ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

パーツとフレームの格差について

こんにちは、田村です。
d0211129_19221915.jpg
昨日、我がフリートに加わったマキノ号です。

まだほんのわずかな距離しか走ってないものの、
その秘めた実力をひしひしと感じてしまいました。
休日出勤するほど仕事は切羽詰まっておるのですが、
ついつい眺めてしまいます(笑)。

走りだけでなく、フレーム各部の仕上げも
非常に美しいです。仕上がりの美しさではトーエイが
定評あるところですが、はっきり言って勝るとも劣りません。

しかし、自転車全体として見ると
気になってくる点もいくつかります。
d0211129_1925592.jpg
d0211129_1926957.jpg
東京サンエスのDixnaで固めた
ハンドル、ステム、シートピラーなどが、
フレームに比べると格落ちだと思うのです。
はっきり言って…。

これらの選択は基本的に
プロデューサー坂西さんにお任せで、
やさしい坂西さんは、限られた予算を心配して
コストパフォーマンスを優先してくれました。
むろん、正解だと思いますし、遠からず誌面にて
紹介する際も、現実的でふさわしい仕様だと思います。

ちなみにケルビムさんは、
ランブラー製作時に
当初お伝えした希望予算内にこだわることなく
ショーモデルと同等の仕様にしまくって
僕をビビらせてくれたものです(笑)。

無論、Dixnaの各製品は性能的に不満はなく、
そのコストパフォーマンスは驚異的に高いのですが、
このフレームに寄りそうには質感が足らない…と
思いはじめてしまったのです。

決して高級パーツにこだわって
自慢したいわけではないのですが、
全体の車格に及ぼす影響が……。

こう考えてみると、ツーリング車のほうが、
悩みが少ないのかも知れません。
主要部品は現行ならニットーという超定番がありますし、
価格もたかが知れています。
トラディショナルなスタイルというものも
なんとなく確立されてますし、迷う余地が少ないかも。

こう、わりとモダンなロードでは
どんな部品がすてきなんでしょう? しばらく
こっち系から離れていましたし、もともとよく
知らないものですから困ったもんです。
d0211129_19403810.jpg
カタログとか見始めると
時間がどんどん過ぎていく。
しかし、ロード用のカーボン製パーツの
異常に高価なことは恐ろしいですね。

(心の声1)
仕事しろ仕事!
だいたいもうボーナスが残ってないし、
もともと貯金もしてないんだから
先立つものがないだろう?


(心の声2)
迷うな、欲しいものは買え!
部品は交換すればいいんだから、なんとでもなる。
値段の問題は無視するしか解決方法はない!
支払いはカードでいいだろう?


脳内会話が止まらないのでした……。
by cyclotourist | 2012-07-15 19:49 | おしらせ | Comments(15)
Commented by たけちゃん at 2012-07-15 23:37 x
個人的には、自転車は知恵と工夫を駆使する知的な遊びだと思っています。とりわけ自転車旅は、ある程度の万能性を維持することが必要ではないでしょうか。路面状況や傾斜によってタイヤやギア比に悩むことはあります。しかし、自転車そのものを取り替えてしまうことはどうなのか。
旅の途上で見つけた林道に入ってみたい、荒れた路面の先に何があるのか知りたい。そんな好奇心に駆られることは多々あります。そのコースは別仕様の自転車で来るべきなのか。目的地や経由地変更は、合理性を特化すればするほど遠ざかります。残りの人生に時間的猶予がないこともありますが、知恵と工夫、そして多少の不便を甘受してでも乗り切りたい。妥協の産物である自転車は、それ用に特化された自転車ほど美しくないかもしれませんが、かつてはレースでさえそうだったのです。人生の旅に必要なのは“知恵の引き出し”ではないでしょうか。ただ速く走る、作戦は監督が、マシンのメンテはサポートに依存…、そうした体育会系サイクリングとは違う世界に惹かれるのは私だけでしょうか。
Commented by 441M(よんよんいちえむ) at 2012-07-16 01:50 x
いいんですよ、部品は変える為に付いているんですから(へへ嘘です)
ハンドルはバーテープがめんどくさいけど、ステムやピラーだったらサイズさえ合えば簡単に交換出来る筈。
昔はそうやって、メカとメンテを覚えたものです(ジジ臭)
Commented by ZENON at 2012-07-16 11:00 x
昔は、最初に安いパーツで組んで、その後にグレードアップすると、元のパーツ分の投資が丸々無駄になりましたが、今はオークションという便利な手段があるので、差額分で交換が出来るので、良い時代になったとではないかと!?
※特に、正解が見つけづらいサドル選びでは、この点は重要かと。

