ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

トーエイ撮影

こんばんは。田村です。

今週末は、名古屋へ撮影に行っておりました。

残念ながら(?)、輪行ではなく
Hカメラマンのクルマに乗せてもらい(ありがとうございます!)、
中京地区にその人ありと知られる、
鈴木昭一さんのトーエイ自転車を撮影させていただいたのです。
d0211129_014150.jpg
超ベテランサイクリスト、鈴木昭一さん。
伝説のサイクリストクラブ「はづき」の代表でいらっしゃいます。
写真は、「ちょっとお茶しにいこうよう〜」と、
名古屋名物のすてきな喫茶店に同行させていただいた
際のひとこまでございます。

トーエイオーナーズミーティング、ポリージャポン、
そして御前崎ランと、お邪魔させていただいた
集まりで常にお見かけし、その温和な笑顔とただづまいに
甘えてお近づきになりました。

今回、撮影させていただいた鈴木さんのトーエイ車は、
そのほとんどが、僕が生まれた以前に造られ、ずっと
乗り続けられてきたという歴史的な名車ばかり。

そんなに長く走り、愛されてきた自転車は
本当にしあわせですね。これも鈴木さんの情熱と、
東叡社の確かな自転車造りの証だと思いました。

さらに、鈴木さんのお声がけで、多くのお仲間の皆様が、
大切なトーエイ車を、大切な時間をかけて、
撮影場所にお持ちいただきました。

I様、N様、こじま様、K三様、本当に
ありがとうございました。
d0211129_0102831.jpg
撮影後は、「サイクルショップ フサ」様へ!
ここ、中京地区のサイクリストが絶大な
信頼を寄せる、知る人ぞ知る名店なのです。
写真は、鈴木さんと談笑される、店主のSさんです。
コーヒーと柿ピー、おいしゅうございました。

今回の撮影は、弊社から6月に刊行予定の写真集、
『TOEIオーダー自転車 大図鑑』(仮)に掲載するためのものでした。

我ながら本当に恐れ多いことなのですが、東叡社の
美しく、カッコいい自転車の数々を、一冊に
まとめさせていただく企画なのです。

すでにたくさんの方にお力をお借りしておりますが、
あらためて、みなさまのご協力とご支援のほど、
どうぞよろしくお願いいたします。

トーエイを愛する皆様と、これからトーエイに
出会う多くの人に向けて、よい写真集になることを
めざしております。
               田村浩
by cyclotourist | 2011-02-14 00:29 | 製作中 | Comments(8)
Commented at 2011-02-14 01:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-02-14 01:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 河田 at 2011-02-14 08:55 x
また楽しみな本の企画ですね。
Commented by 輪太郎 at 2011-02-14 19:11 x
良いなあ、良いです。絶対、買います。私の紹介で、5冊くらいは売れるかな? いや、もう少し売れるかもしれません。もっとも、3月の輪行本の目標は10冊だ! 「いつかはクラウン」なんてのもあったけど、日本のサイクリストなら、「いつかはトーエイ」ですかね。自分では、そこまで成熟したツーリストになっていないと思うので、まだお預けです。経済的には手は届きますが(53歳ですからね、もうじき)。でも憧れです。
Commented by ぶとぼそ at 2011-02-14 22:55 x
トーエイ特集といったら、ニューサイ増刊を思い浮かべてます。ただ、高価ながらもモノクロ写真が中心なのが残念に思ってました。
発行楽しみにしてます。もちろん私もトーエイフルオーダーのパスハンター使いです!
Commented by cyclotourist at 2011-02-15 10:29
河田様
コメントありがとうございます。ぜひ、
河田様のショーモデルも撮影させて
いただきたいです!

輪太郎様
いつもコメントありがとうございます。
本は、どうかご無理のない範囲で
お読みください。なんだか僕が押し売りの
ように思えてきました(笑)。
よろしくお願いいたします。

ぶとぼそ様
コメントありがとうございます。
やはり、ニューサイクリング様のトーエイ特集は
お手本です。ただ、現在では入手困難なので、
弊社のトーエイ写真集がより多くの人に
トーエイ車のすばらしさを知るきっかけに
なれば幸いです。
Commented at 2011-02-15 12:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 赤鬼亭主 at 2011-02-15 17:38 x
ニューサイ以外でこうした立派な本がでることを待望しておりました。
<< 斉藤雪乃さん 奥多摩周遊 >>