ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

ハンドメイドバイシクルショー

こんにちは。田村です。

「使う人、目的にあわせた自転車造りフェア2011」、通称は
ハンドメイドバイシクルショーに行ってきました。

会場は北の丸にある科学技術館です。ここには
自転車文化センターがあり、各種の自転車展示会も
よく開かれるので、足繁く通わせてもらってます。
けれども、ハンドメイドバイシクルショーを拝見するのは
実は僕、今回が初めてなんです。
d0211129_14525575.jpg
会場の入り口。しかし、
この展示会タイトルは、分りやすいようで分りにくいような……

会場は、高齢者や身障者用のカスタム自転車ブースと、
レジャー・レース用自転車ブースに分かれています。
なにはともあれ、僕は後者のブースへ。
d0211129_14561093.jpg
東叡社さんの展示車。実に美しいランドナーです。
昨日、このブログにコメントをいただいた河田様の愛車です。
オーナーご本人も来場されており、それはそれは
幸せそうな面持ちでした。
いつかこんな美人さんを、僕も手に入れたいものです。

d0211129_1502531.jpg
東叡社のアテンダントは、ご存知、中堀さん。
来場者の熱心な質問に、的確に対応されていました。
d0211129_1514881.jpg
ひときわドレッシーなケルビム(今野製作所)さんのブース。
写真は、「ランブラー」と名付けられたコンセプトモデル。
ケルビムが提案する現代版スポルティーフとのことでした。
d0211129_1554560.jpg
SANO MAGICさんのマホガニー製ロードバイク。
木材は、もっとも古いフレーム素材ですが、
こんな現代的なスタイルの自転車も作り出せるんですね。
d0211129_1510222.jpg
渡辺捷治製作所さんのスポルティーフ。
フォーク先端部に装着されたバッグサポーターが独創的です。
d0211129_15121497.jpg
伝説のビルダー、渡辺捷治さん(左)と談笑するベロクラフト・大槻さん(右)。
なにか興味津々のプロジェクトが
急遽決まったようでした。その全貌は、
近未来の『シクロツーリスト』でリポートできるはず…です!

ハンドメイドバイシクルショーは、明日(23日)まで
開催されています。
日本が世界に誇るハンドメイド自転車の頂点を、
直接見ることができる貴重な機会です!
by cyclotourist | 2011-01-22 15:21 | おしらせ | Comments(3)
Commented by 輪太郎 at 2011-01-24 20:07 x
10年以上前に、ハンドメイドショーに1回だけですが、行ったことがあります。東京はいいな、とこういうときは思います。リポート、楽しみにしています。いつか、田村編集長にお会いしたいっす。
Commented by cyclotourist at 2011-01-25 19:48
輪太郎様
コメントありがとうございます。
僕もいつか輪太郎さまにお会いしたいっす!
Commented by 輪太郎 at 2011-01-26 23:36 x
私が関係するサイクリングクラブ(私が主宰者です、へへへ)は、2001年頃、ニューサイクリング誌に出していただきましたが、現在、開店休業中。でも、サイクリングは数は減ったけど、大好きです。「旅する自転車の本」以降の田村さんのご活躍は素晴らしいと思っています。「旅する自転車のつくりかた」アマゾンで買いました。最高の内容です。サイクルショー出店のドバッツ斉場さん、独身時代、うちに泊まったことがあります。自慢です。また、メールします。
<< アレックス・サンジェ 『ニューサイクリング』 >>