ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

200kmブルベに参加してきました

こんにちは、田村です。

ひょんなことからお誘いいただき、
今日は「BRM1001西東京200km道志みち」に参加してきました。
オダックスジャパン西東京主催のイベントです。

「ブルベ」です。
とうとう禁断の(?)世界に文字どおり脚を
踏み込んでしまいました。

いま、一部で熱いファンを増やしている
ロングライド系イベントの本流にして代表が
「ブルベ」です。

とは言っても、僕もまだ詳しくありません。
国内では
200km、300km(!)、400km(!!)、
そして600km(!!!)、1000km(!!!?)が
あるそうです。

それぞれ制限時間があって、200kmは
13時間30分とか。

それなら走れないことはないかも……と
楽天的に考えて参加申し込み。

し・か・し!
コースを確認してびびりました。

リンク先に「ルートラボ」の地図があるので
見ていただければと思いますが、
東京の町田~秋山(雛鶴峠)~都留(道坂峠)~道志みち(山伏峠)~
山中湖~道志みち~宮ケ瀬~町田 のコースです。

ルートラボによると獲得標高3314m!!!

飛行機じゃないんだから〜。

しかし、申し込んだものはしかたありません。

しかも、あのニシヤマが参加すると言うウワサ。
退くことはできません!
d0211129_20453418.jpg
当日のスタート地点にて。
写真左の、いかにもひとくせありそうな
おっさんがニシヤマです。

ニシヤマと言ってもご存じない方が多いと思いますが、
何を隠そう、昔は僕と机を並べていた
某エイ出版社の迷編集者です。
「旅する自転車の本」シリーズをはじめ、
クロモリ系やカスタム系の本はぜんぶ彼の手によるもの。

僕は当然、トーエイのスポルティーフ700×27Cで参加。
ニシヤマは古いデローザに20Cのタイヤ。
スタートは朝7時。
僕が住む池袋から、輪行+自走で
ここまで来るまでが大変だった……。

ブルベはレースではありません。
でも、個人的にニシヤマより後に
ゴールするわけにはいきません。
ツーリストである僕が、『シクロツーリスト』の名にかけて
いざ尋常に勝負!
d0211129_2053137.jpg
ニシヤマ、なんなんだその笑みは。いやらしい……。
まだまだ序盤の秋山周辺にて。
d0211129_20541390.jpg
ブルベのチェックポイントは指定されたコンビニ。
このレシートが通過タイムの証明です。
d0211129_20552417.jpg
コース中、最高所の峠、道坂峠に到達し、
アームウォーマーを着る僕。
そういえば、このスポルティーフのデビューも
道志道でした。この峠も越えたなあ……。


紆余曲折と艱難辛苦を経て、
僕は16:51分にゴール。ほぼ10時間。長いようで
あっと言う間のブルベでした。

東京スタートで、これだけクルマが少なく、
走りやすい(標高差を除けば…)コースを
生み出してくれ、僕たちを走らせてくれた
オダックスジャパン西東京のみなさんに
まずは感謝です。

で、強敵(と書いて「とも」と読むのが『北斗の拳』)の
ニシヤマとの勝負はどうなったのか?

そもそもなぜ、僕はブルベに参加したのか?

そして、いかにして200kmブルベを走り切ることが
できたのか……

その詳細は、やっぱり記事にしようと思いました。
12月発売予定の『シクロツーリストVol.5』に
期待してください。

Vol.4もまだ書店に並んでないのに(週明けから並びます)
先のことばかりで申し訳ありません。

でも、今回は、
ここ最近のツーリングで諸先輩から学んだノウハウや、
ウェアを含めたアイテム、自転車のメンテ、体調管理など、
すべてを総動員してブルベに挑みました。

ブルベの主流自転車はロードですが、ツーリング車の
メリットや、ツーリストならではの
戦略(?)も発見できたと思います。

そしてブルベ自体の歴史やしくみなども
勉強して、『シクロツーリストVol.5』で
リポートしたいと思います。

どうぞ、ご期待ください!
by cyclotourist | 2011-10-01 21:16 | おしらせ | Comments(4)
Commented by 輪太郎 at 2011-10-01 23:17 x
ここのところの田村さんの走り、素晴らしく充実しているし、ブログも連日の更新。これまた素晴らしい。力をもらったオイラは半年ぶりに2時間ほどポタリング。広島市内の江波山(35m!)にも行きました(笑)。ブルベのコース、道坂峠、山伏峠、山名湖など私も走った事があり、羨ましいです。道坂峠、初めて行ったのは77年、大学1年で先輩のバイトの付き添いで。当時は今の道ではなく、峠はトンネル。トンネルを出た後見えた景色(道志の谷、向こうは丹沢?の山)は最高でした。自転車は91年頃、新道で、やや趣きは落ちたけどそれなりに感動はしました。懐かしい思いができたブログに感謝です。
Commented by Huret2100 at 2011-10-02 17:16 x
おお、というべきかやはりというべきか。ブルベに参加されたのですね!それもガード付きのトーエイで。ああ私もご一緒したかったです… 来年はSRでしょうか。素晴らしいですね。
Commented by cyclotourist at 2011-10-02 18:18
輪太郎様
コメントありがとうございます。
輪太郎さんもサイクリングできたようで、なによりです。
距離や標高は旅の楽しさのひとつの要素に
過ぎませんから、それぞれの好みで楽しみたいですね!

Huret2100様
コメントありがとうございます。
今度お会いできる時に、いろいろとブルベに
ついてご教示ください。知らないことばかりで……。
600kmとかは無理っぽいですが、
夜を挟むようなブルベにも参加してみたいです。
Commented by kumacho at 2011-10-12 22:52 x
Sunxcdの情報を探していたら、田村さんのブログにいきつきました。
実は、はじめまして何ですが、9/30長谷川さんのお店でニアミスしてました。

過去ログ楽しく拝見させていただいています。^^
<< ハンドメイド自転車ショー 長谷川オヤジ、元気です >>