ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

大島サイクリング

こんにちは。田村です。

この週末は、
大島一周サイクリングをしてまいりました。
この島へ行く手段は、フェリー、高速船、全日空と
いろいろありますが、僕が愛用しているのは
調布飛行場から飛び立つ新中央航空です。
d0211129_12155461.jpg
輪行袋を積み込んでくれる地上スタッフ。気さくです。
新中央航空の機材は、国内ではココでしか使われてないといわれる
ドルニエDo228。乗客19名の小型旅客機です。

もちろん、輪行もOK。ただし、重量5kgを越えると
1kgごとに170円の追加料金がかかりますので、それなりに
費用は必要です。

これに乗ることが、大島行きの楽しみでもあります。
なぜなら……
d0211129_12185955.jpg
眼下に広がる圧巻のパノラマ!
飛行高度が低く、
しかもDo228は高翼配置なので下方視界バッチリ!
下界のようすが手に取るようにわかります。持参の
ツーリングマップルと見比べながら眺めていると、
いっそう面白いです。

大島までは20数分で着いてしまいますが、
ず〜っと機窓にへばりついておりました。

ただし、機体が小さく、雲の下を飛ぶので
揺れる時はけっこう揺れます。乗り物酔いする方は
ご注意を。
d0211129_12243840.jpg
大島空港。
海岸近くの限られた平地にあり、
上空から見るとまるで航空母艦のよう!

実は僕、自転車や鉄道に加えて、ヒコーキも大好物。
それでいてクルマの運転免許はもってないので、
まさに輪行するために生まれてきたようなもんです(笑)。

そして、今回のサイクリングの主役は……
d0211129_12285160.jpg
出ました! アルプス・クライマー。
渋い! 三原山の裏砂漠が似合いすぎる!

もうお分かりの方もいらっしゃるかも知れませんが、
来るべき輪行本の取材のために、“アルプスの少女”と
一緒にサイクリングさせていただいたのです!
いろいろ勉強させていただきました。

ちなみに僕は……
d0211129_12304725.jpg
ブロンプトンで走りました。
僕の剛脚を持ってすれば、大島程度のアップダウンと距離なら
3段変速のミニベロで十分です!
……というのは大ウソで、けっこう大変でした(笑)。

でも、ブロンプトンって、見た目の可愛らしさとは裏腹に、
かなり走りますし、専用バッグによって積載能力も抜群。
ロケのお供にかかせない存在です。

ここでお知らせです。

今回のロケを含む、さまざまな輪行ノウハウと
輪行コースガイドを収録した本が、
弊社より3月に登場します!

その名も『輪行サイクリングのすすめ』です。
著者は、一部で大人気の美人エディター、田中真理さん。
『シクロツーリストVol.1』でノートンのランドナーを
オーダーしたお姉さんです。

どうぞ、ご期待ください!
by cyclotourist | 2011-01-31 12:38 | 製作中 | Comments(4)
Commented by 輪太郎 at 2011-01-31 18:14 x
3月の本も絶対に買います! 友達にも紹介します。私の紹介で、シクロツーリストや「旅する自転車のつくりかた」を買った人もいます(複数)。私のサイクリング(自転車自体が)は邪道と思っていますが、旅の仕方、ポタリングの仕方は、正統派と思っております。田村編集長、および発せられるメッセージに今後も期待大です。がんばってください。
Commented by TABOO at 2011-01-31 18:37 x
田村様 TOMでご一緒させていただいた細川です。
年末にブログを開設いたしました。
TOEI3台目オーダー中ですが、待つこと11ヶ月待ち遠しい日々を送っております。 今後ともよろしくお願いします。
Commented by GAMI at 2011-02-01 00:40 x
アルプスの少女と言うと、あの方ですか。
山サイもガンガンやるし、バイタリティのある方ですね。
Commented by cyclotourist at 2011-02-01 13:56
輪太郎様
いつもコメントありがとうございます。
もはや販売部長ですね。重ね重ね、ありがとうございます。

細川様
コメントありがとうございます。
すてきなブログですね! ぜひ今度、走行レポなど
お寄せください。

GAMI様
御前崎へ行くかも…と言ってましたので、
みんなで会えるといいですね!
<< 絹代さん アレックス・サンジェ >>