ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

コメントへのお返事

こんにちは、田村です。

ブログ初心者ゆえ、いただいたコメントに
どんな方法とタイミングと頻度でお答えすべきか分からず、
忙しさにもかまけてお返事をせずに
時間が経ってしまいました。申し訳ありません。
ここで、恐縮ですが一気にお返事させていただきます。

Gaku様
>最近、自転車旅の雑誌が増えて嬉しいです。
>「自転車と旅」も「旅する自転車の本」も良かったです。
>自転車旅。どんどん流行らしちゃってください。

コメントありがとうございます。いずれの本も、
僕が過去に編集長を務めた本ですので、今でも愛着があります。
自転車旅は、流行らすというよりも、
その素晴らしさを多くの人に
再発見してほしい、体験してほしい……というのが僕のスタンスです。
今後とも、よろしくお願いいたします。

葦見川和哉様
>お久し振りです、田村さん。昨年北海道釧網本線の旅でお世話になりました葦見川こと宮川です。

ご無沙汰しております。ご連絡、ありがとうございます。
釧網本線で出会った際は、
いきなりレフ板を持たせたりして失礼しました(笑)。

>実家に戻ったら折り畳み自転車があったので、僕も近い内に電車やら車に載せ込んで出掛けたいなと目論んでいますので、今後の更新も楽しみにしていますね!

ぜひ、自転車で旅を楽しんでください。
もともと鉄道に興味がある方なら、輪行の楽しさに
絶対はまると思いますよ!
今後ともよろしくお願いいたします。

toyotas870 様
>はじめましてtoyotas870です。昔は色々と毎回発売が待ち遠しい本がありました。そのようなものを強く・・・・・期待しています。

応援コメントありがとうございます。
ご期待に応えられる本ができたと思います。
『旅する自転車の作りかた』は
1月10日頃から書店にならぶと思いますので、
ぜひ手に取ってご覧ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

あかおやぢ 様
>田村様のように現行部品でランドナーを作ってツーリングに出かけるのには凄く共感がもてます。
これからも楽しい本を出してくださいね!

コメント、ありがとうございます。
今、手に入れやすい部品で作った自転車でも、
十分に所有欲と走行性能を満足させることが
できるんだと、僕も実感しております。
もし廉価で手に入るなら、青春の思い出的パーツで
自転車を組んでみたいなと思う時もありますが(笑)。
MTB世代の僕は、やっぱり初代XTRが憧れでした。
今後ともよろしくお願いいたします。

ぶとぼそ様
>鉄道自体も楽しむ! 私も同感。先週、フェリーで房総に渡り、林道を走って上総一ノ宮からグリーン車輪行で自転車と鉄道を満喫してきたばかりです。

はじめまして。コメントありがとうございます。
よい輪行の旅をされたようで、なによりです。
グリーン車……うらやましい響きです。
関東のシクロツーリストにとって、冬も走れる
房総エリアは貴重な存在ですよね。
どうぞ、今後もよい旅を!


みなさまの温かいコメントに、
あらためてお礼申し上げます。田村浩
by cyclotourist | 2010-12-21 09:35 | おしらせ | Comments(1)
Commented by cheap coach bag at 2011-03-14 18:29 x
ありがとう!本当にあなたの記事に感謝、実際には親指を値すると思います。
<< 自転車文化センター 二十曲峠 >>