ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

松姫峠&風張峠

こんにちは、田村です。
d0211129_19565146.jpg
伝説の某Hカメラマン(50代。写真左)と、
「物欲王子」ことケンジ君(18歳。写真右)と共に
松姫峠(写真)&風張峠ツーリングをしてまいりました。
三人とも100%遊びです。僕は休暇を取っての参加です。

山梨県東部、大月の北にそびえる松姫峠(標高1250m)、
都内最高標高地点の風張峠(標高1146m)を
いっぺんに走ってしまった欲張りな一日でした。
(JR中央本線の大月駅〜両峠〜JR五日市線の武蔵五日市駅)

d0211129_2003062.jpg
ケルビムの電動ランブラー、輪行にて出陣!
先日、ガードを分割式にしてもらったおかげで、
スムーズに解体、収納、組み立てをクリア。
ハブダイナモ、ディスクブレーキと特色ある装備の本機ですが、
輪行に支障はありませんでした。
d0211129_2025857.jpg
深城ダムにて。
紅葉まっさかり! ここから松姫峠まで、本格的な登りがスタート。
d0211129_2043375.jpg
陽光をうけてきらめく電動ランブラー。
形も色もハデなツーリング車なので、
(駅でも「電動ですか!?」と声かけられたり)
ちょっと華やかすぎて、乗り手のショボさが恥ずかしいほど。
もっとも、峠ランで見てるのはニホンザルくらいです(笑)。
(10匹以上、道の脇に見かけました)

「いちばんに峠へ着いた人が、他二人に昼飯おごってもらう!」
急遽、山岳賞が設けられ(僕が言い出したのですが…)、
がぜん、ペダルに力が入ります。

深城ダムから松姫峠までは、距離9kmほどで標高差約600m。
けっこう僕はマジで走り、言い出しっぺだけに
必死になって一番で登頂したものの、
そのわずか1分後にH氏も到着!
d0211129_20113355.jpg
かなり余裕の笑み。
自転車経験わずか数ヶ月ですよ。おそろしい……。
d0211129_20153252.jpg
20分待ちで王子が到着。
そうそう、こうでなきゃ。
ささやかな優越感に浸らしてもらいました。
d0211129_20172748.jpg
松姫峠からは富士山がちょっぴり見えました。
今日は今年一番と思えるほどの晴天でした。
d0211129_20182171.jpg
下った小菅村にて。
旅館でランチやってました。もちろん、
こう見えて僕はオトナなので、王子の昼飯はおごりましたよ。
d0211129_20194943.jpg
奥多摩湖まで下り、奥多摩周遊道路へ。
次なる峠、風張峠への道です。
こちらも紅葉が鮮やか。
オートバイやクルマがぶいぶい言わしているのが
少々気になりますが、よい道です。
d0211129_20231546.jpg
奥多摩湖を眼下に見下ろす我が電動ランブラー。

トーエイ・スポルティーフを、癒し系メイドさんに例えるなら、
このケルビム製ツーリング車は、かなりのツンデレ系。
「速く登りなさいよ」って言ってる感じ?

タイヤが同じなので比べやすいのですが、
要はケルビムの剛性が高いのです。その分、僕が苦手な
下りではとても安心感をもたらしてくれ、
「がんばったじゃない。ご褒美♥」って言ってくれる感じ?

すいません、訳分りませんね。いずれ
ちゃんとリポートします。
d0211129_20272334.jpg
三人で記念撮影。こんなこと今までしなかったのになあ(笑)。
やっぱり100%遊びのツーリングはいいものです。
なんだかんだ言って、気心知れてる二人だし。
d0211129_20291595.jpg
風張峠着。もはやH氏はどこ行っても大丈夫でしょう。
峠は気温2度とかなり寒かったです。これから
峠を走られる方は、どうか防寒防風にご留意を。

王子は……下りは速いです。マジで。
こっちもムキになって下りで抜き返したら、さらにムキに
なって抜き返され……まあ、王子と同様の10代に戻れたようで
楽しかったです。

下りに下って、たどり着いた武蔵五日市駅から輪行。
走行距離は88km。王子はそこからさらに30kmほどの
自宅まで走っていきました。ほんと、平地だと元気だなあ。

なかなか満ち足りたツーリングでした。
で、僕は明日も秩父方面へ出かける予定です。
今日の疲れが残らないことを心から祈ってます。
by cyclotourist | 2011-11-22 20:56 | おしらせ | Comments(3)
Commented by 輪太郎 at 2011-11-22 21:49 x
素晴らしいお休みです。本当に羨ましいです。ポタリングさえ出来ない状況が続いています。明日も自宅で仕事です。でも、このブログでホッとします。大月、懐かしいです。山梨県都留市の大学でしたので、新宿から大月を経て、都留市というのが、広島から行くときのコースでした。ただ、大学時代は、ほとんどサイクリングをしていなかったので、ちょっぴり悔いはありますが。それにしても、この日のサイクリング、良いですね。カメラマン氏、凄すぎます。このコース、いつかは行ってみたいな、そう思われるコースですね。
Commented by まる む at 2011-11-23 20:16 x
へぇ、?ケルビムの2本トップ+アーチシートステイのほうが
剛性が高いですって??
私自身が乗っていないので、何とも言えませんが。

松姫峠の南登りは、お疲れさまでした。
Commented by cyclotourist at 2011-11-24 12:57
輪太郎様
コメントありがとうございます。
早くサイクリングの時間が取れるようになるといいですね。

まる む様
ダウンチューブがオーバーサイズのためか、
かなり踏み応えがあります。2本トップや
シートステーも、必ずしも柔らかくは
なさそうです。
<< 矢久峠・志賀坂峠・八丁峠 CBAのスポルティーフ >>