ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

ご無沙汰しております

こんにちは、田村です。

二週間以上もブログを放置してしまいました。
心よりお詫び申し上げます。
(もし更新を期待されていた方がいらっしゃいましたら…)

もうなんだか自分自身でも状況が
よくわからないほど東奔西走する日々が続き、
しかも、どこまでが仕事で、どこからが遊びかも分かりません。

ある意味、シクロツーリストの本望とも言える日々を
ダイジェストで振り返りたいと思います。
d0211129_1412523.jpg
このカッコよくて、ちょっと無国籍風なツーリング車は、
ベロクラフト大槻さんの新しい相棒です。
5月末から6月頭にかけて、能登半島キャンプツーリングを
ご一緒させていただきました。能登半島は広かったなあ……。
d0211129_14163066.jpg
6月3日は信州のコマクサ峠へ。
(写真は、コマクサ峠の少し手前の車坂峠)
車道峠としては、超2000m峠は国内に五つしかないそうです。
なんと、次号の『シクロツーリストVol.3』では、その
すべてをリポートしております。
d0211129_14185328.jpg
6月7日は神戸へ。
伝説のブランド「VIVALO」の展示会場や工房を訪問してきました。
ツーリストと縁遠いイメージがあるかもしれないVIVALOですが、
近年はクラブモデルやスポルティーフも作っているとのこと。
パスハンターをオーダーする! という、四国讃岐のさるお方と
一緒に訪問させていただきました。

その悲喜こもごも(?)のリポートも、
次号の『シクロツーリストVol.3』に載りますよ。
d0211129_14274289.jpg
6月9日は、上信国境の渋峠へ。国道最高所として有名ですね。
若干17歳の青少年とご一緒し、その若さあふれる
走りに驚愕?させられながらの峠ランでした。
d0211129_1430083.jpg
翌10日は、新潟県糸魚川〜直江津を結ぶ自転車道へ。
旧北陸本線の廃線跡です。一緒に走ったのは、
鉄道大好きなタレント、もちろん斉藤雪乃さんです。
しかし、連日のロケで消耗した僕は、
斉藤さんに付いて走るのがやっとでした(マジで)。
d0211129_143528.jpg
翌11日は、奥羽本線の秘境駅、峠駅へ!
名前からしてツーリストは気になる駅ですね。
そこへなんと、石井正則さんと
一緒に行くという光栄に浴しました。
雪覆いに隠された駅と、そこから下界へ伸びる道は……。
d0211129_14385779.jpg
12、13日は会社でシゴトのふりをして、ともかく体力は回復。
そこで、14日は大弛峠へ単独行。

ツーリストのあこがれ、車道で最高所の峠です。
甲信国境の峠ですが、信州側には距離約9kmのダートがあり、
僕と僕のスポルティーフには厳しい道でした。
脚力不足と、目的違いの車種を持ち込んだ報いですね。
こうしてブログを書いているので生還してはおりますが、
かなり苦労させられました。

以上に関する事柄はもちろん、その何倍も濃くてタメになる
情報が詰まった一冊が、こちら↓
d0211129_14464079.jpg
『シクロツーリストVol.3』

ようやく校了しました〜
お力を貸していただいた皆様、
取材にご協力いただいた自転車ビルダーのみなさまには、
この場を借りてあらためてお礼申し上げます。

グラフィック社より、7月上旬発売予定です。
おかげさまで本誌も3号目を迎えることができました。

今後ともご支援とご教示のほど、
よろしくお願いいたします。
by cyclotourist | 2011-06-20 14:54 | おしらせ | Comments(7)
Commented by 輪太郎 at 2011-06-20 20:10 x
大きな本屋に行く機会がとれないので、結局、「トーエイ」本は、アマゾンで注文。明日、届くとのこと。楽しみです。ブログが更新されなかったので、心配していたのですが、シクロツーリスト№3につながっていると知り、安心です。これまた、楽しみ。絶対、買うぞ!
Commented by こじま at 2011-06-20 20:37 x
羨ましい仕事の1ヶ月でしたね。ブログの更新が無いのは、忙しく飛び回っているからと思って慰安したが、仕事で自転車に乗って旅ができるなんて、最高ですね。
Commented by 441M at 2011-06-20 22:30 x
てっきり杖突峠にもいらっしゃると思っておりましたが、超~御多忙だったんですね。
毎回素敵な本を有難う御座います。
お陰でパーツ代が無くなり、青色吐息です(笑)
Commented by ボードマン at 2011-06-21 11:53 x
初書き込みさせて頂きます。
なんとも羨ましい生活ですね〜満喫されてますな。
神戸には「讃岐の雄」といらしていたそうで
日下氏もたいそう楽しそうに語られていました。
発売、楽しみにしております〜
Commented by CYCLOTOURIST at 2011-06-21 14:15
輪太郎様
コメントありがとうございます。
ブログ更新、滞ってしまい失礼しました。今後とも
ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

こじま様
たしかに、仕事で旅ができるなんて最高ですが、
仕事抜きでする旅がもっと最高、でしょうね。
また近々ご一緒できることを楽しみにしております。

441M様
コメントありがとうございます。杖突峠も
行きたかったのですが……どうかほどほどに
散在してくださいませ。

ボードマン様
コメントありがとうございます。
日下氏は気さくな方で、いっぺんにファンになりました。
四国讃岐の中年(自称)の方が
楽しいリポートをしてくれます。ご期待ください。
Commented by MAD at 2011-06-22 21:43 x
はじめまして。
最後の写真に写っている緑のVIVALOに乗ってる者です。
クラブモデルとスポルティーフ、ランドナーのエエとこ取りしたような
エセツーリング自転車をブログに載せていただき恐縮です・・・(笑

いつも楽しく拝読していますのでvol.3も楽しみにしております。
Commented by cyclotourist at 2011-06-24 09:59
MAD様
コメントありがとうございます。
緑のVIVALO、じっくりと拝見させていただきました。
すてきな自転車ですね。VIVALOの新たな可能性と
オーナーの趣味の良さを感じた一台でした。
今後ともよろしくお願いいたします。
<< トーエイ写真集 「ミニラブ」に行ってきました >>