個人的には、パーツもそうですが、高い自転車(主にフレーム)を手に入れた後に、安い物を手に入れた時、それに対する思い入れを、どう確保するかが、課題です。
Commented by 輪太郎 at 2012-07-16 15:08 x
パーツ問題、確かに悩む時はありますね。ただ、パーツを高くすると当然全体価格は上がり、私の場合、「床の間自転車」傾向がまします。個人的には、自分の乗りたいフレームに、その人に対し比較的安価、もしくはマッチした程度のパーツで組めばよいかなと。ただ、ステム、ピラーで意外と安っぽく見えることもあり、難しいですね。オイラは近未来?のチタンリジッドMTBツーリング車では、パーツはデオーレクラス。ピラーやステムは安っぽく見えないモノでまとめたい等と思っています。編集長のこの新車はこれはこれでありとは思いますが、数ヶ月後には交換の運命なのかなとも思います。
Commented by ミウラSV at 2012-07-16 21:30 x
ディズナは自分も使ってました。ステムのクランプパーツやシートピラーのやぐらも色を変えられるので、そういう楽しみ方もあるのでは?
ステムやシートピラーは性能に直結するものでは無いので、カラーコーディネイトなどで楽しまれてはいかがでしょうか。
高級品だからマッチするとは限らないと思います。
楽しみましょ!
Commented by hiro at 2012-07-16 22:16 x
新車完成おめでとうございます。
クロモリなのにアルミかと思わせるようなスタイル。
それにストレートフォーク。
一見、硬そうな感じがするのですが、
実際にはどうなのでしょう、興味しんしんです。
シート部分仕上げなんかも素晴らしいです。
ケルビムさん、マキノさん、さすがは東の雄ですね。
パーツですが、使用頻度が多く破損・消耗し交換の事を考えれば、
ミドルグレード程度で充分かと。
何よりお財布に優しいですし(笑)
たとえ高級パーツが付いていなくとも、
使い込まれた自転車って、とっても格好良く見えてしまいます。
Commented by cyclotourist at 2012-07-17 00:36
たけちゃん様
真摯なコメントありがとうございます。
自転車の台数が増えることと、旅を好む気持ちは
僕の中ではうまく同居しています。
計画したツーリングプランにもっとも合うような
自転車で旅立ちたいと思いますし、出先での
想定外の出来事は、ない知恵を絞って対応し、
旅を続けたいなあと思いますし、続けてきました。
体育会系を否定する気持ちはありませんが、
僕は体育会系ではないつもりです。

441M様
なんでルビついたんですか(笑)
言っときますけど部品の交換とか多少のメンテくらい
僕でもできますから! たぶん(笑)

ZENON 様
コメントありがとうございます。
実はオークションの出品経験がありません(笑)。
価格と愛着はたしかに正比例するものでは
ないかもしれないですね。
今後ともよろしくお願いします。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
まあ、パーツ交換は妄想と言うか夢みたいな
ものです(笑)。身の丈にあった楽しみを
したいと思います。

Commented by cyclotourist at 2012-07-17 00:36
ミウラSV 様
コメントありがとうございます。
カラーコーディネイトはお気軽カスタムに見えて
奥が深い面もありますよね。センスに自信が
ない僕には苦手な分野です。

hiro様
コメントありがとうございます。
使い込んでるけどキレイ、そんな自転車に
乗りたいですね。舞台巡礼しまくって
ハクをつけたいです!
Commented by たけちゃん at 2012-07-18 01:46 x
田村さんはもとより自転車の旅人だったはずです。ただ、ブルベにのめり込むうちに、少しずつ変わりつつあるように感じます。その良し悪しをコメントするつもりはありませんが、こうしたことは本人は気づきにくいもの。他者だからこそ見えることもあるように思います。

以前、「晴天が予想されるブルベや山岳コースが長いブルベはマキノ号…、降水確率が高い場合、あるいは平地主体のコースではランブラー…」というようなことを書いていたかと思います。

