さは登りでは
速さ・強さに直結するみたいですね。
d0211129_1916089.jpg
無事に松姫峠着。
で、ゴールとした大月駅まで快走し、
特急「かいじ」でさきほど帰ってまいりました。

そういえば、ケルビム・ランブラーの
峠デビューもここでした。
その際は大月駅から登りましたが、もう一年近く前
なんだなあ……。この歳になると、月日が経つのは早いもんです。
d0211129_19181931.jpg
これまでのツーリング車とは
ひと味もふた味も違う乗り心地、踏み応えを
実感させてくれたマキノ号。

設計の巧みさか、異形パイプの恩恵か、軽さゆえか……
これら諸要素がかみ合ってのことだと思いますが、
峠がかなり楽に(あくまで自分比ですよ)なりました。
特にダンシングした時などには、
脚力がすなおに推進力へ変換される感じです。
しならない、ってことなのでしょうか?
それでいて乗り味は快適、軽快です。

自分が愛用してるスチールの自転車たちとだけ
比べてもあんまり意味がない気もするので、
近々、各社の最新ロードなんかにも乗ってみて、
違いをこっそり試してみたいものです。

で、今日のテーマは……。
マサミさんが参加を予定しているブルベの
試走として、難易度が高いであろう峠区間を
走ってみたのです。
決して、僕のマキノ号デビューに他人を
巻き込んだわけではありません(笑)。

奥多摩〜松姫〜大月は、
ツーリングとしても、手頃なボリューム(距離60km弱)で
よい峠コースだと思います。

これらもろもろのリポートは……
いずれ何らかの誌面でご報告したいと思います。
続報にご期待ください。
by cyclotourist | 2012-07-24 19:40 | おしらせ | Comments(9)
Commented by 輪太郎 at 2012-07-24 19:49 x
良い話です。大月駅は、オイラにとって懐かしい駅。大学が、都留市でしたから、大月駅は富士急行乗り替え駅。駅前の食堂で、カツ丼食べたな。大月駅から輪行したこともあったっけ。また行きたくなりました。ブログに感謝です。
Commented by やっぱりSW at 2012-07-24 22:21 x
42Bのタイヤがずぶずぶと沈みこむ深いダート、というかバラス撒き過ぎだろ!って時代にココを泣き泣き越えました。モデルの女性がスイスイと・・・これが隔世の感ってやつでしょうかね。
Commented by 441M at 2012-07-25 09:43 x
ハイ、輪行好きの変○です(笑)
あのマサミさんがスイスイとですか・・・、たぶん私達オヤヂの半分くらいの体重と若さなんでしょうね。
近年、松姫峠は大月から登る方が多いですね。
確かに奥多摩駅からの乗り継ぎ帰宅はこたえますね、混んでるし。
Commented by 奇特男子 at 2012-07-25 10:20 x
ようやく梅雨明けしたのでですが、学生にとって梅雨よりも厄介な期末試験に突入してしまいました。
マキノ号、いいですね!
長谷川さんにお借りした峠の本(きっと30年以上前のもの)とは様子がとても違いますね。
Commented by こじま at 2012-07-25 18:05 x
Hカメラマンさん、以前お会いした時より痩せて精悍になったイメージです。ウェアも最新ですね。
夏は・・・標高2000m以上が好きです。
Commented by cyclotourist at 2012-07-25 18:24
輪太郎様
コメントありがとうございます。
大月駅前はだいぶキレイになりましたよ。
きっと輪太郎さんのお越しを待っていると思います(笑)。

やっぱりSW様
コメントありがとうございます。先日は
久しぶりにお会いできて楽しかったです。
42Bでずぶずぶですか。そんな松姫峠も
見てみたかったです。

441M様
コメントありがとうございます。
中央線はもちろん、青梅線は結構混むんですよね。
ちなみに、マサミさんの年齢ですが、
辛うじて僕の半分は越えてますが、もしかしたら
411Mさんのちょうど倍くらいかも(笑)。
体重は存じませんよ〜。

奇特男子様
テストがんばってください。おたがいひと段落したら、
飲みにでも行きましょうや。

こじま様
なんとかと煙は高いところが好きといいますから……
うそです、うそ(笑)。この季節、峠に登ると
シンドイですが、上がってしまえば爽快で
ご褒美をもえらえたようで楽しいものです。
1000mちょいでもけっこう涼しかったです。
(下界32度くらい、峠近くで23度)
Commented by hiro at 2012-07-25 22:48 x
こんばんわ。
さっそく試し乗りに行かはったんですね。
軽くて硬いマキノ号の乗り心地は如何だったでしょうか。
峠の登りはナカナカの手応えだったみたいですね。
次は実際のブルペ走行でのインプレをお聞きしたいところです。

私の方と言えば、先週末に信州・松本の自転車仲間とキャンプに行きました。
雨の中のキャンプは大変でしたが、皆で食べたカレーライスは絶品でした。
学生時代を思い出し、楽しい時間が過ごせました。
機会がありましたら、キャンピングの企画もお願いします。
Commented by けーこ at 2012-07-26 00:16 x
新車素敵ですね。 
もうすぐマキノ号と田村さんに会えるかな。某所エントリーリスト見ました(笑)

松姫峠、先日ブルベで登りましたが、雨と霧(雲の中だったともいう?)だったせいか、松姫峠と表記された碑を見落としました。 ちゃんとあったんですね。
Commented by cyclotourist at 2012-07-26 10:36
hiro様
キャンプツーリング、よいですね!
8月上旬発売の『シクロツーリストVol.7』には、
実はキャンプツーリングのページもありますよ!
いろんな自転車での装備例も載ってますので、
参考になるかと思います。

けーこ様
コメントありがとうございます。
エントリー、ばれちゃいましたか(笑)。
まだ宿の手配とかなにもしてなくて
やばいです…。お会いできるよう
なんとかがんばります!
<< ケルビムR-2 『シクロツーリストVol.7』 >>