ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

CBAのスポルティーフ

こんにちは、田村です。

先日、バイシクルショップ玄さんを
訪問した際に話題に出たのが、
「サイクルベースあさひ」のスポルティーフです。
驚くべきはその価格、なんと49,800円!
むろん、完成車での価格です。

リンク先(あさひさんのページ)を見ていただければ
一目瞭然ですが、ルックスはいい雰囲気です。
(もちろん、価格を知った上での印象ですが)
その名もretour(ラトゥール)。
詳細なスペックも紹介されています。

しかし、本当にこの価格で店頭に並んでいるのか、
現物はどうなのだろう? と気になります。

そこで、自宅近くのサイクルベースあさひに行ったところ、
窓際の特等席に陳列してありました!
d0211129_13163366.jpg
本当に49,800円です!
フレンチブルーがけっこうキレイです。
リムもガードも光ってます。キャリアはありません。
d0211129_13191754.jpg
溶接もそんなにひどい仕上がりではありません。
d0211129_13203788.jpg
控えめな金色のロゴも悪くないですが、
フォークはユニクラウンで安価なクロスバイクといった印象。
d0211129_13263950.jpg
トップチューブには
cyclo tourismと誇らしく(?)書かれています。
d0211129_13312932.jpg
店頭のPOPによると、
プロムナード風モデルやミキストも登場するとか。

“retour”とは、再生とか回帰という意味らしいです。

ツーリングの間口を広げる福音となるのか、
ツーリングの世界にまで価格破壊を呼び込む悪魔となるのか、
ちょっと(というか、かなり)気になる自転車です。

無論、見ただけで購入には至りませんでしたが、
買って乗り味を確かめたい! という気持ちが
うずいてしかたありません。
by cyclotourist | 2011-11-20 13:39 | おしらせ | Comments(6)
Commented by 輪太郎 at 2011-11-20 18:39 x
この価格には驚きですね。でも、まぁ、それなりのクロス車が割合、安価で設定されているのだから、Wレバー仕様の廉価版ツーリング車があっても良いですね。81年に買った私の初めての本格的サイクリング車、ラスコルサのランドナーが定価67800円でした。30年前です。そう考えると、このスポルティーフはありがたい価格設定と思います。近所(家から2㌔ぐらい)にあさひサンがあるので、電話して、もしあれば見せてもらおうかな、と思ったりしています(少し迷い。買う予定はないので)。
Commented by こじま at 2011-11-20 22:14 x
現代に甦ったロードマンですね。ツーリングをこれからやろうという方や、でもどりさんには、財布に優しい自転車です。普及品の価格帯が出てきた事は、底辺を広げるためには歓迎すべき事だと思います。
Commented by cyclotourist at 2011-11-21 20:36
輪太郎様
コメントありがとうございます。
冷静に考えれば、アラヤのフェデラルも同価格帯ですね。
意外とツーリング車は身近です。
広島で強い地震があったようですね。
被害などなかったことを祈っております。

こじま様
コメントありがとうございます。
僕のケルビムを酷評した(笑)こじまさんも
CBA号は前向きな評価ですね。
ますます気になります。
やっぱり買おうかな、研究用に(笑)。
Commented by 輪太郎 at 2011-11-21 23:48 x
地震のこと、心配してくださりありがとうございます。無事ですが、拙宅(廿日市)も、相当揺れました。このへんでは、滅多にない揺れでした。広島は地震が少ない土地と思われていましたが、近年は地震は増えています。自転車も無事でした。なお、近所のアサヒにはスポルテイーフはないことを電話で確認しました。広島市内の大型店のアサヒにはあるかもしれないとのことでした(笑)。
Commented by やっぱりSW at 2011-11-22 19:21 x
近頃あちこちのブログなどでも『ランドナー』『スポルティフ』の文字を目にするけれど、どう考えてもランドナーとして使えなさそうなものまでガードがついてりゃランドナーって言ってるよーな気がします。やっぱり言葉は独り歩きするものだなとビミョーに明日を憂いてしまう今日此頃です。
Commented by cyclotourist at 2011-11-22 19:38
やっぱりSW様
コメントありがとうございます。
言葉は難しいですね。自戒を込めて、
本当にそう思います。
<< 松姫峠&風張峠 分割式マッドガード >>