ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

ミニベロ新モデル

こんにちは。田村です。

先日、『シクロツーリストVol.2』の見本誌を届けがてら、
サイクルハウスしぶやさんに顔を出してまいりました。
d0211129_13343274.jpg
いつも気さくな渋谷社長。
『シクロツーリストVol.2』の誌面では、
KHSのフォールディングバイクを
峠ラン用に軽量化する実例を
担当していただきました。

サイクルハウスしぶやさんは
ミニベロやフォールディングバイクのショールームのような
きれいなお店。ここに来れば、最新トレンドがわかります。
訪れた日も、注目すべき新モデルを発見しました。
d0211129_13392334.jpg
OXエンジニアリングの新型フォールディングバイク
「PECO」です。
前後サスペンション+ディスクブレーキという
現代的な仕様の12インチ車です。ほとんどワンタッチで
折りたたみでき、しっかり自立するうえに、
しぶやさんのスタッフも「よく走る」と
太鼓判を押す走行性能が魅力。
気になる価格は、内装3段モデルで8万9,800円。
息の長いヒット作になりそうな予感です。

d0211129_13453552.jpg
謎めいたモデルを発見!
これもトラス構造というのでしょうか?

「Ori bike」の代理店として知られる金澤輪業さんが
試験的に輸入したモデルだとか。

こんな自転車がさりげなく展示してあるのも、
サイクルハウスしぶやさんの魅力。ビギナーからマニアまで、
訪れるたびに発見があるショップです。
by cyclotourist | 2011-05-05 13:52 | おしらせ | Comments(3)
Commented by 河田 at 2011-05-05 15:59 x
私もミニベロを持っています。
絹自○○車製○所のA氏がジャイアントに勤められていた頃に開発に関った24インチ仕様のMR-4という、その走行性とちょっと変わった折りたたみ機構で注目を集めたものです。
輪行で大活躍しています。
自転車には色々な機種、また楽しみ方がありますね。
Commented by 輪太郎 at 2011-05-08 17:33 x
待ちます(苦笑)。昨日、広島市内の本屋(大きな店)に行きましたが、まだ、シクロツーリストⅡは、並んでいませんでした。残念。広島地方では、あと数日、待ちでしょうか(この本屋には、Ⅰは並んでいます)。今週の励みにします。
Commented by cyclotourist at 2011-05-11 22:25
河田様
コメントありがとうございます。
MR-4は歴史に残る名車ですね。僕もなんどか乗り、
感心させられました。A氏の傑作であり、
それを出し続けるジャイアントも良心的だと思います。

輪太郎様
『シクロツーリストVol.2』、入手が
難しくて恐縮です。お手数をおかけいたしますが、
ご高覧いただけますよう、お願い申し上げます。
<< TOEI写真集、撮影終了! 休日の過ごし方 >>