ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

ハンドメイド自転車の黄金時代

こんにちは。田村です。

シクロツーリストのバイブルとも言える名著、
『THE GOLDEN AGE OF HANDBUILT BICYCLES』。
フランスを中心とした、華麗なるツーリング車を美しい写真で
解説している洋書です。
d0211129_175337.jpg
総クローム仕上げのエルスがカッコいいカバーですね。

……………………

気づきましたか?
タイトルが日本語になっていることに!
d0211129_1775721.jpg
弊社、グラフィック社には
国際部というのがありまして、洋書を国内向けに邦訳したり、
その逆に、こちらのコンテンツを各国語版にするという
出版も数多く行っております。

そして来る4月に刊行させていただくのが、
『THE GOLDEN AGE OF HANDBUILT BICYCLES』の日本語版、
『ハンドメイド自転車の黄金時代』なのです。
d0211129_17143294.jpg
日本語です。うれしいな!

僕自身が、この本を日本語で読みたいな〜と
切実に思っていました。本日、印刷する中国から
色校が届き、感慨もひとしおです。

翻訳はプロの翻訳者が行い、
監修はご存知の中堀剛さんに務めていただきました。
ですので、かなり読みやすく、シクロツーリストの方々に
違和感のない日本語になっております。

さらに、アイズバイシクル土屋郁夫さんにも
内容をご確認いただき、
用語の日本語表記をはじめとして、多々ご教示いただきました。
あらためて、お礼申し上げます。

価格は、アマゾンなどで手に入る洋書に比べても
グンとお求めやすいものになります。
ただし、国内での書籍流通事情を考慮して、
判形はひとまわり小さくなり、AB判というサイズになります。
原書の約86%縮小です。

発売は4月と少し先ですので、
また後日、あらためて詳細をお伝えしたいと思います。
どうぞご期待ください。


『シクロツーリスト』を出し、大槻さん、中堀さんの
書籍を出させていただきながら、こんな翻訳本プロジェクトも
実は進行していたのです。
僕って働き者だなあ(笑)
by cyclotourist | 2011-02-01 17:25 | おしらせ | Comments(4)
Commented at 2011-02-01 19:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 輪太郎 at 2011-02-01 22:47 x
宣伝部長、お世辞とはわかっておりますし、そこまで売っていませんが、私の影響で自転車(スポーツサイクル)を買った人は10人はいます。私のを売ってあげた人もいます。引き続き「シクロツーリスト」「旅する自転車のつくりかた」、また、過去の本の宣伝も続けます。そして、この本(ハンドメイド…)もオイラは買います。ただ、この本は、人に買わすのは、マニア的すぎて、難しいかもしれませんね。
Commented by cyclotourist at 2011-02-03 09:44
輪太郎様
いつもコメントありがとうございます。
『ハンドメイド自転車の黄金時代』はマニア的では
ありますが、誰もが直感的に“カッコいい!”と
思える自転車がたくさん載ってます。フランスの
戦前〜戦後の自転車事情もわかって興味深いですよ。
ある意味、『シクロツーリスト』や『私が愛した自転車パーツ』
よりも、多くの人が楽しめる本だと思います。
どうぞ、ごひいきに!
Commented by 輪太郎 at 2011-02-03 19:00 x
了解です。まず、私が買い、中身に納得した上で、友達に薦めていく方針で行きます!
<< 自転車セミナー 絹代さん >>