ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

雪国

こんにちは、田村です。
d0211129_20422324.jpg
またまた、みどりの窓口泣かせの
異常(?)なきっぷを購入。

東京都区内から東京都区内で
13,240円?
これこそ、鉄道の醍醐味「ひと筆書ききっぷ」!

池袋→大宮→越後湯沢→(燕三条→長岡)→
富山→鯖江→米原→東海道新幹線で東京、というきっぷです。
(カッコ内は、ひと筆書きから飛び出すので、別途きっぷ用意)

以前も書きましたが、距離が長い乗車券は、
途中で何度も乗り降りができ、有効日数も長くなります。

これで、全国各地のショップをリーズナブルに
巡れるというわけです。

しかし、またしても冬型気圧配置を狙ったかのように
豪雪地帯へ向かうことになりました。
d0211129_20495597.jpg
上越新幹線の燕三条駅前。
もはや、徒歩移動は不可能。
北海道や東北よりは寒くありませんが、
積雪はこちらのほうが多いです。
取材させていただくショップさんへはタクシーで。
基本、弊社はタクシー禁止らしいけど、許して欲しい…。
d0211129_20504643.jpg
三条市でスゴいショップの取材を終え、
長岡へバック。消雪設備を完備してる
上越新幹線。スプリンクラーが車窓を叩きます。
d0211129_20521177.jpg
長岡で名店を取材後、
お店の方がクルマで駅まで送ってくれました。
ずいぶん雪がクルマに積もってたので、
「何日か置いてたんですか」とたずねたところ、
「2時間でこれですよ」とのこと……。

なんでも長岡はまだいいほうで、
この2倍、4倍積もる地域も多いとか。

寒いってだけで自転車から遠のいてしまう
東京の自転車乗り(僕)は、
なんて軟弱なんだろうと思いました。
セイラさんにビンタしてほしいです。
d0211129_20582746.jpg
越後湯沢から、特急「はくたか」で富山へ。
上越線や信越線が続々と運休する中、
「はくたか」が走る、ほくほく線は運行中。
さすが、新幹線並みの高規格線です。
d0211129_211126.jpg
北陸線に入ると、
日本海が車窓に広がります。
それと共に、遅れも広がります。

昨年夏、この沿線をサイクリングしましたが、
当たり前ながらまったく様相が異なります。
降り続く雪、雪……。
d0211129_2143225.jpg
たどりついた富山では老舗ショップを訪問。
カーボンフレームが並ぶフロアの上には、
立派な工房が! これが底力なんだなあと
感動しました。

先週は北海道と東北のショップ、今日と明日で
越後、北陸のショップさんを取材。
この季節もがんばって営業しているショップの
みなさんには、いち異邦人の僕も頭が下がります。

そして耳にするのは、有力ブランドの
自転車を扱うことの難しさ、リスクです。
それでも、求める方がいるかぎり、応じなければならない
というジレンマ。

乗り手・ショップ・メーカー(問屋)さん、
という三者の関係。

いま、ちょっとメーカー側の
力が強すぎるんじゃないかな、と思います。

やっぱり、キモはショップさんです。

乗り手という個人の声を聞くことができ、
メーカーにフィードバックできる存在がショップです。

メーカー→ショップ→乗り手、という流れが、
メーカー←ショップ→乗り手、になれば
いいなと感じます。

最近は
メーカー→その直系ショップ→乗り手
という形もありますが、これはまた選択肢を
狭めているなあと思います。

オーダー車なら、
メーカー(ビルダーさん)←→乗り手となって、
一見するといちばん良い気もしますが、
これは乗り手に求めるスキルが高くなりすぎます。

僕は半可通なので、オーダー車であっても、
ショップさんの経験を通して作ってもらったほうが
よいものができると思ってます。

「ユニクロ」的なビジネスって、
一時は多くの人がうれしがるけれど、
なんか「安さ勝負」って夢がないし、
それで日本に仕事がなくなったら
本当によい物が日本で作れなくなり、
結局は僕らも仕事を失って、「ユニクロ」すら
買えなくなってしまう気がします。
う〜ん、どうなんでしょうね。

今夜は富山駅前に投宿中。
ホテルで傘を借り、徒歩3分のコンビニまで
歩いたら、雪でみるみる傘が重くなり、
驚きました。
by cyclotourist | 2012-02-09 21:48 | お店探訪 | Comments(6)
Commented by at 2012-02-09 22:55 x
ユニクロ的ビジネスへの問題提起は、グローバリズムの中での「国民経済の在り方」という視点ですね。皮膚感覚でそれを捕らえられるのは素晴らしいと思います。安けりゃいいと量販店で売られる一万円を切る自転車が、技術を持った町のプロショップを駆逐し、挙句、整備も出来ない量販店しかなくなります。安い人件費を求めて資産拠点を海外移転させれば技術の流出を招きます。今の流れは間違いなく日本の国力を衰えさせます。どこかでこの悪循環を断ち切らないといけないでしょうね。
Commented by at 2012-02-09 22:56 x
すいません、打ち間違いました。資産拠点ではなく生産拠点です。ゴメンナサイ
Commented by 輪太郎 at 2012-02-09 23:16 x
新潟、懐かしいです。79年12月、ゼミ研修旅行(地理ゼミに所属)で、1週間新潟にいました。三条市も行きました。帰りの上越線(在来)、雪景色が見事でした。鉄ちゃんの友達が、上越線が一番景色のいい路線と教えてくれました。オイラにとって、新潟は、自転車では処女地。いつか行きたいですね。この取材で作られる本も楽しみです。町の良心的ショップが駆逐されるのは悔しいですね。オイラは個人商店(肉屋ですが)が実家なので、町の店が好きです。もちろん、大型店でも買い物はしますけど、喫茶店だって、個人店が好きですね。
Commented by cyclotourist at 2012-02-10 08:19
R様
コメントありがとうございます。
今みたいに何十万円もするカーボン自転車なら、
国内の人件費でも作れそうですよね。テレビを見てたら、
もうカメラだけが、日本のもの作りの牙城だとか。
ちょっと寂しいですね。

輪太郎様
コメントありがとうございます。
お肉屋さんが実家でしたか。うちの近くにも
寂れた商店街があるのですが、つい、スーパーに
行っちゃうんですよね。これからは
なるべく個人店重視で生活しようと思います。
Commented by 越のクマ at 2012-02-10 14:43 x
これからは「小商い」。身の丈に合った商売。
長岡市に来られたのですね。ぜひお会いしたかった。
そして、当店にもお寄りいただきたかったです。
ただショップでも、こちらは珈琲店ですが・・・。
尚、私「長岡ランドナー倶楽部」の雑用係りをしております。
Commented by cyclotourist at 2012-02-10 21:35
越のクマ様
コメントありがとうございます。
僕もお会いしたかったです。次に長岡を訪ねた際は
美味しい珈琲を楽しみにうかがいます。
「長岡ランドナー倶楽部」のますますの
発展に期待しております!

<< さよなら… 『自転車ビルダー入門』発売開始 >>