ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

初めての輪行サイクリング

こんにちは、田村です。

今朝、いつものようにプリキュアを見終えた娘が
「リンコー行こうよ」と
言ってきました。珍しく気が変わらなかったようです。
d0211129_190360.jpg
出発は西武線の池袋駅。
特急レッドアロー号で一路、秩父へ。
引きづりながらも
自分で輪行袋を移動させる娘。
「早く乗らないと!」
父が頼りにならないと、娘はしっかり者に
育ちますね。
d0211129_1931251.jpg
終着の西武秩父駅で下車。
降りた瞬間から、秩父は
あの花」ワールドです。

今回のテーマは、アニメ「あの花」の
舞台巡り、です!
ほんと、このアニメ泣けるんです。
そして秩父のさまざまな場所が舞台なのです。

しかし、四十男ひとりで
巡礼を実行するのは若干気恥ずかしくもあり、
かといって一緒に行ってくれる仲間もいない(悲)……

そこで用意周到に昨年から娘にアニメを見させ、
補助輪なしで走ることを覚えてもらい、
輪行まで教えた次第。思えばここまで長かった…。
d0211129_1981617.jpg
d0211129_198324.jpg
禁断の(?)車輪を
外さない輪行。でもブロンプトン並みに
コンパクトになるのは、さすが12インチ車。
袋から出すのは自分でやり、アーレンキーで
ハンドルを固定するのは手伝いました。
d0211129_19103642.jpg
d0211129_19104940.jpg
西武秩父駅のとなりにある
観光案内所では、「舞台探訊」マップを
無料で配布しています。ぜひ入手を。
d0211129_1913564.jpg
街中へ走り出すと、
もうそこら中に「めんま」(アニメのヒロイン)が。
「めんまだあ〜」
と、娘は大喜び。すっかり自分用にしている
デジカメで撮影に励みます。
d0211129_19135178.jpg
まずは作中で「キービジュアル」として
描かれている旧秩父橋へ。
なるべく裏道をたどります。
d0211129_19155023.jpg
d0211129_19153118.jpg
旧秩父橋。
「あの花」放映前にもなんどか通ったことがある
橋ですが、今こうして再訪してみると
感慨深いものがあります。
しかし、西武秩父駅から旧秩父橋まで、
距離3.5kmを走破するのに
実に一時間以上かかってます(笑)。
d0211129_19204541.jpg
「じんたんとあなるが話してた公園いこうよ〜」
僕以上に作中シーンを覚えている娘。
地元の方が
「あの花かい、あの先の電柱あたりでみんな写真撮ってるよ」と
親切に教えてくれました。
すっかり地元でも「あの花」めぐりは認知されてるようです。
こんなとき、自分一人でなくてよかったなあと
実感します。
d0211129_1922532.jpg
行く先々には
次々と大きなお友達が。だいたい3、4人組で、
年齢は20〜30代とお見受けします。カップルもいたりして、
“アニメツーリズム”効果は
間違いなく大きそうです。
d0211129_19243824.jpg
公園からほどちかい、
秩父札所十七番、定林寺。ここも
作中でとても印象的な舞台。
思ったよりこじんまりとしてますが、
とても風情の良いお寺さんでした。
d0211129_19253824.jpg
こんな取り組みもあるんですね。
d0211129_1926455.jpg
奉納された絵馬の数々。
d0211129_19265377.jpg
…………
d0211129_20182768.jpg
市街に戻ると……。
深くは説明しますまい。
「やばいよねえ、男だよね」
と、オタク気質の娘は興味津々。
こ、こら、写真撮っちゃダメ。
d0211129_19295950.jpg
秩父の象徴、武甲山。
石灰の採掘のためかなりえぐられてます。
幼少時、採掘前の勇姿を見てるはずなのですが、
さすがに覚えてません。
d0211129_20141853.jpg
3時間半ほどで西武秩父駅に
戻ってきました。
d0211129_20145745.jpg
「できるから」
と、アーレンキーでステムを緩める娘。

途中、なんども転びながらも、
けっこう楽しんでくれた様子。
今だけだとは思いますが、おっさんの趣味に
つきあってもらって、うれしい限りです。

結婚自体に悔いがないかと言えば微妙ですが、
子供を授かったのはシアワセだなあと実感しました。

帰りの電車の中では、
「トーエイとケルビム、どっちが好き? うちにある
青いのと緑のがトーエイで、銀色の派手なのが
ケルビム。どっちかだったらどっち?」

「どっちが何色あんの?」
「どっちも好きな色で塗ってもらえるよ」
「うわ〜(喜)」

で、帰宅後、娘の母親に
「そろそろ自転車が小さいから、新しいの作るために
15万円くらい出してくんない? え、ドンキ?
すぐ乗れなくなる? 少なくとも一年以上は着る服を
君はドンキで買うのかよ。俺の金? あれば
相談しないよ。サイズが合わない自転車に
乗せるのは可哀想だろ!!」

