ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

グランツーリズモ

誰もが認め、憧れるレーシングコンポの雄、
カンパニョーロ

実績、先進性、信頼性、デザイン力など、すべての面で
自転車部品界のトップブランドです。
僕の次期主力機も、カンパのアテナ11速仕様の予定です。

しかし、そんなカンパニョーロも、
こんなゲテモノを作っていたんですね。
d0211129_13311958.jpg
「グランツーリズモ」(1970年)

浅麓堂で見せてもらい、シビレました。
まるで東南アジア産のカブトムシみたいなデザインと、
ぎっしり身が詰まった鉄の重さ。戦車的なカッコよさです。

どうも気になってしかたがないので、
THE DANCING CHAIN』で探してみました。
d0211129_13354457.jpg
変速機の歴史をまとめた名著です。
ある自転車愛好家の方に勧められ、購入したものです。

さすが名著、グランツーリズモも載ってました。

-----------
1970年のパリショーで登場したツーリング用の後変速機。
ケージの設計がまずく、動作はひどいものだが、
とても丈夫である。チェーンが詰まっても、変速機ではなく
フレームが壊れるほどだ。
この「グランツーリズモ」は、
カンパの名を冠した数多の後変速機の中で、
最悪の製品である。

私はこれを、自転車ライターに対しての
“リトマス試験紙”にしている。
「グランツーリズモ」をほめる人は、
それを使ったことがない嘘つきに他ならず、
そいつの意見は信用ならないというわけだ。
-----------
なんという酷評……西洋人は怖いですね。

しかし、個人的にはますます
欲しくなりました。

こんなんで輪行車を作ったら、壊れなくていいかも…
あ、でもフレームが壊れるんだっけ(笑)。
by cyclotourist | 2010-12-28 13:53 | おしらせ | Comments(2)
Commented by こじま at 2010-12-30 16:41 x
酷評というより、素直な真実と思います。
25年前に購入値段で8年前に手放しました。これを使うならアルビーの方がまだマシかも。サンツアーVラックスGTの方がはるかに高性能で値段は半分以下で済みました。
Commented by cyclotourist at 2011-01-02 18:17
使ったことがあるんですね! さすがです。
酷評されるほど性能が悪い変速機って、
すでに僕の世代では皆無かも……。ますます
グランツーリズモに興味津々です(笑)。
コメント、ありがとうございました。
<< 納会 『旅する自転車の作りかた』発売迫る! >>