ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

無国籍風ツーリング車

こんにちは、田村です。

明日からの林道ツーリングの準備が
ほぼ完了しました。

フレームはアメリカンハンドメイド、
コンポとタイヤは国産、ガードも国産なれど
装着スタイルはフランス式、
そしてイギリス仕込みのサドルバッグ。

日米英仏合作!? の無国籍ツーリング車です。

d0211129_16274761.jpg
かつてキャノンデールを代表する車種だったツーリング車。
これは1994年のT1000というモデル。
当時の価格はたしか27万円。
当時の僕は……22歳。よく買えたな(笑)。

本来は、エスゲのマッドガードとオリジナルの
前後キャリアが付いてましたが、とおの昔に破損。
それ以外の部品はほとんど当時のままです。

ランドナーではフロントバッグを使うことが多いのですが、
今回はサドルバッグ装備。
荷物の取り出しやすさなど使い勝手よりも、
ハンドリングの軽快さを
重視するスタイルですね。

サドルバッグといえば、パスハンターやクラブモデルの
象徴みたいな装備です。両車種を持ってない僕ですが、
サドルバッグの効能をダートで試してみたいと思いました。

d0211129_16374938.jpg
MTBが肩で風を切っていたご時世の自転車なので、
このツーリング車もコンポはMTB用のデオーレXT。
フロントは45×32×22Tのトリプル、
リアは28〜11Tの8速です。
たとえ歩くより遅くても、乗車して進むことができる……
といったギヤ比ですね。ワイドレシオの権化です。
d0211129_1644503.jpg
クロモリのフォークに比べて、
アルミフレームの太いこと。でも、そんなに硬くないし、
軽くもない。でも仕上げはきれい……昔らしいアルミフレームです。
d0211129_16465671.jpg
今回、この自転車の出番となった最大の理由が、
700×32Cのシクロクロスタイヤ
CG CX」を履けるからです。
既設のガードにちゃんと収まりました
(ダート走行では空きが小さすぎ?)。

今日はこれで出社しましたが、
思いのほか舗装路の走りも軽いです。
多少、トレッドノブの出っ張りを感じるものの、
時速25km前後での巡航も苦になりませんでした。

シクロクロス競技用なので、土っぽい路面で
真価を発揮するタイヤだと思いますが、
林道ダートは砂利まじり路面が主流。どこまで
CG CXが頑張ってくれるか、己の脚力を
棚に上げて期待しております。
by cyclotourist | 2011-07-28 17:05 | 製作中 | Comments(5)
Commented by 輪太郎 at 2011-07-28 18:51 x
94年、36才の私は、キャノンデールのMTBを買いました。17万円、サスなしの軽量車(10.9㌔くらいでしょうか)でした。編集長と同じ年に、キャノンを買っていたというのは嬉しい話です。もっとも、この自転車は今は、クラブの後輩に安価で譲り、手元には残っていません。当時、キャノンは、廉価車がほとんどなく、所有感を満たしてくれました。今は17万なんて、まるで入門車みたいなムード。自転車界のインフレは悲しいですね。ロードもMTBも入門版は8万円くらいが当たり前になってほしいものです。バッグと言えば、今はトラッドなサドルバッグより、シートピラー固定式のシートバッグなどが多いですね。比較しての記事、待っています。
Commented by 高地 大輔 at 2011-07-28 23:58 x
 田村さん!頑張って下さいね!
Commented at 2011-07-28 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cyclotourist at 2011-08-03 10:42
輪太郎様
コメントありがとうございます。
昔のキャノンデールは高級感がありましたね。
サドルバッグは走りやすかったですが、
使い勝手はフロントバックに著しく劣りました。

高地様
コメントありがとうございます。
ご声援、ありがとうございます。
Commented by 輪太郎 at 2011-08-03 19:37 x
フロントバッグは便利だけど、ワイヤーとの干渉が気になったり、つい積み過ぎたりで走りを損ねたりがありますね。でも、リクセンのアダプターでバッグをいろいろ変えるシステムは良いと思います。サドルバッグは今は小型のものぐらいで、主にシートバッグにしています。あと、以前、シートピラーにAヘッドのステムをつけ、さらにそのステムにハンドルを切ったものをつけ、リクセンのアダプターをつけ、フロントバッグをサドル後ろにつけるという変化技を実行していたこともありました。今はばらしていますが、なかなかのアイデアと自負しています(もしかしたら、雑誌で見たのを真似したのかもしれません。よく覚えていません)。
<< 四国に行ってきました タイヤ >>