ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

二十曲峠

こんにちは、田村です。

先日のブログで書いたように、
山梨県東部の、二十曲峠へ行ってまいりました。

寝坊することなく、
新宿7時発の「スーパーあずさ1号」に乗り、
大月駅で富士急行に乗り換え、富士吉田方面へ。
d0211129_9391760.jpg

d0211129_9392911.jpg
富士急行で楽々と勾配を稼ぎ、
己はラクをしようという計画です。

富士吉田駅の標高は809m、
めざす二十曲峠の標高は1151mですから、
もう勝ったも同然でしょう。

しかし、そんな僕の魂胆をあざわらうかのように……
d0211129_936324.jpg
曇り。二十曲峠は富士山の雄大な姿が眺められる峠として有名ですが、ほとんど姿が見えませんでした。

前日までの天気予報だと、河口湖エリアの天気はもう少し
良さそうだったのに……。なんと雪がちらつく天候で、
地元の人も驚くほどの寒さでした。

峠の北側に続く林道を少し進んでみると……
d0211129_946369.jpg
もはや、650×32Bの我が快走ランドナーが
走るべき領域ではありません。

それなりに防寒に気を使ったつもりでしたが、
指先とつま先が痛いほど寒く、だんだんと感覚が
なくなってきました……。

いくつかの峠を結んで走る予定でしたが、
あえなく断念。寒さに心を折られ、
富士吉田の街に戻ることにしました。

前回のブログで、ルートラボを使えば
コースプランニングは楽だね〜なんてホザいておりましたが、
ぜんぜんダメダメでした(苦笑)。

二十歳くらいの頃、初日の出ツーリングなんかを
何度かして、冬期サイクリングの対応策はそれなりに
知っているつもりでしたが、甘かったです。

12月とはいえ、標高が高い峠道は別世界でした。
もっとあったかいグローブと、SPD対応でも保温力が高い
シューズが必要でした。
いろいろ探して、近日中に手に入れようと思いますので、
よいものが見つかったら報告します!
d0211129_9571377.jpg
下界に戻ったら、のんびりサイクリング。
これは忍野八海という湧水群。
中国の方々が、たくさん訪れていました。
d0211129_10222957.jpg
道の駅富士吉田でいただいた肉うどん。いわゆるご当地グルメ。
味はフツーでしたが、その温かさに救われました。

d0211129_959164.jpg
富士吉田の街まで戻る頃には少し雲が晴れ、
富士山がど〜んと
見えるようになってきました。
峠へ登った行為はなんだったのでしょう(笑)。

d0211129_1024171.jpg
実はけっこう「鉄ちゃん」な僕。
峠行から、鉄道情緒を楽しむサイクリングへ路線変更です。
写真は富士急の「フジサン特急」。車体には無数の
富士山キャラが描かれています。

帰路は、この特急に乗れるよう、輪行の準備。
d0211129_10113139.jpg
いつもながらの、後輪を外さない手抜き輪行です。
ハンドルとフォークを抜いてるので、
まあなんとか許していただけるサイズではないでしょうか。
d0211129_10151565.jpg

d0211129_10153899.jpg
「フジサン特急」の展望室へ。
絶景が広がる路線ではありませんが、
やっぱり展望室はうれしいものです。ワクワクしますね。
d0211129_10173764.jpg
富士急行の特急料金や展望車料金は意外とリーズナブル。

輪行するなら、鉄道それ自体も楽しんじゃうのが
おすすめです! ひとつの旅が何倍も楽しめます。

今回のサイクリングは、峠行としては失敗でしたが、
いろんな趣味を包含できるのも、サイクリングの
素晴らしさではないでしょうか。

誌面では使えないような、こうした失敗ロケの産物は
今後はブログで公開しようと思います。
期待しないで、お待ちください!
by cyclotourist | 2010-12-17 10:38 | 製作中 | Comments(1)
Commented by ぶとぼそ at 2010-12-18 11:55 x
はじめまして。旅と自転車が大好きなぶとぼそと申します。
もう、二十曲峠付近で積雪の季節なんですね。
峠での絶景とはいかなかったようですが、富士吉田からの富士山も圧巻です!!
鉄道自体も楽しむ! 私も同感。先週、フェリーで房総に渡り、林道を走って上総一ノ宮からグリーン車輪行で自転車と鉄道を満喫してきたばかりです。
<< コメントへのお返事 ルートラボ >>