機材スポーツは適材適所も知恵と工夫のうちではありますが、そうなると同じブルベでも、200kmと400km、あるいは600kmでは求められる自転車は異なる。天候、コース、距離にドンピシャリなのは一台しかない。タイムトライアルはもちろん、平坦路とヒルクライムでは全く別のバイクを用意するロードレースと同じになってきます。やはりブルベは、旅というよりはレースなのかもしれません。競う相手がタイムであり、自分自身というだけで。行き着くところは? 慣れるという要素を抜きにすれば、一台のバイクには一度しか乗らない…ということになるのかも。
Commented by たけちゃん at 2012-07-18 01:47 x
私はクライマーでした。自転車ではなく登山の、です。登攀は機材に左右される要素が大きく、そこが面白いともいえるのですが、ただ単に登り切ることを目標にすると、ひたすら用具の選定や改良にばかり引きずり込まれてしまうことも。この季節のこのルートにはこの道具…。そのためだけのスペシャルができあがる。○○ルート用スペシャルは実に合理的かつ効果的なのですが、同じルートを先人たちは旧式の道具で突破してきました。それゆえ、同じ感激は味わえない。それに気づいたときから、私は機材へのコミットメントを排除しようという思いが強くなった次第。同じことが自転車でも成り立つのかどうか、私にはわかりませんが…。
Commented by cyclotourist at 2012-07-18 02:41
たけちゃん様
コメントありがとうございます。
とても重要で示唆に富んだご意見だと思います。
何年か前から、旅先で巡り会える風景と同じくらいに、
そこへ連れていってくれた機材、というか僕にとっては
相棒である自転車自体が、かなり重要な存在です。
たとえるなら、古女房とどこかへ出かけても
退屈だったりするのが、憧れの女性とだったら
ほんの隣町でもときめくと言うか……あくまで
たとえですが、それだけ自転車自体も好きに
なっているのです。
もしかしたら、しばらくしたら、あの時は
煩悩にまみれてたとか、悟ってなかったなあと
いつか懺悔するのかもしれませんが、それなりに
今は楽しいです。ブルベも従来のツーリングと
同じくらい楽しいですし。
今後ともご意見お待ちしております。
Commented by たけちゃん at 2012-07-19 00:44 x
旅の相棒…。自転車乗りにとって、自転車は相棒でしょうか? 旅の形によって相棒を取り替えるとしたら、それってホントに相棒?

田村さんの「古女房とどこかへ出かけても退屈だったりするのが、憧れの女性とだったらほんの隣町でもときめく…」とありますが、私は時間が許すかぎりパートナーと一緒に(連れていくのではなく)出かけます。同行者は同好者でなければ無理ですが…。前方と左右は見えても背後は死角。物騒な表現ですが、互いにカバーし合うことで十字砲火を浴びないための戦友みたいな関係でしょうかね。前に書いておられた「結婚自体に悔いがないかと言えば微妙ですが…」、なにやら不穏ですね。そういえば、娘さんのCHERUBIM製作に「問題は、自転車が完成するまで家庭が存在しているかです…」というのもありましたっけ。
Commented by たけちゃん at 2012-07-19 00:48 x
あの旅はコイツと、コチラとは別の旅だったな…というのが悪いとは言いませんが、いつもコイツと一緒だったなぁと思いたいのは、私がトシをとったせいかもしれません。だから、お互い色々ベストではないけれど、それはそれでカバーし合いながら、可能なかぎり旅をつづけたい…。自転車も…。
Commented by AG at 2012-07-19 08:21 x
たけちゃん様
横槍になりますが、そろそろ遠慮されては如何ですか。
が校了間近ということは、編集長は一番忙しい時期と察しますが、そんな中真摯に返信されているのに、貴方がいつまでも重箱の隅を突くみたいに反論(としか思えません)されていては、終わりません。
編集長は今後とも……と書かれてますが、一ファンとして、私は読んでいて愉快ではありません。

普段、私はこういったブログは読む専門でコメントはしません。しかし、自転車のことならともかく人様の家庭や人間関係の在り方についてまで意見されそうなので、さすがに行きすぎと感じ、投稿しました。
突然の無礼はお詫びします。

編集長様
7号楽しみにしております。
Commented by たけちゃん at 2012-07-19 12:40 x
AGさん、

全部にコメントする必要はないし、田村さんも適当にスルーしていると思いますよ。ここのコメントからもアイデアや言い回しを吸収しているはず。物書きとはそういう人ですから。『シクロツーリスト』も発行部数が増えれば、全読者の声に応えることなど、やりたくでもできないでしょう。それは誌面作りで応えればいいのです。受け取ることもあれば、そうでないものもある。

田村さんの言葉はオープンにされたもの。ご本人が面白おかしく書いている箇所の引用です。でも、自転車旅の伝道師なのですから、最も身近にいる人間とバトルするより仲間に引き入れて欲しい…。

「遠慮されては…」と「愉快ではありません…」について、ここで言及するのは控えますが、有用なヒントをくださったことに感謝いたします。

東北特集、私も楽しみにしております。お盆過ぎになりますが、私もLand's Endまで足を運びます。
<< 「東北」特集、校了間近 発進! マキノ号 >>