ドン、ガチャン、パリーン……ぐふぅ。

今日一日があまりに楽しかったので、
そのテンションを家庭に持ち込んでしまったことを
激しく後悔しているのでした……。

それにしても……

今は文学や歴史的な史跡だけでなく、
アニメが立派な旅の動機になるんだなあと
秩父を訪れる方の多様さをかいま見、
あらためて実感しました。

「坊ちゃん」を読んで松山へ、
「津軽」を読んで金木へ。
はたまた、
川中島の戦いとか、長篠の戦いとか
関ヶ原とか…。

それと同じことが、今はアニメで起こっているし、
そうした本当の意味でリアルな舞台の
アニメが、最近は増えたんだなあと思いました。

さすがに、ヤマトやガンダムじゃあ
舞台巡礼は難しかったですからね(笑)
by cyclotourist | 2012-05-27 20:44 | おしらせ | Comments(11)
Commented by 輪太郎 at 2012-05-27 20:57 x
すごい。これ、全国最年少輪行記録じゃないですか。うちの息子は18才。まだ、輪行デビューしていません(サイクリング少年ではないし)。完敗でした。でも、素晴らしいですね。交通事故に気をつけ、また行けると良いですね。
Commented by 奇特男子 at 2012-05-27 21:54 x
自走で帰れず泣く泣く自転車を鉄道に乗せたのが輪行のデビューだったのですが…輪行袋を引きずる姿が本当に微笑ましい!続編を楽しみにしています!
Commented by やっぱりSW at 2012-05-27 23:24 x
うぉぉぉぉお!なんて周到な作戦!搦め手・洗脳・伏線いやいやそんな安直な言葉じゃあとてもこの努力を表現できません。こりゃ一度、岳さんに取材してもらって、アオバ妹にしてもらわないと!
Commented by 441M at 2012-05-27 23:33 x
なんか良くわかんない世界ですが、確実に町興しには役立っていそう。
結婚に対する問題発言は、声を大にして激しく同意いたしますぅ~(笑)
Commented by こじま at 2012-05-28 00:16 x
娘さんを主人公に全国アニメの舞台訪問レポートで、本が1冊出来ますね。狙ってませんか?
Commented by 腹ポ at 2012-05-28 14:59 x
いや~、ホント、ズリズリ輪行可愛いですね。
うちの娘が始めて輪行したのは小学校3、4年生ぐらいの時だったかなぁ・・・
自転車は、馴染みショップの常連さんの息子さんが小さい時に乗っていた24インチ、ロードでした。
子供用自転車って乗れる時期が短いから、ショップ常連さんの子供用に順番に乗り回していって、うちの娘が確か4人目オーナーだったかな。
編集長の周りでもツテ探せば何処かに子供用自転車が転がっているかもしれませんよ~

初めての輪行の時のものではありませんが、某所掲示板にその当時の自転車画像が残っていました。
エルバの24インチロードですが、今も多分誰かが使っているはずです。
http://www.g-smile.com/bicycle/road/img/195.jpg
Commented by cyclotourist at 2012-05-28 15:22
輪太郎様
コメントありがとうございます。
最年少輪行記録! そうだったら名誉ですね。
まあでも日本は広いですから、きっと
3歳くらいで輪行しちゃってる子もいるでしょうね。

奇特男子様
コメントありがとうございます。
僕の初輪行も、レース参加のために
嫌々…でした。続編はいつになるかなあ…。

やっぱりSW様
コメントありがとうございます。
意外と腹黒いんですよ、僕(笑)。
ぜひ、宮尾先生にご推薦ください。

441M様
少なくとも、絵馬が馬鹿売れの定林寺と
西武鉄道には莫大な利益をもたらしてると思います。

こじま様
いいですねえ、そんな本。
こじまさんはバイストン・ウェルを担当し、
リポート書いてくださいね〜。

腹ポ様
コメントありがとうございます。
画像、拝見しました。かわいいレーサーですね。
僕の周りは独身貴族が多いですから、
小さい自転車はなかなか見つからないです。
Commented by hiro at 2012-05-28 23:22 x
信州の小諸や木崎湖も「あの夏」効果で
巡礼の方が増えたと聞いています。
戦国の大河ドラマやアニメで登場する舞台、
仰る様に充分にツーリングのテーマになりますね。
Commented by cyclotourist at 2012-05-29 16:46
hiro様
コメントありがとうございます。
最近、「あの夏」も見て、小諸行きを
狙っております(笑)。もちろん、娘にも
見せてますが、このアニメは少々お色気があり、
「いまちょっとおっぱい見えそうだよね」とか
娘が指摘して恥ずかしいです。

Commented by あんこう辺 at 2012-06-04 20:15 x
ウチの娘(長女)は10歳になりますが、まだまだパパラブラブですよ。お母さんがお父さんを立ててくれるのも大きいと思います。お母さんの対応しだいで、娘のお父さんラブラブ年齢も上がると思うデスよ。奥さんも味方につけないとイカンですよ。
Commented by cyclotourist at 2012-06-06 17:25
それは田村家では無理ですね(笑)。
<< レインボーブリッジ 輪行の練習 >>