ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

三連休ツーリング

こんにちは、田村です。

急に涼しくなり、すっかり秋めいてきましたね。
まだ木々の緑は鮮やかでも、高い空を見ると
秋だな〜と実感させます。

この三連休は木曽方面へツーリングに出かけ、
二泊三日思う存分、初秋の清々しさを味わってきました。
d0211129_1152952.jpg
男四人で往く裏木曽路。
写真左から、
Sさんのトーエイ26インチ、
僕のキャノンデール700Cツーリング、
atsさんのケルビム650×38Bランドナー、
T地さんのケルビム650×35Aランドナーです。

奇しくも、ツーリング車に用いられる
主要な車輪サイズが揃いました。荷物の積載スタイルも
みなさんそれぞれで、興味深いものがありました。
今回はダートを相当距離走ったので
(S様ご案内ありがとうございました)
それを念頭においた自転車選びです。
d0211129_12154053.jpg
ブルベも走られるSさんのトーエイ車。
7年前にオーダーされたそうで、
26インチは豊富なタイヤの選択肢が魅力です。

d0211129_12182633.jpg
atsさんのケルビム。
ピカピカで新車のようですが、なんと今年で33歳とか。
学生時代からの愛車とのこと。
これは自転車もシアワセでしょう。

T地さんの自転車は……
もう時期発売される『シクロツーリストVol.4』に
載るので、そちらをご覧ください(笑)。

速さだけを追求するロードレーサーやMTBの場合は、
画一的な正解スタイルがあるものですが、ツーリングでは
自転車のスタイルは人それぞれ。奥が深いですね。
d0211129_122292.jpg
二日目の宿は、中山道の妻籠宿。
奇跡のような街並が保存されている宿場町です。
でも、こうした風情にアメリカ製自転車は
いまいち似合いませんね(笑)。
d0211129_1234453.jpg
お掃除の甲斐あって(?)
そうボロくは見えないと思うのですが……。
1994年製キャノンデールT1000。サドルバッグスタイルは
ダート走行でハンドリングが楽です。
ただし、荷物の出し入れはとても不便。
地図やカメラなどひんぱんに出し入れする物は、
別途ウエストバッグに入れてます。

ちなみに、妻籠の道行く人はカップルばかり……。
ああ、僕も彼女が欲しいなあ(おいおい…)。

d0211129_1244249.jpg
そして三日目は大平街道を越えて飯田へ。
この道を走るのがあこがれだったんです。

今回のツーリングにお誘いいただいたats様、
ありがとうございました。

ツーリングって本当にすばらしいですね!
仕事がらみじゃないツーリングは最高です(笑)。
by cyclotourist | 2011-09-26 12:25 | おしらせ | Comments(5)
Commented by 輪太郎 at 2011-09-26 14:43 x
本当に素晴らしいサイクリングのようです。今はままならぬオイラですが、何の、必ず復帰します。私の3連休は「仕事」「実家帰り(双方の母親が、一人暮らしです)」「仕事」という悲しさです。アメリカンが似合いにくいのは、そうかもしれませんが、大事なのは、サイクリングの内容ですよね。だから、MTBでもロードでも、同じルートを通り、同じようなスピードで走り、同じような休憩をし、寄り道をし、景色の中にとけ込んだり、景色を眺めたり、仲間と話したりすれば、全く問題はないと考えています。いつも思うことですが、私の場合、ドロップはどうしても苦手なので、理想のツーリング車を作れば、フラットバーのMTBタイプ(出来ればチタンでギアはMTBクラス)になります。トーエイのミーティングなどなら気が引けますが、それで良いと思います。それに、田村編集長は、サイクリング界のダルビッシュみたいなものだから、ご自分のスタイルでサイクリングを楽しまれ、いろんなことを発信してくれれば良いと思います。これからも期待しています。
Commented by cyclotourist at 2011-09-26 19:26
輪太郎様
いつもコメントありがとうございます。
しかし、ダルビッシュとは……。共通点は
妻と仲が悪いことだけですね(笑)。
Commented by 輪太郎 at 2011-09-26 20:32 x
ダルビッシュの意味は、若手最大のホープということで、その意味では互角と思います。ルックスは僅差判定負けかもしれませんが。妻とは・・・? でも、田村さんの家族ネタは面白いです。こっちも、期待ですね。
Commented by あるび at 2011-09-26 22:31 x
三連休。良いコースを走られましたね。(^^♪ 
GWに走ったコースと近しいのでとても懐かしく感じますー。 
精力的に走られているのが素晴らしいです。
・・・取材ぢゃなかったのですね、、、
Commented by cyclotourist at 2011-09-27 22:23
あるび様
コメントありがとうございます。
取材ではお断りのコースです(笑)。
いずれご一緒できることを楽しみにしております!
<< 『シクロツーリストVol.4』... お掃除 >>