ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

自転車博物館サイクルセンター

こんにちは。田村です。

昨日は大阪・堺にある
自転車博物館サイクルセンターに行ってまいりました。
d0211129_10265622.jpg
ご存知、日本でほとんど唯一の
本格的な自転車博物館です。

シクロツーリストVol.1』では、数々のツーリング車を
ここ自転車博物館で撮影させていただきました。

同館の見所はたくさんありますが、
圧巻は1階の「見える収蔵庫」。250台ともいわれる
歴史的な名車が、出番を待って待機しております。
d0211129_10264318.jpg

今回は、外装変速機の歴史を語る上で欠かせない
11台の名車を撮影させていただきました。

後車輪を外して左右逆にする素朴なものから、
シクロ、パリ・ルーベ、タケノコ、パンタ、スラントパンタ……
そして電動デュラエースまで、その時代を
代表するチェンジギヤを装備した
自転車を、学芸員の中村博司さんに
アドバイスをいただきながら選びました。
いつもありがとうございます。

装備メカはもちろん、自転車としても
素晴らしいものばかりでした。
1951年のレニヤーノ、かつてレーサーだった中村さんご自身の
チネリ(1969年)、皇太子殿下献上車、アランの
アルミフレーム車や、ジャラベールが駆ったルックの
カーボンバイクなど、こう書いていてクラクラするほどの
名車ばかりです。

その成果は、5月発売予定の『シクロツーリストVol.2』で
お披露目したいと思います。

2006年に自転車博物館で開催された特別展
「外装変速機の歴史」のパワーアップ&現代版と言える
内容になるはずです。どうぞご期待ください!
d0211129_10421873.jpg
自転車博物館内で組んだセットで撮影中のようす。
しかし、ロードバイクを撮影したのはひさしぶりだな〜(笑)
by cyclotourist | 2011-02-24 10:44 | 製作中 | Comments(3)
Commented by 輪太郎 at 2011-02-24 20:56 x
すごいんですね。名前、存在は知っていても、具体的には知りませんでした。いつか行きたいですね。シクロツーリスト№2も楽しみです。ロードも良いですね。今は全然乗っていないけど、恥ずかしながら、パナソニックチタン(87年製)とTIGチタンを持っております(笑)。チタンは良いですよ。もし、今、フルオーダーするなら、チタンです! でも、もっと乗らないと・・・。
Commented by 河田 at 2011-02-24 21:33 x
次回も楽しみ本になりそうですね。

私はこてこてのフランスのビンテージパーツで組んだTOEI車を作りましたが、3年前まではロード乗りで今でも時々ピナレロのカーボンロードに乗ってたりしています。
その結果、
乗って楽なのは今のカーボン車(手元操作ですし、重量も7キロをきって軽いし。)
乗って楽しいのはランドナー(重いし、変速もブレーキから手を離さなければいけないし、リアギヤも5速しかないけど、のんびりと、そして坂では押して歩けばいいと思えるし、でも周りの風景や雰囲気を楽しむことができると思う。)

自転車にはスピードを楽しむレースもあるし、距離を楽しむブルベもあるし、雰囲気を楽しむツーリングもあるし、色々な楽しみ方があると思いますね。
Commented by cyclotourist at 2011-02-25 17:17
輪太郎様
いつもコメントありがとうございます。
チタン…あこがれます。あのニビ色の輝きが
魅力的ですよね。どうぞ乗ってやってください。

河田様
コメントありがとうございます。
カーボンの旅行車、なんてのが
世の中にあってもいいですよね。
河田様のTOEIに非常に興味がありますので、
ぜひ一度、下記にメールいただけないでしょうか。
cyclotourist@graphicsha.co.jp
よろしくお願いいたします。田村浩
<< 三浦半島ラン IT CHAIR >>