ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

キューシート

こんにちは、田村です。

不安にかられて、
深夜2時に眼が覚めてしまいました。
(寝るのが早すぎたせいかも)

酔った時の失態や口座残高も不安ですが、
いま一番の心配は、我がケルビム号です。

ショーモデルのカッコ良さを活かしつつ、
最適なライト位置を確保するために、
ケルビムにはフロントキャリアを
設けてません。

するとまともなフロントバッグが付かないので、
ブルベに出る時はどうやってキューシートを
確認すればいいのだろう……という不安です。
ここのところ、ずっとコレで悩んでました。

キューシートとは、曲がるべき交差点などが
列記してある、ブルベ用の道案内です。

ツーリングなら、必要に応じてポケットから
地図を出せば用は足りますが、知らない道を走るブルベでは
常にキューシートが視界に入ってないと不安です。
しかし、市販のマップケースで、サイズや取り付け位置が
しっくりするものが見当たりません。
d0211129_513851.jpg
そこで、身近なカードケースを
利用して「キューシートケース」を
自作してみることにしました。
パソコンに写ってるのがキューシートです。
エクセルの表組なので、あるていど自由な
体裁でプリント可能です。
d0211129_5154111.jpg
ダブル仕様のカードケースに
ぴったり収まるように塩ビ板を切り、
サイクルコンピュータの台座にビス止め。
日東の「便利ホルダー」のバーに固定します。
d0211129_517218.jpg
ついでに、アヘッドステムの
スペーサーに4mmのビス穴を
タップで立てます。
d0211129_5175228.jpg
ベルが付きました。
スペーサー付きのベルが市販されてるのは
知ってますが、たまには手を動かすのもいいものです。
しかし、基本的にプラモデル用の工具しか持ってないので、
無駄に時間がかかって疲れました(笑)。
d0211129_520358.jpg
じゃ〜ん!
ブルベに欠かせないキューシュートケースとベルが
装着されたコクピット周り。

これで1月8日に開催されるブルベ(108大村200k)に
心おきなく参加できるというものです!

その模様や装備の使い勝手は、
いつの日か『シクロツーリスト』で
リポートしたいと思います。

早起きもたまにはするもんだなあ……でも、
とりあえず二度寝します。
by cyclotourist | 2011-12-30 05:29 | おしらせ | Comments(3)
Commented by 輪太郎 at 2011-12-30 10:27 x
良いですね。市販品も良いけど、自作も良いです。私も過去、MTB用に、マップケースを自作しました。山中で確認しながら、これまた自作の地図に書き込みを入れ、どんどん詳しいMy地図が出来てきました。最後に報告、29日、今年最初のサイクリングに行けました。広島湾の江田島です。距離は43㌔とささやかですが、高2の息子(野球部)と行きました。私はパナチタン87年モデル、息子は09スペシャクロスでした。きつい登りでは私がもう弱くなっていました。残念。でも行けて良かったです。来年はリベンジです。
Commented by キッチョム at 2011-12-30 11:39 x

シクロツーリストの林道特集に影響を受けて林道デビューしました。携帯電波の無い林道でのNAVIはiPhoneにインストールぢたMAPFAN。今度、NAVIの特集もして下さい。

http://kittyomu.blogspot.com/2011/12/20111225.html
Commented by cyclotourist at 2011-12-30 19:23
輪太郎様
コメントありがとうございます。
そしてご子息とのサイクリング、おめでとうございます!
来年はもっとたくさん走れるといいですね。

キッチョム様
コメントありがとうございます。
ブログ、拝見しました。すてきな林道ですね!
ナビの特集は秘かに計画しております。
今後ともご支援、よろしくお願いします。
<< 大掃除 絹代さん結婚式 >>